準硬式野球
 

【準硬】春季リーグ戦 立大1回戦 低迷する打線の復活はすぐそこ!?

六大学準硬式野球春季リーグ戦 対 立教大学1回戦
2013年4月27日(土)
法政大学多摩グラウンド

関東大会で日大にシャットアウトされてから低調が続く法大打線。この日も、”予想外”の立大先発・谷の前に拙攻が続いた。

円陣を組むナイン

試合結果

試合結果

 123456789HE
立 大 1 0 0 2 0 3 0 0 1 7 7 0
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 5 4

(法大)●松田(1勝②敗)、安本‐佐藤
(立大)○谷、加藤‐奥山

打撃成績

打順位置選手打数安打打点四死球
1 (8) 縣 悠太 4 0 0 1
2 (5) 佐野 健太 4 0 0 0
3 (6) 橘 廉 4 2 0 0
4 (3) 舟木 大河 4 0 0 0
5 (7) 小野 慶一郎 2 0 0 0
5 PH 中村 聖弥 1 0 0 0
  9 横山 翔 0 0 0 1
6 (4) 落合 大泰 3 1 1 1
7 (2) 佐藤 裕太 4 1 0 0
8 (1) 松田 知行 2 0 0 0
  PH 茨田 桂太 1 1 0 0
  1 安本 剛史 0 0 0 0
  PH 脇坂 晃一郎 0 0 0 1
9 (7)→9 杉本 篤志 2 0 0 0
  PH 坂元 頌 0 0 0 1
  PR→7 長田 悠志 1 1 2 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 7 5 6 3 3
安本 2 2 1 1 1

戦評

 2タテをくらい勝ち点を落とした明大戦を引きずったか、この試合も苦しい立ちあがりとなった。先発・松田(経3)は初回、一死から長打を含む連打を浴び失点。二、三回は立ち直り見事なピッチングを見せたが、四回に再びつかまる。右打者の内角を強気に攻めた結果、死球を与え先頭を歩かせてしまう。犠打で得点圏に走者を背負うと、安打と中堅・縣(社4)のエラーが絡みこの回2点を失う。六回にも死球と守備のミスで失点を重ね、立大に主導権を握られてしまった。
 関東大会で敗退してから調子が上がらない打線も、チャンスをことごとく潰す。初回から三回まで全て二塁まで走者を進めるが、いずれも本塁までかえすことが出来ない。それ以降は八回まで安打が出ず、明大1回戦から続く連続無得点を22イニングまで伸ばしてしまう。2試合連続の完封負けが迫ってきたが、九回に打線がこの試合初めてのつながりを見せた。一死から途中出場の横山(スポ4)が死球で出塁すると、落合(法3)が左中間を破る適時二塁打を放ち、立大・谷の完封を阻止する。その後も疲れが見え始めた谷を攻め、二死二、三塁とし長田(社会2)が6球目のカーブを叩き2点適時打。完投目前の相手投手をマウンドから引きずり降ろし意地を見せた。これが明日以降の復調のきっかけとなるか。優勝争い戦線への生き残りをかけて、もう負けは許されない。(高橋 美帆)

選手のコメント

舟木 大河 主将

―今日の試合を振り返って
やはり、明治戦の時に嫌なイメージがついていて、みんな口では切り替えようといっていても、頭の中にはそういう嫌なイメージが残っていたんだと思います。今日も9回まで1安打でしたし、明治戦と一緒かなという中で、最後ああいう攻撃ができたのは明日へとつながると思います。

―今日の打線の組み替えの意図は
相手の先発を左の田原と予想していたので、いつもの打順だと(1番から4番まで)左が4人の後、右が5人続くので、相手が投げやすいかと思ってジグザグにしました。それに今日は機能しませんでしたが、8番・ピッチャー、9番・杉本と、9番が影の一番という意味もありますし、より攻撃的な組み換えだと思います。

―固定して起用すると明言した小野選手の途中交代について
(小野は)明日スタメンではないです。今日も代打で出た中村でいきます。(小野は)高校ではいくら実績があっても、大学ではなかなか結果が残せていないですから。一回外から見るのもいい経験になると思います。中村も実力は間違いないので、(起用が)マンネリ化していて流れがつかみづらい中で、いいきっかけになればと思います。

―終盤まで抑え込まれましたが、相手投手にはどのような印象を受けましたか
(試合前は)最後に出てきた加藤と田原の2人しかわからなかったんですけど、いい球を放っていたと思います。ほとんど真っすぐ中心で自分自身も含めて、あそこまで抑え込まれましたし。自分自身はまっすぐには強いと思っているので屈辱ですね。

―ご自身の調子はいかがですか
悪くはないと思っています。やはりチーム状態が悪いので、主将としてもそうですし、中軸も打ってますし、流れを変えたいと思っています。(チームが)どんよりしすぎてますし、チャンスで回ってくるとなおさらです。周りからは振れているし、タイミングもあっていると言われているので、細かい修正と初球から打っていく、甘い球を見逃さないといったところですね。やはり振らなきゃ打てないので。

―投手は松田選手、安本選手と起用しましたが、明日の先発投手は誰でしょうか
末次か、大谷ですが、たぶん末次でいきます。

―明日へ向けて
勝つしかないです。それだけです。とりあえず早稲田が上位に入ると想定しての、ギリギリ(全日予選圏内の)3位。ここで勝ち点を落とすとかなり苦しくなるので。法政は一戦目落とした後、弱いように思われているので、ここで立ち直ればいいイメージで早稲田、慶応戦にいいイメージで臨めると思います。

茨田 桂太

―今日の試合を振り返って
打線が点で線になっていないのと、今まで長打を打てる打者が揃っていて打球に勢いがあったのですが、いい当たりをしても野手の正面っていうのはパワー不足だと思うので力がないのかなと思います。

―七回の代打について
自分自身も振れていない。今までの就活との両立というので体も去年に比べてできていないですし、自分なかではこれからしばらく体を作り直して早稲田に挑みたいです。

―就活との両立で難しい面があると思いますが、どのように調整していますか
試合に来れない時でもトレーニングジムに行ったり、就活ない日は練習したりしたんですけどやっぱり実戦が足りなかったっていうのはあります。

―今日の代打はいつ頃から準備をしていましたか
1イニング前というかあまり準備できていませんでした。点差もひらいていて気持ちの面も甘かったっていうのはあります。

―代打特有の準備の仕方はありますか
今までは先発で出させて貰っていて、3打席で1本大事な場面で打てればいいと思っていたのでまだ代打は掴みきれてないです。

―立大の谷投手の印象はベンチにいるときと打席にたったときとは異なりましたか
ピッチャー云々というより、自分自身でタイミングがとれていない感じがしました。

―最後に明日の試合に向けて一言お願いします
正直今日と変化は起きないと思うので、最後は気持ちで勝ちたいです。大事なところで1本でるように頑張ります。

松田 知行

―今日の試合を振り返って
初回に点をとられてしまって、ずっとチームのバッティングの調子が悪かったので、ゼロに抑えたかったんですけど甘くなってしまいました。

―初回の入り方について
先頭打ち取れたのはよかったのですが、三塁打を打たれた2番打者の時は、追い込んだので三振とってやろうと強気に直球を投げたのがいけませんでした。少しなめてました。

―立ち直ってきたところで四回、死球をきっかけに再び失点してしまいました
右打者に対しては内角を攻めるようにしているので、何回も投げてればいつか当ててしまう感じなので気にはしてなかったのですが、やっぱり、ノーアウトで先頭出したのが大きかったです。

―関東大会の時と比べて立大の印象は
関東の時は打線がとても良かったので、自分はテンポよく投げればいける感じでしたが、今回は立教もしっかり立て直してくるだろうし、ロースコアの試合になる、という予想はしていました。先に点を許したのがいけませんでした。こっちは投打がかみ合ってなくて、立教はかみ合ってました。

―チームの状態はどうですか
バッティングは部内でもかみ合ってないといつもみんな言ってます。なかなか点とれないのを悩んで、でもうまくいかなくて。だからこそバッターには思いっきり振ってもらいたいです。守備もそうですが、躊躇してミスをすると野手も後悔をしてしまうので、今は思いっきりプレーするのが大事だと思います。

―明日以降、負けられない戦いが続きます
立教相手には勝ち点を落とすわけにはいけません。目の前の相手を一つずつ一つずつとしっかり戦っていき、最後はどうなるか分かりませんが、優勝の形にできたらいいなと思っています。

佐藤 裕太

―今日の試合を振り返って
攻め方に問題があるかなと思います。打線は振れていなくて、守備は関東大会の時に比べたら調子は上がってきていると思いますが、要所要所でエラーが出てしまいました。

―松田投手は調子は悪くなかったように見えましたが、失点を重ねてしまいました
松田さんは調子は悪くなかったと思うんですけど失投があって、それを逃さなかった立教さんが上手でした。

―打線が不調ですね
関東大会の日大戦でゼロでぴしゃりと抑えられてから、打線は不調になってしまっていて。考えすぎている部分もあると思うんですけど。でもシンプルに来た球を打つしかないので

―谷投手の印象は
真っすぐの勢いがあって変化球もコースに決まっていて。でも、打ちづらいわけではなかったんですけど、自分たちで悪い方に持っていってしまいましたね。

―明日の試合はもう負けられませんね
明日勝ち点を落としたら、もう優勝争いに食い込めないのでもう一回も負けられないですね。本当に明日は勝たないとまずいです。

 
 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み