準硬式野球
 

【準硬】春季リーグ戦 明大2回戦 打線が沈黙 屈辱の1安打完封負け

六大学準硬式野球春季リーグ戦 対 明治大学2回戦
2013年4月22日(月)
早稲田大学東伏見グラウンド

法大が初戦を落として迎えた宿敵明大との2回戦は緊迫した投手戦となった。

力投した松田

試合結果

試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
明 大 0 0 0 0 0 0 0 1 X 1 7 0

(法大)●松田(1勝①敗)、安本‐佐藤
(明大)○酒井‐伊藤

打撃成績

打順位置選手打数安打打点
1 (8) 縣 悠太 4 0 0
2 (9) 杉本 篤志 2 0 0
  PH 阪元 頌 1 0 0
  9 横山 翔 1 0 0
3 (6) 橘 廉 2 0 0
4 (7) 小野 慶典 3 0 0
5 (3) 舟木 大河 3 0 0
6 (4) 落合 大泰 3 0 0
7 (5) 佐野 健太 3 0 0
8 (2) 佐藤 裕太 2 1 0
9 (1) 松田 知行 1 0 0
  1 安本 剛史 0 0 0
  PH 茨田 桂太 1 0 0

 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
松田 8 1/3 7 6 2 0
安本 2/3 1 2 1 0

戦評

 法大・松田(経2)、明大・酒井の投げ合いで始まった一戦は緊迫した投手戦となった。
法大打線は初回に杉本(社3)が死球で、三回には佐藤(経2)がこの試合初ヒットで出塁するも、酒井の前に得点は奪えず。一方の松田も、自身が「調子は良かった」と語るように快調なピッチングを見せ、試合は0-0の緊迫した展開のまま終盤へ。

 五回以降毎回先頭打者に出塁を許しながらも、無失点に抑えていた松田だったが、八回についに先制点を奪われてしまう。先頭打者は打ちとったものの、次打者のショートへのボテボテの当たりを橘(社2)がファーストへ悪送球。ファーストの舟木(社4)がすぐにボールを拾うものの、この悪送球はボールデットと判定され、ワンヒット・ワンエラーという形で打者走者は二塁へ。続く明大2番・寶田がレフトへのタイムリーヒット。終盤に来て大きな先制点を明大に奪われてしまう。

 なおも続くピンチは代わった安本(スポ3)が二死満塁とまではされたが、凌ぎ切り最少得点差のまま、九回表の攻撃へと望みをつなげた。
 九回表の法大は先頭の8番・佐藤が死球で出塁すると、昨シーズンまで4番を務めていた茨田(スポ4)が代打で登場。逆転への一打に期待が高まったが、三振に倒れてしまう。二死から内野ゴロ併殺崩れで、佐藤と入れ替わった一塁ランナー・縣(社4)が果敢に二塁へ盗塁を決めて、勝利への執念を見せるも、途中出場の2番・横山(社4)がピッチャーゴロに倒れ、ゲームセット。

 法大が1安打完封負けを喫し、これで宿敵明大に2連敗。ストレートで痛い勝ち点1を落とす結果となってしまった。今カード、法大打線は2戦合計で6安打1得点と打線が本来の力を発揮することができなかった。2試合とも投手陣が粘り強く失点を防いでいたぶん、打線がそれに応えたかった。3連覇という偉業に向けて、もう勝ち点を失うことは許されない。次週・立大戦で打線が本来の力を発揮する事が出来るか、注目したい。(高田 優)

選手のコメント

舟木 大河 主将

―今日の試合を振り返って
 さっき聞きましたが、今日は三塁すら踏めてないです。みんな相当な気合いで臨みましたが、空回りして、力が入りすぎて、冷静になれなかったです。本来の力が出せなくて悔しいです。
―1安打での完封負けという点について
 情けないの一言です。150キロ出るピッチャーなら分かりますけど、自分も含め同じようなバッティングで、打ちたい、打ちたいという気持ちが強すぎました。相手ピッチャーは簡単だったと思います。
―相手投手を打ち崩すためのチーム全体での作戦はありましたか
 初回からボールを見て、溜めて逆方向に打つといった事は言ってたんですけど、行動に出てなかったです。ああなるという事は徹底できてないということですし、言ってる意味がないと思います。
―次週以降へ向けて
(明大に)2タテくらってしまって、もう勝ち点を落とせないので勝つしかないです。勝ち点を落とさずに行けば、まだいけると思います。もう2戦で決めるとは言わず、3戦にもつれても、粘って、粘って(勝ち点を)落とさない気持ちで戦っていきたいです。

松田 知行(先発で好投するも・・・)

―今日の試合を振り返って
 勝ちたかったです。野手のせいとかそういう気持ちはなくて、自分が点を取られなければという気持ちが強いです。
―ご自身の投球内容自体はいかがですか
 調子は良かったです。合格点だと思います。まっすぐも良かったですし、勝負所で三振も取れてました。ただ、ああやって審判が集まって、流れが変わる場面で失点をしてしまいました。
―なかなか打線の援護がない中での投球となりましたが
 いずれ(点を)取ってくれると思っていたので、早く点がほしいとは思わなかったです。自分が抑えていれば、取ってくれると思っていました。
―次週以降へ向けて
 立教は舐めてかかると、足元をすくわれる相手だと思うので,気を引き締めていきたいです。チームとしても課題が見つかったと思いますし、打線も(来週は)打ってくれると思います。

 

フォトギャラリー

  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み