準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早大1回戦 エース末次が復活!開幕戦を完封で飾る!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早稲田大学1回戦
2015年4月4日(土)
太田スタジアム

いよいよ東京六大学準硬式春季リーグが開幕。リーグ優勝、そして全日本選手権出場をかけた戦いが始まった。
法大の開幕戦の相手は早大。この難敵を相手に、けがから復帰した末次が圧巻の投球を披露。見事完封勝利を収め幸先の良いスタートを切った。

201504045 R
けが明けの登板で貫録の投球をした末次

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法大 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2 7 0
早大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0

(法大)〇末次(1勝)-佐藤
(早大)●向江、沼座、黒須-松下

三塁打:橘(8回)
二塁打:内川(2回)

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原 幹斗(社2) 2 0 0 0 .000
2 (4) 藤口 帝(社2) 4 0 0 0 .000
3 (6) 橘 廉(社4) 4 1 1 0 .250
4 (7) 中村 聖弥(経3) 4 1 0 0 .250
5 (9) 内川 慶一(経3) 3 1 0 0 .333
6 (2) 佐藤 裕太(経4) 4 1 1 0 .250
7 (3) 永田 直(経3) 3 0 0 1 .000
8 (1) 末次 慶一郎(社3) 3 0 0 0 .000
9 (8) 甲本 裕次郎(社2) 3 3 0 0 1.000

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
末次 9 3 6 0 0

戦評

 あいにくの曇天模様で気温も低く、天候に恵まれなかったものの、法大の平成27年東京六大学準硬式野球春季リーグ戦が開幕。全日本大学準硬式野球選手権大会への出場をかけた戦いが幕を開けた。先の関東大会ではベストメンバーで臨むことができなかったにも関わらず、強豪中大相手に接戦を見せた法大のチーム状態は良好。そんな法大の開幕戦は早大。苦手意識のあった河合が抜けたチームではあるが、侮ることはできない相手だ。

 今季法大の初マウンドを任されたのは末次慶一郎(社3)。けがで一線を退いていたエースの復帰にチームもいつも以上に活気づくはずだ。打撃陣は4番中村聖弥(経3)を中心とした関東大会と同様の重量級打線が顕在だ。打ち勝つ野球でエースの帰還に花を添えてくれるだろう。
 初回の攻撃、早大の投手向江の強気なピッチングの前に法大打線は3者凡退に終わる。その裏、ついに帰ってきたエースがマウンドへ。早大の1番倉本を3球で三振に仕留めると、続く2番平田は中堅飛、3番鈴木を三振に抑え完璧な立ち上がりを見せた。末次の好投に応えたい打線は2回、一死から5番内川慶一(経3)の左翼線への二塁打で好機を作ると、6番佐藤裕太(経4)がこの機を逃さずに先制の中堅前適時打。法大が先制した。しかし3回、早大の7番松下の左中間二塁打で無死二塁、8番向江の犠打で一死三塁のピンチを招いてしまう。だが、エースはそう簡単には崩れない。捕手佐藤の巧みなリードも相まった緩急自在の投球術で9番松本、1番倉本を凡退に抑えた。4回、追加点の欲しい法大は4番中村が内安打で出塁すると、続く5番内川の犠打、6番佐藤の右翼飛の間に中村の好走塁などで走者を三塁に進めるが、早大も意地を見せ追加点ならず。その裏、早大3番鈴木が一死から中堅への三塁打を放ち3回に続くピンチになるも、落ち着いたピッチングでなんとか切り抜けた。その後は両投手陣の好投で互いに得点をあげることができず、試合は投手戦に。試合が動いたのは8回、ここまで2安打を放っていた法大9番甲本裕次郎(社2)が猛打賞となる右翼前への安打で出塁。すると1番萩原幹斗(社2)の犠打で一死二塁の好機を演出する。ここで2番藤口帝(社2)の左翼への当たりは好守に阻まれ二死となってしまうが、3番橘廉(社4)が右翼へのフェンス直撃の三塁打を放ち、値千金の適時打。法大が待望の追加点を奪取する。その後は、今日の末次には2点もあれば充分と思えるような危なげないピッチングで、8回、9回を零封に抑え法大が開幕戦をものにした。

 明日の先発に予想されるのは室木大(社2)。明日も勝利に漕ぎ着けて、開幕戦の勝ち点をつかみたいところだ。チームとして勢いのある法大の六大学制覇、そして全日本への道は続くはずだ。(原口大輝)

 

監督、選手コメント

本間隆洋監督

―今日の試合を振り返って
1点を争うゲームでしたが、末次と佐藤のバッテリーが特に良かったです。末次だけではなく、佐藤のリードがあったからこそ良く粘れていたと思います。

―佐藤選手のリードで良かった点は
末次も特別調子が良かったわけではないと思うのですが、それなりの調子でも緩急をつけたピッチングでうまくタイミングをずらさせていた点です。野手陣もノーエラーで締まったゲームだったと思います。

―開幕戦で末次選手を起用した理由は
主将の佐野ともいろいろ話をして決めました。先週の日曜のシートバッティングで良いピッチングをしていましたので、経験のある末次なら上手くやってくれると思ってです。結構即決でした。

―ついに春季リーグが始まりましたが
昨年の秋、5位で全員悔しい思いをしていますので優勝したいです。一戦一戦、圧倒的な力で勝つ。それで結果的に優勝につながればという気持ちでやっています。

―監督から見て現在のチーム状態は
主将の佐野がチームを良くまとめてくれていると思います。良いチームが作れて良い結果もともなえば。どうチームを作っていってくれるのか、楽しみですね。

 

末次慶一郎 (わずか被安打3で完封)

―今日の試合を振り返って
勝ててうれしいです。
 
―けがからの復帰後すぐの登板でしたが、不安や緊張は
結構不安でしたし、昨日から緊張した。でも、ですけど、周りがフォローしてくれたり、声をかけてくれたりしたので、試合には楽に入ることができました。
 
―3回、4回とピンチを迎えましたが、落ち着いたピッチングで切り抜けました
一点先制してくれていたので、ランナーが一人だけだったので「一点はいいや」という気持ちで、バッターを抑えようという気持ちで投げた結果無失点だったので良かったです。
 
―5回以降は完璧なピッチングでした
上手く打たせて、内野ゴロをたくさん打たせることができたので、そこが一番自分にとって大きかったです。
 
―気温が低い中での登板でしたが影響はありましたか
いえ、あまりなかったです。逆にあまり試合慣れしていない中で暑かったらスタミナを奪われてしまうので良かったです。
 
 

甲本裕次郎(3安打猛打賞の活躍)

―今日の試合を振り返って
初戦だったし、久しぶりの実戦だった末次さんを助けることもできつつ、勝つことができて良かったです。
 
―末次さんの復帰登板になりましたがチームの雰囲気への影響は
末次さんを勝たせてあげたいと思い、しっかりとミスなく守備をする意識でいました。
 
―今日は3安打の活躍でしたね
たまたまです。ファーストストライクを積極的に振りにいったことが結果に繋がったと思います。
 
―リーグ戦初勝利の感想は
去年の秋季リーグ戦に出ることができなくて、久しぶりのリーグ戦(出場での勝利)なのでうれしいです。
 
―今後伸ばしていきたいところは
守備は今日の試合で長打を打たれて抜かれてしまったので、中村さんや内川さんと話し合ってケアしていきたいです。打撃はこのまま続けていけたらいいなと思います。
 
―明日に向けて
明日の先発は室木(だと思う)ので、同期として打撃でも守備でも助けていきたいです。
 
 

フォトギャラリー

  • 201504045 Rけが明けの登板で貫録の投球をした末次
  • 201504046 R監督が絶賛したのは佐藤のリード
  • 201504041 R佐藤の適時打で内川が生還し先制
  • 201504042 R先制の適時打を放った佐藤
  • 201504044 R脚で相手をかき回した中村
  • 201504043 R甲本は3安打の大活躍
  • 201504048 R2点目となる橘の3塁打
  • 201504047 R野手陣は堅実な守りで末次を援護した
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み