準硬式野球

【準硬式野球】全日本選手権直前取材第2弾!最後の全日にかける4年生!


2015年8月9日(日)
法政大学多摩グラウンド

いよいよ大学日本一を決める、全日本大学準硬式野球選手権大会(全日)が19日から開幕する。
今回は全国制覇を狙う法大の監督・選手にお話を伺った。第二弾は主将としてチームをまとめる佐野健太(社4)と不動の正捕手・佐藤裕太(経4)に全日にかける思いを語っていただいた。

201508094 R
最後の全国へ挑む4年生。2人の活躍に注目だ。

選手コメント

ー全日が直後に迫ってきましたね
佐野:全日だからと言って今までとやることは全く変わらないです。試合に出ている選手もそうですし、補助に回ってくれている選手全員がそれぞれの役割を果たせればいいかなと思っています。
佐藤:六大学のリーグで圧倒して勝つことができて、出ている選手たちは結構自信を持ってやれています。控えの選手からも「今年は全国制覇を狙いましょう」という声も聞こえてきて、本当に士気の高いなか野球をやれていますね。自分にとっては最後の全日になってしまうんですけど、やっぱり楽しみながら日本一を決めたいと思います。
 
―では現在のチームの雰囲気は良いということですね
佐野・佐藤:そうですね。
 
―チームの調子はどうですか
佐野:ピッチャーに関してはキャッチャーの裕太(佐藤)が1番分かっていると思うのですが、バッティングに関してはオープン戦を見る限りバットも振れてきていますね。暑い分、身体も動けていますし、夏の合宿で完全に仕上げたいです。調子としては上向きにはなっていると思います。
佐藤:うちのピッチャー陣は他のチームに比べて高校時代から経験を積んできた投手が多いですし、入学当初から試合に出ている選手が多い分、試合の中でも悪いところを修正して次に繋げるということができています。なので自分はピッチャーの調子で怖いかなと思う部分はないです。彼たちの力を引き出すことができれば苦労する試合はあまりないと思うので、彼らの力を引き出してあげたいですね。
 
―お二人とも4年生としてチームを引っ張る存在ですが
佐野:引っ張るという意識はないですね。裕太だとか試合に出ている廉(橘)だとかもいるのでゲーム中は二人に任せて、違う面で何かしらのサポートをしていけたらなと思っています。
佐藤:廉はどうだか分かりませんが、自分はそんなに後輩を引っ張っていくという能力がないので、後輩たちと楽しく野球をやっている中で結果がついてきて嬉しいです。自分は楽しむことを1番としてやっているので、それが全国の舞台でもできれば、勝利はついてくると思います。
 
―全日に向けて、予選会以降やってきたことはありますか
佐野:いや特にはないですね。本当にいつも通りですね。
佐藤:小技小技っていうのも大事ですが、自分たちのチームカラーと言いますか、大味な野球というのも売りでして。本当に一人一人が能力を持っているので、全員がデカイのを狙っていけたらなと思います。
 
―お二人の個人の調子としてはどうですか
佐野:自分はやっと復帰できて、やっとちゃんと野球をできるようになったかなと思います。個人は個人として、プレーできる範囲で野球を楽しめればいいかなと思っています。
佐藤:自分の能力以上のことを求めないで、できることを確実にこなしていくことができれば大きなミスはないのかなと思います。これから全日までの期間でどうやって調子を上げていくかが大事ですね。自分は今右肩上がりなのでこのままの調子を維持したいですね。
 
―佐野選手はベンチから佐藤選手はグラウンドでのプレーでチームをまとめている印象を受けますが、役割分担という面ではどうですか
佐野:自ずと役割分担はされてますね。決めていた訳ではないですけど。もしそう分けられているのだとしたらうまくいっているということだと思います。
佐藤:自分が試合に出ていても、その中で見落とす部分はあるのですが、その時にベンチにいる4年生が声を出して指示してくれるので、大きなミスを防げている時もあります。プレーしている時、心強いです。
 
―この夏にかけて、チームの変化を感じる部分はありますか
佐藤:4年生で試合に出ている選手が少ない分、3年生が何とかしようという気持ちが例年よりは感じられますね。
佐野:みんなが勝ちたいという気持ちを持っています。戦力的にも今年は日本一を狙える位置にありますし。1年生はまだまだ思うように野球をできない部分もあると思いますが、少なくとも2年生以上から日本一への思いが例年以上に伝わってくるというのは事実です。
 
―個人的に、特に変化を感じる選手はいますか
佐藤:自分は室木(大)ですね。長く投げているとつかまる回というのはあると思うんですけど、本人はそれが悔しくて練習していますし、試合の中でも受けているボールがどんどん良くなってきているので。その勢いを全日本に向けてもっと上げていってもらいたいですね。
佐野:成長というか意識的な面で末次(慶一郎)です。今までも下級生ながら試合で投げていましたが、精神的な面で自己犠牲を払ってでもチームを勝たせようという気持ちが強くなってきたのは顕著に表れていますね。
 
―全日の組み合わせを見て感じたことはありますか
佐野:自分は準々決勝で当たりそうな関東学院ですね。去年の全日で負けていますし、今年オープン戦をやった時も関東学院のピッチャーを打ち崩すことができなかったので、そこで借りを返して勢いをつけていけたらなと思います。
佐藤:日本一になるには全部勝たなければならないのですが、自分はその中でも全国という舞台でいろんな地域のいろんなチームと戦ってみたいと本当に思っています。一つでも多く勝って一つでも多くのチームと試合したいですね。
 
―全国の舞台でどのような野球をしていきたいですか
佐野:今までと変わらず打ち勝つ野球をしていきたいです。ピッチャーが安定しているというのもありますが、失点を恐れず守りでも攻撃していきながら、打撃の方でも打ち勝てればいいなと思いますね。
佐藤:自分は4年間やってきた中で、今年が1番力があると思っています。どれだけ全国で法政の名を響かせられるか分からないですが、全員の力をフルで出し切りたいですね。
 
―これから合宿を挟んで全日ということですが、何か調整していきたいことはありますか
佐野:技術がこれから1週間で上がることはないと思うのでチームの意識だとか士気を高めていければいいかなと思います。
佐藤:健太(佐野)と一緒なんですけど、怪我とかしないでほしいですね(笑)。
 
―最後に全日での目標を、色紙に書いた思いとともにお聞かせください
佐野:自分たちが入学してから4年連続での出場ですけど、あまり4年連続来れている代というのはないと思います。春季リーグを1位で行けたこともありますし、そうでないこともありましたが何かしらの縁ですかね。その分、自分たちが最高学年の時に日本一になりたいという気持ちは強いです。今まで野球をやってきて小中高と全国大会に出たんですけど、全国優勝はしたことがないんですよ。それができる最後のチャンスなので、ここで日本一になって野球人生を終えられたらいいなと思います。
佐藤:これから先のことを考えると日本一を狙える機会というのはないと思います。勝つ負けるという瀬戸際でハラハラするスリルを味わえなくなりますし。その中で辛いなと思いながらやると負けると思うので、自分はいかに楽しむかです。最後は楽しんだもの勝ちだと思っているので、結果はどうあれ自分は野球を楽しみたいです。
 
(取材:今井惇基)
 
 
 
201508092 R
日本一を目指すと力強く語った主将の佐野。
 

佐野健太(さの・けんた)

社会学部4年
静岡県・静岡高校出身。内野手。
今春、法大を5季ぶりの六大制覇へ導いた頼れるキャプテン。春はけがの影響もあり出場機会こそなかったが、ベンチでの功績は計り知れない。選手起用、試合戦術など采配面での役割も果たし、本間隆洋監督も「もはや助監督」と太鼓判を押す。この功績が認められ、春季リーグでは最優秀選手賞を受賞した。
春季リーグ戦成績:出場試合なし
 
 
 
201508093 R
攻守に活躍が期待される佐藤。楽しむ野球で頂点を目指す。
 

佐藤裕太(さとう・ゆうた)

経済学部4年
茨城県・藤代高校出身。捕手。
下級生中心のチームながら橘廉(社4)とともにレギュラーとして活躍する攻守の要。相棒となる投手陣は年下ばかりだが、投手を信頼して1番自信のある球を投げさせることが信条。打撃は勝負強く、チームの得点の稼ぎ頭となっている。今春はチームトップの打率.478を記録した。
春季リーグ戦成績:打率.478 打数46 安打22 本塁打1 打点10 四死球4 盗塁2

フォトギャラリー

  • 201508094 R最後の全国へ挑む4年生。2人の活躍に注目だ。
  • 201508092 R日本一を目指すと力強く語った主将の佐野。
  • 201508093 R攻守に活躍が期待される佐藤。楽しむ野球で頂点を目指す。
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み