準硬式野球

【準硬式野球】全日本選手権直前取材第3弾!強力打線をけん引する3年生!


2015年8月9日(日)
法政大学多摩グラウンド

いよいよ大学日本一を決める、全日本大学準硬式野球選手権大会(全日)が19日から開幕する。
今回は全国制覇を狙う法大の監督・選手にお話を伺った。第三弾は法大の強力打線の中軸を担う小野慶典(経3)、中村聖弥(経3)、永田直(経3)の3年生の3選手に全日へかける思いを伺った

201508098 R
打線の中軸を担う3年生3選手。彼らの活躍が法大を全国制覇へ導くはずだ。

 

選手コメント

―全日が目前に迫ってきましたが、今の心境はいかがですか
小野:この合宿でいかに追い込んでチーム一丸となれるか全日の勝敗に繋がると思うので、チームワーク良く助け合いながら、絆を深めて頑張っていきたいと思っています。
中村:一年間全日を目標にしてやってきたので、気合も入っていますし、ワクワクもしますし、凄く楽しみです。今が一番充実している時期だと思います。
永田:僕たちは3年生で、本気で野球に集中できるのが最後です。なので全国の舞台が近づいていて、ワクワクしている気持ちと頑張ろうという気持ちでいます。

―現在のチームの雰囲気はいかがですか
中村:リーグ戦が終わってから長い期間が空いて、その期間でリーグ戦で駄目だったところを直してこの今の期間で仕上げに入っていて、ここからチームの状態を上げていくところです。雰囲気は良い感じだと思います。

―7月に組み合わせが発表されましたが、かなり厳しいものとなりましたが
小野:厳しい戦いだとは思うのですが、自分たちの野球を貫いていけば自ずと結果は出てくると思うので、そういうところを意識してやっていきたいと思います。

―現在の調子はいかがですか
小野:調子は最近あまり良くないのですが、合宿を機に上げていけたらと思います。
中村:自分もあまり良くはないのですが、しっかりと全日本に向けて調整していけたらと思います。
永田:徐々に上がってきている感覚があるので、全日の初戦でマックスにできるように調整していきたいと思います。

―3選手とも打撃での活躍が目立ちますが、チームで求められている役割とは
永田:打順が7番で、後ろにピッチャーが入るので、もし5、6番がチャンスを作ってくれていたら、ピッチャーの前で自分がしっかりとランナーを返すことですね。あとは打点を上げたり、出塁したりと、基本的にはヒットを打つことが役割だと思います。
中村:前に小野がいるので、小野が返しきれなかったランナーを返すことと、自分は長打をあまり打てるバッターではないので、足を使って相手が嫌がるプレーを心掛けています。
小野:みんなバッティングが良いので、とにかく流れを変えられる1本が打てればいいと思います。

―全日では個人的にはどんな活躍がしたいですか
小野:最優秀選手賞を取りたいですね。
中村:野球に集中できる最後の年なので、悔いの残らない活躍がしたいです。
永田:チームが全国優勝を目指しているので、そこだけを目標にそれに貢献できればいいなと思います。

―チームの目標が全国優勝ということですが、そのために必要なことは
永田:やはり打つこと、僕たちが冬からやり続けている打ち勝つ野球ですね。守りの野球でも負けないとは思いますが、やはり打たないと勝てないので打つことが、どれだけ打てるかが鍵だと思います。

―最後に全日への意気込みをお願いします
小野:一生懸命頑張ります!
中村:一生懸命頑張ります!
永田:優勝します!

(取材:佐々木岳) 
 
 
 
 201508097 R
チームの勝利とタイトル奪取を目指す小野。彼のバッティングから目が離せない。
 

小野慶典(おの・けいすけ)

経済学部3年
静岡県・静岡高校出身。外野手。
強打者の揃う法大の中でもより一層の輝きと存在感を放つ4番打者。類いまれなるパワーと打撃センスで本塁打を量産するだけでなく、アベレージも残せる。最近はけがに泣かされているが、春季リーグ戦では11打数で3本塁打、9打点という脅威の成績で実力を見せつけた。
春季リーグ戦成績:打率.545 打数11 安打6 本塁打3 打点9 四死球2 盗塁0
 
 
 
201508096 R
チームのスローガンを体現する中村。打撃だけでなく足での活躍にも注目だ。

 

中村聖弥(なかむら・せいや)

経済学部3年
茨城県・藤代高校出身。外野手。
春季リーグ戦では小野不在の間、4番を務め上げ、法大の打ち勝つ野球をけん引した。鋭いスイングから放たれる打球は強烈。足が速く、俊足を飛ばして二塁打性の当たりを三塁打にすることもできる。春は外野手部門でベストナインを獲得、その実力は本物だ。
春季リーグ戦成績:打率.395 打数43 安打17 本塁打0 打点9 四死球1 盗塁4
 
 
 
201508095 R
永田は繋ぐバッティングでチームに貢献する
 

永田直(ながた・ただし)

経済学部3年
神奈川県・桐蔭学園高校出身。内野手。
下位打線ながらチャンスを生かすことも作ることもできる。広角に打ち分ける技術で春はチーム2位の打率を残した。守備時には一塁から投手に声をかける場面も多く、本間監督からも「リーダーとしての自覚が出てきた」と評価されている。
春季リーグ戦成績:打率.438 打数48 安打21 本塁打0 打点8 四死球3 盗塁3
 

フォトギャラリー

  • 201508098 R打線の中軸を担う3年生3選手。彼らの活躍が法大を全国制覇へ導くはずだ。
  • 201508097 Rチームの勝利とタイトルを奪取を目指す小野。彼のバッティングから目が離せない。
  • 201508096 Rチームのスローガンを体現する中村。打撃だけでなく脚での活躍にも注目だ。
  • 201508095 R永田は繋ぐバッティングでチームに貢献する
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み