準硬式野球

【準硬式野球】全日本選手権直前取材第5弾!法大を支える強力投手陣!


2015年8月9日(日)、19日(水)
法政大学多摩グラウンド、石川県立野球場

いよいよ大学日本一を決める、全日本大学準硬式野球選手権大会(全日)が19日から開幕する。
今回は全国制覇を狙う法大の監督・選手にお話を伺った。最終回の第五弾は法大の優勝へのカギを握る投手陣。春季リーグで圧倒的な成績を残したエース・末次慶一郎(社3)と先発の一角として期待される、室木大(経2)の両選手にお話を伺った。

suetsugu R
エースとして日本一への決意を語った末次

選手コメント

末次慶一郎

―全日への心持ちは
目標は日本一ですが、自分はベスト8までしか行ったことがないので、その壁を越えられたらと思います。

―現在の調子は
合宿と石川での練習で状態はどんどん上がっていると思います。

―予選後の調整はどのようなことをしましたか
キャプテンとかに頼んで実践を多くしてもらったので試合感覚は取り戻してきてると思います。

―目指すピッチングは
リーグ戦同様に打たせてとる投球で球数が少なくなればと思います。

―チームの雰囲気はどうですか
めちゃくちゃ良いです。合宿とかでもみんなで力を合わせてやってきました。

―投手陣はけが人も多いと思いますが
厳しくはなりますが、自分と室木で頑張ります。

―初戦への意気込みを
みんな緊張してるとは思いますが、自分が持ってこれればと思います。

(取材:原口大輝) 

 

室木大

―色紙に「氣」と書いてくださいましたが、そのお気持ちは
気迫のこもった熱いピッチングがしたいということです。

―いよいよ全日が近づいてきましたが今の心境は
徐々に仕上がってきてはいるので、早く試合の日にならないかなという気持ちです。

―全日での目標は
個人では試合を作るということで、無失点で守備でリズムを作って打撃陣の方にも良い形で繋げていきたいなと思ってます。チームとしてはやっぱり全国制覇を狙えるチームだと思っているので、そこは頑張っていきたいと思います。

―現在のご自身の調子はいかがですか
徐々に上がってきているとはいっても、自分の状態としては未だ納得しているところは無いので、今から始まる新潟での合宿で調整してしっかり間に合わせたいです。

―6月に全日予選があってそこから大分時間が空いてしまいましたが、今までの練習内容や調整法は
僕としては投げてないとちょっと不安というか投げるのが好きなので、どんどん投げて調整している感じですね。  -投げ込みをして調子を上げていくという形ですか そうですね。

―その分放る球数も多いと思うのですが、体のケアはどうしていますか
投げたらトレーナーの方に教えて頂いたケアをして、それからアイシングをする感じですね。  -それをすると体の調子は良くなりますか そうですね。次の日の肩の状態とかもやっぱり違うのでしっかりそういったところのケアはしてます。

―自分のピッチングスタイルは
真っすぐで押す、力で押すようなピッチングだと思っています。

―全日の舞台でもそのスタイルで勝負したいですか
そうですね。

―チームの調子はいかがですか
ここ最近の試合ではバッターの方はみんな打ってくれてるんですけど、ピッチャーの方は点を取られてばっかりでちょっと申し訳ないなと思っているので、やっぱり全日の方では頑張って抑えたいと思ってます。

―チームの雰囲気やムードはいかがですか
いい雰囲気だと思います。

―チームのムードメーカは誰ですか
ハギ(萩原)とかじゃないですかね。

―先発二本柱ということで重圧やプレッシャーはありますか
末次さんになるべく近づけるように頑張っていきたいと思います。

―今季の春季リーグ戦で見つかった課題とは
法大がリーグ戦で二敗したんですけど、その二敗は僕が投げた試合なので、そういうところが結果に残ってしまっているのでちょっと悔しい部分もありますね。

―それを活かして全日ではどのようなピッチングをしたいですか
負けないピッチングをしたいなと。

―ピンチを迎える時もあるとは思いますが、対処法は
そこまで焦らずに気持ちは出していくんですけど、頭の中は冷静で粘り強く抑えたいなと思います。

―最後に全日に向けて一言
全国制覇できるように、チームの力になれるように頑張りたいです。

(取材:橋爪優典) 

 

 suetsugu R
エースとして日本一への決意を語った末次

末次慶一郎(すえつぐ・けいいちろう) 

社会学部3年
佐賀県・佐賀北高校出身。投手。
緩急自在な投球で打者を翻弄する法大のエース。右サイドハンドから投じられるスライダーは宝刀とも呼ばれ、芯を捉えられることはほとんどない。全てのボールをアウトローに集めることができ、凡打の山を築かせる。春季は最優秀防御率とベストナインの二冠に輝いた法大の絶対的支柱だ。
春季リーグ戦成績:7試合 6勝0敗 投球回数50 奪三振25 四死球7 防御率1.26

 

 2015080913 R
投手陣の一角として期待される室木

室木大(むろき・だい)

経済学部2年
石川県・星稜高校出身。投手。
末次とともに二枚看板を張る本格派右腕。抜群のコントロールとテンポで相手打者を次々に抑えていく。しかし試合途中で崩れることもあり、本人は悔しさからスタミナアップに励んでいる。勝ち進むと連日の試合となる全日本で大車輪の活躍が期待される。
春季リーグ戦成績:4試合 2勝2敗 投球回数27 奪三振18 四死球11 防御率2.67 

フォトギャラリー

  • suetsugu Rエースとして日本一への決意を語った末次
  • 2015080913 R投手陣の一角として期待される室木
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み