準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対慶大1回戦 打ち合い制せず痛い敗戦!全勝優勝の夢早くもついえる‼

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対慶應大 1回戦
2015年9月12日(土)
上柚木公園野球場

開幕戦の東大から無事勝ち点奪取に成功した法大。このまま慶大からも勝ち点奪取といきたいところだったが、同じく勝ち点奪取に成功し勢いに乗る慶大を抑えることができず。
終始相手にリードを許したまま開幕3戦目にして早くも秋季リーグ戦初黒星を喫した。

DSC 0245 R
開幕以来調子の上がらない末次

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 0 2 2 2 0 0 0 9 3
法 大 0 0 0 3 0 0 1 0 1 5 8 0

(慶大)竹原、貝持-有賀
(法大)末次(1勝1負)、高橋、秋山-佐藤

二塁打:永田(2回)、中村(4回)、橘(9回)
盗塁:中村(8回)、萩原(9回)

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社2)  5 2 1 0 .533 
2 (4)  藤口帝(社2) 4 1 0 0 .308 
3 (6) 橘廉(社4) 5 1 1 0 .200 
4 (9) 小野慶典(経3)  4 0 0 1 .167 
5 (7) 中村聖弥(経3)  3 1 0 2 .500 
6 (2)  佐藤裕太(経4) 2 0 1 1 .364 
7 (3) 永田直(経3) 3 2 1 1 .500 
8 (1) 末次慶一郎(社3)  2 1 0 0 .333 
  1 高橋竜大(経1)  0 0 0 1 --- 
  PH 前川祐樹(社3)  1 0 0 0 .000 
  1 秋山駿介(経2) 0 0 0 0 --- 
9 (8) 甲本裕次郎(社2)  4 0 0 0 .333 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
末次 6 9 4 1 6  6.55 
高橋 0 0 1 0  0.00 
秋山 1 0 1 0 0 0.00

 

戦評

   東大に快勝し、開幕スタートダッシュに成功した法大。次なる相手は慶大だ。昨季、第1戦を落とし、第3戦までもつれた宿敵だけに警戒が必要となる。久々の快晴のもと、熱戦が繰り広げられた。

 法大の先発は末次慶一郎(社3)。先週の東大1回戦は満足のいく投球ができなかっただけに、この試合での復調が期待された。しかし先週、昨季3位の早大を2タテし、勢いに乗っている慶大打線を止められない。4回、死球で走者を許すと、二塁打で1死二、三塁のピンチを招く。続く打者を空振り三振に仕留め、2死まで追い込むも、7番谷上に右中間を抜ける2点適時三塁打を許し、2点を先制される。その直後の4回裏、法大が春季王者の意地を見せる。1死から四球と二塁打で二、三塁の好機を作ると、佐藤裕太(経4)の犠飛で1点を返す。永田直(経3)も中前への適時打で続き、同点に追いつく。その後も相手左翼手の失策で1点を追加し、すかさず逆転に成功する。DSC 0456 R
同点適時打を放つ永田

 打線の援護をもらい、踏ん張りたい末次であったが最近の末次はピリッとしない。5回、死球などで2死二、三塁のピンチを招くと、4番大島に右前2点適時打を許し、再びリードを奪われる。6回にも安打3本の集中打で2点を追加され、3-6。ここで末次は降板し、1年生の高橋竜大(経1)がマウンドに上がる。先週に引き続き、安定感のある投球を披露し、勢いづく慶大打線を封じ込む。この好投に応えたい打線は7回、四球と失策で無死一、三塁にするとリーグ戦好調の萩原幹斗(社4)の右前適時打で2点差に。そして3番橘廉(社4)が犠飛には十分な右飛を放ち、三塁走者、甲本裕次郎(社2)が本塁に突っ込む。しかし、右翼手の完璧な送球で刺殺されスリーアウト。8回も1死満塁の好機を演出するが、代打前川祐樹(社3)が中飛、甲本が遊ゴロに倒れ、逆転のチャンスをことごとく活かせない。そして迎えた9回裏の最後の攻撃。先頭の萩原が安打で出塁すると、すかさず盗塁で得点圏に。すると3番橘の中前適時二塁打でついに1点差に。なおも1死二塁と同点、そしてサヨナラの好機が続く。しかし、4番小野慶典(経3)が一飛に倒れ2死。そして5番中村聖弥(経3)が放った痛烈な打球はファースト正面。一直となり万事休す。5-6で惜しくも敗戦した。  

 今季、全勝優勝を目標にしてきた法大であったが、早くもその夢はついえてしまった。しかし、春秋連覇への思いは変わらない。優勝するためにはここで勝ち点を落とすわけにはいかない。まずは明日の慶大2回戦に勝利し、3回戦に持ち込みたいところだ。(今井惇基) 

監督、選手コメント

末次慶一郎(本来のピッチングを発揮できず)

―今日の試合を振り返って
調子悪くてボール先行になってしまって、流れ悪くなって、って感じですね。  

―好調だった春のリーグと比べて、感覚に変化はありましたか
うまく身体があってないというか、動かせてない部分があると思います。  

―審判のストライクゾーンの判定はどうでしたか
6回の左バッターとの対戦のときは、ストライクをとってほしかったですけど、そこは審判がストライクといえばストライク、ボールといえばボールなので、割り切ってます。  

―相手打線の印象は
連勝して波に乗ってるチームなので、打ち取った当たりでもヒットになったり、流れの良さを感じましたね。  

―明日の試合に向けて
明日は室木にがんばってもらって第3戦行けるようにしてもらって、第3戦あれば自分ががんばりたいと思います。

 

中村聖弥(3出塁でチャンスを演出)

―今日の試合を振り返って
最後の打席で打てなくて負けちゃったので悔しいです。  

慶大先発の竹原投手の印象は
打ちやすい球に見えるんですがコースにしっかり投げ分けていて、良いピッチャーだと思いました。  

コースという点では今日はチーム全体が外角に苦戦していましたね
僕はそんなでもなかったですが、チーム内でもそういう雰囲気があったので、審判とかに左右されているようではまだまだだと思います。  

―3打席目はフェンス直撃の当たりでした
3ボールでコースを突いてくるのかと思ったらど真ん中だったので、打ってやろうと思いました。ファーストストライクを逃すと厳しいピッチャーなので狙っていきました。  

―四死球も2つありましたね
前のバッターの小野が当たってなかったので、余り早打ちしてしまうと相手の流れを作ってしまうので2ストライク取られるまでは絞っていきました。ランナーいない時に塁に出れたのは良かったです。  

―収穫と反省は
負けてる場面で直ぐ追い付くことができたのでそこは継続していきたいです。後は逆転する勝負強さを身に付けたいです。  

―明日にむけて
強い気持ちで絶対に勝ちます。

 

萩原幹斗(今日もマルチ安打を記録)

―今日の試合を振り返って
勝てた試合でしたね。油断していた部分もあったと思うんですけど、相手のチームも雰囲気良く戦ってきていたので勿体ない試合かなと思いました。  

―今日の試合では最初の3打席が凡退でしたが悪いところは
難しい球を打ってて甘い球を見逃してるという感じです。気持ちも自分的には3打席凡退して落ちてた部分もあったんですけど、いいところでヒットが出たんでそこからは良かったです。  

―後半2打席ではヒットも出ましたが変わったことは
タイムリーも右方向に出たんですけど、コースに逆らわないで打つことが出来たのでそこが結果に繋がったと思います。  

―今日は再三のチャンスを潰してしまいました
初戦を落としたことって結構チームにダメージが来てるんですけど、これで目が覚めたというか、あと2つ勝ったらこの負けも関係ないので、あと残り2つしっかり結果出して勝利に貢献したいです。  

―藤口選手との1,2番コンビも機能しませんでしたね
最近関係がうまくいっていないので、ホットラインなので、しっかり1,2番アツアツでいきたいと思います(笑)。  

―課題の守備の方はいかがでしたか
そうですね、まだまだバウンドとか合わないときもありましたし、もっとしっかりしたプレ―が出来るように、ビックプレーはいらないので基本に忠実なプレーをしていきたいです。  

―今日で出た課題は
今日の課題は、序盤フライを上げてた部分が多かっ たので、終盤良い打球出てきたのは、低い打球を(打とうと)心掛けていたからだと思うので、そこは明日徹底してプレーしたいと思います。  

―明日の試合に向けて一言
明日もしっかり頑張ります!

 

高橋竜大(2イニングを無失点に切り抜ける活躍)

ー今日の試合を振り返っていかがですか
負けちゃったので、しょうがないですね。明日から2つ取るだけです。  

―2週連続での登板となりましたね
負けていたので、これ以上点を取られないことと勢いづけることを考えながら投げました。  

―2試合連続で無失点で抑えていますね
春に比べたら落ち着いてできているので、その結果がゼロにつながっていると思います。  

―リリーフでの登板となっていますが、その中で意識していることはありますか
スエさん(末次)がいつも試合を作ってくれるのでそれを崩さないようにということですね。あと、一番はチームが勝つことなので勝つためのピッチングをしようと思っています。  

―今日の末次選手は6回6失点という内容で高橋選手に継投しましたが
スエさんも人なので調子が悪いことはあると思います。そこはもう割り切って自分か秋山さんに勝ちがつけばいいなくらいの気持ちで投げていました。でも負けてしまったら何も言えないですね。  

―勢いに乗る慶大打線を封じ込みましたが
先週、慶應は早稲田に2タテしていて試合前から勢いがあると分かっていたので、その打線を2イニングだけですけどゼロに抑えられたということは自分の自信にもなると思います。次につなげたいです。  

―春から秋にかけて、ご自身の中に変化などはありましたか
まずは慣れたと言いますか、やっと地に足つけて投げられるようになったかなと思います。春はまっすぐキャッチャーだけを見ることしかできなかったんですけど、秋は守備など周りを見て自分のテンポで投げられるようになったので、これからもっと自分の持ち味を出していきたいです。  

―これからの登板ではどのような投球をしていきたいですか
チームが勝つことに越したことはないので、チームが勝つピッチングをしたいです。今日負けてしまったことはしょうがないので、まずはチーム全員で2つ勝ちを取りたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 0245 R開幕以来調子の上がらない末次
  • DSC 0340 R萩原は高打率をキープ
  • DSC 0426 R今季初先発の橘
  • DSC 0442 R中村はフェンス直撃の二塁打を放った
  • DSC 0452 R犠飛を打つ佐藤
  • DSC 0482 R甲本は2出塁でチームを鼓舞する
  • DSC 0509 Rケースに応じた打撃をする藤口
  • DSC 0534 R高橋は救援としての活躍を果たす
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み