準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早大1回戦 代打の切り札が勝利を呼び込む!次戦、優勝決定の可能性も浮上!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早稲田大 1回戦
2015年10月3日(土)
立川公園野球場

勝ち点を3に伸ばして挑む早大戦。
試合は大方の予想通り、投手戦に。
1度は追いつかれたものの、相手のミスに乗じて得点を重ね辛勝。
第2戦の勝利と他大の結果次第という条件付きだが明日にも優勝を手にする可能性が浮上した。

maegawa R
二塁打で勝ち越しの突破口を開けた前川

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 6 4
法 大 0 0 0 2 0 0 0 3 0 5 6 0

(早大)●向江-松下
(法大)○末次(3勝1敗)、高橋-佐藤

二塁打:藤口(1回)、小野(4回)、佐藤(4回)、前川(8回)
盗塁:甲本(8回)、萩原(8回)

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球打率
1 (5)  萩原幹斗(社2) 4 1 0 0 .419
2 (4) 藤口帝(社2)  4 1 0 0 .278
3 (6) 橘廉(社4)  2 0 0 1  .357 
4 (9)  小野慶典(経3)  4 1 1 0  .306 
  9 内川慶一(経3)  0   0   0   0   .000 
5 (7)  中村聖弥(経3)  4 0 0 0  .156 
  1 高橋竜大(経1)  0   0   0   0   .500 
6 (2)  佐藤裕太(経4)  3 1 1 0  .382 
7 (3) 永田直(経3)  3 0 0 0  .324 
8 (1) 末次慶一郎(社3)  2 0 0 0  .200 
  H 前川祐樹(社3) 1 1 0 0  .167 
  7 窪田剛士(経2) 0 0 0 0  .200 
9 (8) 甲本裕次郎(社2)  3 1 0 0  .333 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
末次 8 6 7 2 2 3.18
高橋 1 0 1 1 0 0.60

 

  リーグ戦結果(10/3現在)

 法大早大立大慶大明大東大試合勝点勝率
――  ○  ○○ ●○△○   ○○ 9 7 1 1 3 .875
 ●  ――  ○○ ●●    ○○  7 4 3 0 2 .571
●●  ●●   ――  △○○ ○○ 10 5 4 1 2 .556
○●△● ○○ △●● ―― ○○   11 5 4 2 2 .556
     ●●   ――  ○○ 5 2 3 0 1 .400
●● ●●    ●●  ●● ―― 8 0 8 0 0 .000

 

 

戦評

 2位の早大との直接対決となる今カード。完全優勝にむけてここが正念場となることは間違いない。先発を任されたのは末次慶一郎(社3)。前回登板で完封勝利を飾ったエースは今日も貫禄ある投球を見せた。 

 初回、末次の立ち上がり。早大の1、2番コンビから連続三振を奪うと3番鈴木も外角のスライダーで打ち取り上々の立ち上がりを見せる。対する早大先発の向江は、今秋リーグ防御率3位の成績を収めている好投手。直球に緩急を交ぜた投球でこちらも初回を無失点に。試合は投手戦の展開を迎える。
 試合が動いたのは4回。先頭の藤口帝(社2)が相手の失策で出塁すると、1死二塁から小野慶典(経3)が左中間貫く適時二塁打で先制に成功。さらに、佐藤裕太(経4)も適時二塁打で続き2点をリードする。
 5回が終わって、末次は未だノーヒットピッチング。このまま快挙達成なるかと思われていた矢先の6回。8番岸山に今試合初安打を献上し、記録達成は皮算用となった。そして、ここから早大も息を吹き返し始める。7回には2死一塁から勝田、向江、矢野に3連打を浴び同点に。
 何としても勝ち越したい法大は8回。法大ベンチはここで、好投を続けていた末次の打席に、代打の切り札前川祐樹(社3)を起用。秋季リーグ戦はここまで無安打の前川だったが、この采配が的中。期待に応え、左線際への二塁打を放った。これで緊張の糸が切れたかのように相手守備にもほころびが生まれ、無死二、三塁となったところで好調の萩原幹斗(社2)に打順が回る。直球を力強く叩いた打球は三塁手のグラブをはじき、その間に三塁走者が帰還。待望の追加点をつかみ取った。
maegawa2 R
前川は好走塁で二塁を陥れた

 その後もバッテリーのミスに乗じて2点を追加し、点差は一気に3点へ。最終回は、高橋竜大(経1)が危なげない投球で早大打線をシャットアウト。チームの勝利に花を添えた。  

 早ければ明日にも優勝が確定する法大。しかし、まだまだ後半戦は始まったばかりで、油断大敵であるのも確かだろう。まずは目先の1勝を。悲願の連覇達成へ着実に歩を進めることが肝心だ。(原口大輝)

選手コメント

本間隆洋 監督

ー今日の試合を振り返って
勝てたので、とりあえずは良しとしたいです。選手たちはよく頑張ってくれたと思います。

ー先制しましたが途中追いつかれる展開となりました
やはり1点、2点で逃げ切れるゲームではなかったですね。選手もその辺の経験は積んでますので、追いつかれたところで慌てるということはなかったです。いずれまたチャンスが巡ってくるだろうといった感覚だったと思いますね。  

ー8回の勝ち越しは代打の前川選手から始まりました
試合前にたまたま冗談で「今、何打数何安打だ?」と本人に聞いたんですよ。その中で今日はここぞという時に打ってくれました。本人にもやはりここまでストレスはあったと思います。それでも見事に期待に応えてくれました。明日に弾みのつく良い一撃だったんじゃないかなと思います。  

ー終盤、相手のミスで得点を追加していきましたね
逆に、向こうの方が覚悟ができていなかったといいますか、浮き足だっていましたね。そこはうちの部員はどっしりと構えて試合に臨めたということがアドバンテージとなって、実際の点差に出たのかなと思います。  

ー先週は空き週でしたが、何か調整してきたことなどはありますか
特別やってきたことはないです。普段通りの練習をやりました。ただ、調子の上がってこない選手などは特に気をかけて見ていました。  

ー優勝のために、4つ目の勝ち点をかけた明日の第2戦は大切になってきますね
今日ヒット1本出なかった選手が明日挽回するようなプレーを見せてくれれば、またチームの士気も上がるんじゃないかなと。やはり早稲田大学さんもそうですし、うちも少しまずいプレーはありましたので、今日が見直しの良い機会になってくれれば明日はより良いゲームができるんじゃないかと思っています。  

ー残りの試合に向けての意気込みをお聞かせください
応援してくださる方の期待に応えられるように、そういうプレーを選手たちが出せた上で優勝したいです。そのような形で何とか盛り上げていきたいと思います。

 

前川祐樹(今季初安打が決勝点を呼び込む)

ー今季初ヒットが生まれましたね
これまでも芯で捉えていた打球もあったので、そこまで調子が悪いとは思っていなかったです。とりあえず記録的に1本が出て、少し楽になりました。  

ーそのヒットは勝ち越し点を呼び込む二塁打となりましたが
今まで何打席かもらったのにヒットが出なくて迷惑をかけていたので、チームに貢献できて良かったです。  

ー最近は代打での起用が続いていますが
佐野キャプテンと本間監督から信頼されて使っていただいているので、何とか一生懸命やっているという姿勢を見せられればいいなと思っています。代打を送る場面ではいつも最初に声を掛けてくれるので、やはり期待に応えたいという気持ちはあります。  

ーどのような点を期待されていると思いますか
もう積極性しかないと思います。とにかく初球からどんどん振っていくのが自分のスタイルですし、それを期待されていると思います。  

ー代打での起用で難しさはありますか
一球打ち損じたら、もうその日は終わりなところですね。4打席あれば打ち直しができるのですが、それができなくて、集中しないと絶対失敗します。それが難しいですね。  

ーその一打席が回ってくるまでも重要なんですね
そうですね。タイミングが1番大事で、初球から振っていくためにはやはりタイミングが合っていないと打てないので、そこを意識しながら試合を見ています。変化球が多いとか、初球はストレートが多いという傾向は見ていますね。  

ーこれからの目標は
リーグ戦も残り少なくなっていますが、まだ勝ち点を落とさず来ているのでしっかり優勝できるように、一打席一打席を集中して取り組んでいきたいです。

 

末次慶一郎(8回2失点の好投で投手戦を制する)

ーピッチングを振りかえって
先制してもらったけど、途中追いつかれたのが駄目だったという感じですね。  

ー5回まではノーヒットでしたが
運が良かったですね。何本かは良い当たりを打たれていましたし。  

ー向江投手との投手戦となりました
先制点取られてから、2点目で同点にされたというのが、自分の中での駄目なポイントだと思います。でも、追い越されなかったのは良かったです。  

ー早ければ明日にも優勝が決まりますが
あまり意識はしてないです。  

ー明日にむけて一言
いつも通り室木が投げると思うので、しっかり応援したいと思います。

 

小野慶典(先制の適時二塁打を放つ)

ー今日の試合を振り返って
とりあえず勝てたことが良かったです。  

ー向江投手の印象は
チェンジアップとかがすごく良かったと思います。投球も癖があって打ちにくかったです。  

ーそんな中でも、先制の一打を放ちました
読みが当たって、キャッチャーとの心理戦に勝てたのが大きいです。  

ー今日のベンチの作戦は
どんどん打っていけということだけです。  

ー明日にむけて
振ってプレッシャーを与えていきたいです。明日も勝ちます。

 

フォトギャラリー

  • maegawa R二塁打で勝ち越しの突破口を開いた前川
  • fujiguchi R長打力も持ち合わせつつある藤口
  • ono R小野は先制の適時打を放つ
  • satou R勝負強い打撃で今日もチャンスをものにした佐藤
  • suetsugu R末次は5回までノーヒットピッチングで早大打線を封じ込めた
  • hagihara R開幕から9試合連続で安打を放っている萩原
  • tachibana R橘は安定感のある守備で投手を支えている
  • takahashi R最後は高橋が危なげなく試合を締めた
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み