準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対明大1回戦 延長13回までもつれる死闘を制し先勝!「完全優勝」は目前に!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対明治大 1回戦
2014年10月18日(日)
法大多摩グラウンド

秋季リーグ戦優勝を決めて約2週間。法大が次に目指すのは勝ち点5、すなわち「完全優勝」だ。
最後のカードの相手は、春季こそ2位だが今季は5位に沈む明大。
試合は9回に追いつかれ延長13回までもつれる。
それでも六大王者の意地を見せ、6-4で勝利。「完全優勝」まであと1勝とした。

koumoto2 R
決勝点となるタイムリーを放った甲本

試合結果

トータル試合結果

 12345678910111213HE
法 大 0 0 0 3 0 0 1 0 0 0 0 0 2 6 14 1
明 大 0 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 4 10 2

(法大)末次、高橋、○秋山(1勝)-佐藤
(明大)篠原、古村、●薄田-金子

三塁打:小野(7回)
二塁打:橘(4回)、末次(4回)、永田(13回)
盗塁:藤口(7回、9回)

打撃成績

打順位置選手名打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社2)
6 1 0 0 .396 
2 (4) 藤口帝(社2) 6 3 0 1 .319 
3 (6) 橘廉(社4) 7 1 0 0 .282 
4 (9)7 小野慶典(経3) 4 2 1 1 .295 
  7 窪田剛士(経2) 2 0 0 0 .143 
5 (7) 中村聖弥(経3) 2 0 0 0 .139 
  PH9 内川慶一(経3) 3 0 0 0 .000 
6 (2) 佐藤裕太(経4) 5 0 0 1 .333 
7 (3) 永田直(経3) 5 2 1 1 .326 
8 (1) 末次慶一郎(社3) 3 1 2 0 .231 
  PH 前川祐樹(社3) 1 1 0 0 .375 
  PR 三品勇人(社1) 0 0 0 0 .250 
  1 高橋竜大(経1) 0 0 0 0 .667 
  1 秋山駿介(経2) 1 0 0 0 .000 
9 (8) 甲本裕次郎(社2) 5 3 1 1 .364 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
末次 7 4 2 1 0 2.63
高橋 1 0/3 4 0 2 4 2.37
秋山 5 2 4 1 0 0.00
 

 リーグ戦結果(10/18現在)

 法大慶大立大早大明大東大試合勝点勝率
――  ●○△○  ○○ ○○  ○  ○○ 11 9 1 1 4 .900
○●△●  ――  △●● ○○ ○○ ○○ 13 7 4 2 3 .636
●●  △○○  ―― ●● ○○ ○○ 11 6 4 1 3 .600
 ●●  ●●  ○○ ――  ○○   ○○  10 6 4 0 3 .600
 ●   ●●  ●●  ●●
 ――  ○○ 9 2 7 0 1 .222
●● ●●  ●●    ●●  ●● ―― 10 0 10 0 0 .000

戦評

 秋季リーグ戦制覇から早二週間。今季最後のカードは好敵手明大。試合前、本間隆洋監督も「このカードは落とさないようにします」と語るように、完全優勝への意気込みも一入だ。先発を任されたのは末次慶一郎(社3)。後半戦、復調の兆しを見せるエースは今日も快刀乱麻の活躍を見せた。

 初回、末次と篠原の投げ合いから試合はスタートする。両投手、単打こそ許すものの要所で光る彼らの投球がスコアボードに「0」を刻み続ける。にらみ合いが続く中で先に動いたのは3回の法大攻撃。この回先頭の橘廉(社4)が篠原自慢の直球を左中間に運び、無死での得点圏に走者を溜める。後続が続くことができず2死一、三塁と追い込まれてしまうが、ここで迎えるは好機に定評がある7番永田直(経3)。2ストライクと追い込まれてから高めに浮いた変化球をアジャスト。鋭い打球は左前への先制打となった。喜びに沸く法大ベンチも束の間。続く8番投手の末次が放った打球は左中間を切り裂く追撃の2点適時打となり点差を一気に3点と広げた。      DSC 0155 R
零封に抑えるだけでなく2点適時二塁打を放つなど攻守に活躍した末次

 末次の好投は後半戦に入っても健在。相手打線を寄せ付けない投球で7回を無失点に抑えマウンドを降りる。7回表にも4番小野慶典(経3)の適時三塁打で1点を加えた法大。8回のマウンドには高橋竜大(経1)を送る。ところがこの継投が裏目に。調子の上がらない高橋は三連打を浴び2点を返されると、続く9回にも1点を返され本間監督も堪らずマウンドへ。高橋の後を引き継いだのは秋山駿介(経2)。1死一、三塁で点差は1点。なんとしても相手走者の生還を死守したいところだったが、3番萩谷に直球を巧みに弾かれ4点差がまさかの同点に。秋山はここで踏ん張り、同点のまま試合は延長戦へと突入する。両者拙攻も目立つようになり引き分けも見えてきた13回。7番永田の二塁打と相手の失策で無死一、三塁の絶好機を演出。打席には猛打賞まで後一本と迫った甲本裕次郎(社2)。粘り強くカットを続けた6球目。勢い良く振り抜いた打球は右翼手の前方へ。値千金の適時打でついに勝ち越しに成功した。バッテリー間のミスも重なり2点を手に入れた法大。最後も秋山が下位打線を3人で抑え、激戦に終止符を打った。

 春秋の王者として地力の差を見せたこの試合。しかし、王者に求められるのはまだまだこんなものではない。圧倒的力で勝利をもぎ取り2季連続の完全優勝を飾ってほしい。(原口大輝)

 

選手コメント

秋山駿介(緊迫した延長戦でも好投を続け、今季初勝利)

ー今日の試合を振り返って  
とにかく勝てたので良かったです。  

ー9回無死一、二塁のピンチでの登板でした  
出来れば9回で終わらせたいという気持ちはあったのですが、同点で凌ぐことはできたので、勝ちに繋がるピッチングができるように頑張りました。  

ー10回以降は快投を続けていましたね  
点を取られたことは切り替えて、守備からリズムが作れるように投げようと思った結果です。  

ーランナーなしの場面から投げられたのも大きかったですか  
それはすごく大きかったですね。  

ー久しぶりの登板でしたが、不安な点はありましたか  
練習では投げていたので、不安な点はありませんでした。  

ー今日の調子はいかがでしたか  
9回以降は立ち直れたのかなとは思います。  

ーリリーフでの登板が多いですが、リリーフの難しい所は  
試合の流れを変えないことだと思います。  

ー今日の試合で出た課題は  
ランナーがいるときに、セットポジションで要求されたコースにちゃんと投げられるようにというのが、これからの課題ですね。甘いところに投げると打たれるので、そういうところはきっちりやりたいと思います。  

ー「完全優勝」まであと一歩ですが、明日の試合にむけて一言お願いします  
4年生に有終の美を飾ってもらうために、投げる機会があれば頑張りたいと思います。

 

甲本裕次郎(延長13回、右前への痛烈な適時打で決勝点を挙げる)

ー今日の試合を振り返って
長い試合でしたが、自分が決めることができて良かったです。  

ー決勝点となるタイムリーを放ちましたが
(このような場面で)そんなに打ったことがないので自分でもびっくりしましたが、打てる自信はありました。自分で決めるという強い気持ちでいました。  

ーそのタイムリーは無死一、三塁と絶好の場面で生まれましたが、打席に入るときの気持ちは
良い意味でベンチを裏切れるようにということを考えました。あの場面で僕なのでみんな「あぁ」と思っていたと思うので(笑)。打てて良かったです。  

ーそのタイムリーの前に2安打放っていて、タイムリーが3安打目となりましたね
同じピッチャーからヒットも打てていて、だいたいインコースを攻められていたのでそれを狙って思い切り引っ張りました。  

ー内角は引っ張るという意識だったのですか
いつもはインコースでも引きつけて逆方向を狙っていますが、今日は特にバットもついてきていたので、思い切り引っ張りました。

ー打率.364と好調を維持していますね 

タイトルを取りたいので今日は良かったです。  

ー明日勝てば完全優勝を達成しますが、そこに向けての意気込みをお願いします
とりあえず守備からですね。今日1個、ダイビングで取れていたボールがあったので。自分ならあれは取らなければいけないと思います。まずは守備からピッチャーを助けて、今日のようにしっかり打っていきたいです。明日は室木が先発だと思いますが、あいつを勝たせてやりたいです。 

 

藤口帝(3安打4出塁でチャンスを演出)

ー今日の試合を振り返って
4-0のまま勝たなくてはいけない試合だったのですが、最後は勝ててよかったです。  

ー試合は延長13回までもつれましたが
正直9回で終わらせたかったのですが、追いつかれてもしっかり勝ち切れたのがこのチームの強さだと思います。

ー今日は3安打と打撃好調でした
1週間空いたので、そこでしっかり調整して試合に臨むことができましたね。  

ー1週空いた時にはどういった調整をされてきましたか
バッティングでは引っ張りにかかっているところがあったので、センターから右へ強い当たりを打とうと意識して練習していました。  

ー2週間前の試合で優勝を既に決めていました。この試合にどうモチベーションを持ってきましたか
難しかったのですが、全部勝ち点取って優勝というのが僕らの目標なので、そこだけを見失わないように心がけました。  

ー明日の試合勝てば勝ち点5の完全優勝となります
やはりそこを目標に1年間やってきたので、しっかり明日勝って勝ち点5で完全優勝したいと思います。  

ー明日の試合へ向けて
明日はしっかり9回で終わらせたいと思います。 

 

 

フォトギャラリー

  • koumoto2 R決勝点となるタイムリーを放った甲本
  • DSC 0149 R末次は打たせて取る投球で明大打線を完全に封じた
  • DSC 0327 Rまたも勝負強さを見せつけた永田
  • DSC 0683 R小野は自慢の長打力で適時三塁打を放った
  • DSC 0787 R3試合連続で代打起用に応えた前川
  • DSC 1030 R藤口はイニングの先頭打者としてチャンスを何度も作った
  • DSC 0978 R緊迫ムードも持ち前の気迫で跳ね返し、初勝利を挙げた秋山
  • DSC 1040 R甲本は決勝打を放ち笑顔を見せる
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み