準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対立大1回戦 打線絶好調!3試合連続となる2桁得点でまずは先勝

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対立教大
2016年4月23日(土)
府中市民球場

前カードで順調に勝ち点1をもぎ取り、勢いに乗る法大。
続くこの試合でも調子の良さを見せつけた。
3試合連続となる2桁得点で圧倒。試合後半こそ失点を重ねたが価値ある先勝を手にした。
2つ目の勝ち点を目指して、明日の第2戦につながる勝利となった。

DSC 5065 R
リーグ戦初スタメンで先制打を放った宮原

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 0 0 0 0 2 0 1 1 4 9 3
法 大 0 3 4 0 2 0 0 1 × 10 16 0

(立大)●山村、横山、片山、中川ー尾崎、杉山
(法大)○末次(2勝)、秋山ー栗田

三塁打:甲本(2回)
二塁打:三品(3回)、甲本(8回)
盗塁:中村(2、6回)、萩原(2回)、甲本(5回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社3)  報徳学園 5 1 0 0 .417
2 (4) 藤口帝(社3)  遊学館 3 1 0 1 .583
3 (2) 栗田和憲(社3)  掛川西 3 1 1 1 .286
4 (9) 小野慶典(経4)  静岡 4 2 0 0 .231
  H9 佐々木勇哉(社1) 花巻東 1 0 0 0 .000
5 (7) 中村聖弥(経4)  藤代 4 3 0 0 .667
  H7 福井寛(社4) 富山第一 1 1 0 0 1.000
6 (6) 三品勇人(社2)  報徳学園 4 2 2 0 .429
7 (3) 宮原賢悟(スポ3)  川和 3 2 2 1 .667
8 (1) 末次慶一郎(社4)  佐賀北 2 0 0 0 .000
  1 秋山駿介(経3) 藤代 1 0 0 0 .000
9 (8) 甲本裕次郎(社3)  鳴門 4 3 2 0 .545

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
 末次 6 6 4 1 2 1.38
秋山 3 3 2 0 2 6.00

リーグ戦途中経過(4/23現在)

 法大慶大立大明大早大東大試合勝点勝率
――       ○○ 3 3 0 0 1 1.000
  ――   ○○   3 3 0 0 1 1.000
  ――     ○○ 3 2 1 0 1 .667
  ●●   ―― ○●○   5 2 3 0 1 .400
    ●○● ――   4 1 3 0 0 .250
●●   ●●     ―― 4 0 4 0 0 .000

戦評

 開幕カードで幸先良く勝ち点1を手にした法大。次は立大との対戦となった。立大といえば六大学屈指の好投手である谷が常に法大打線の壁とやってきたが、その谷も昨年引退。昨年までのロースコアでの争いではなく、打撃力での勝負となることが予想される。  

 第1戦のマウンドに上がったのはやはり末次慶一郎(社4)。前回登板の東大1回戦では7回までという参考記録ながらノーヒットノーランを達成している。しかし今日は初回の先頭打者から二塁打を放たれる嫌な出だし。犠打で1死三塁とされるも、二ゴロと三振で難を逃れる。  
 試合が動いたのは2回。この回先頭の中村聖弥(経4)が左前安打で出塁すると盗塁と安打で無死一、三塁の好機を得る。ここで打席に立つのが、この日不在の主将永田直(経4)に代わってスタメン出場を果たした宮原賢悟(スポ3)。鋭く振り切った当たりは二遊間を抜けていき先制。今季チャンスで絶好調の甲本裕次郎(社3)の適時三塁打も飛び出し、3点を挙げる。続く3回も法大打線の強力さをいかんなく発揮する。まず先頭の栗田和憲(社3)が四球で出塁すると、小野慶典(経4)、中村、三品勇人(社2)、宮原の4連打で4点を追加。試合序盤から優位に試合を進めていく。  
DSC 5277 R
2本のタイムリーでチームに大きく貢献した宮原

 安定した投球を続けていた末次だが、6回突如立大打線に掴まる。こちらも4連打を浴び2失点。点差はあるものの、徐々に立大に流れが傾いていく。  

 7回からは秋山駿介(経3)が登板。ここ最近リリーフで結果を出し続けている秋山だったが、勢いに乗り始めた立大打線を封じるには及ばず。8回、9回と1点ずつ失点を許した。それでも粘りのピッチングで最後の打者を二ゴロに抑え、試合終了。貴重な先勝を手にした。  

 3試合連続の2桁安打、2桁得点で勝利を収めた法大。明日の第2戦も、投打で圧倒し、順調に勝ち点を積み重ねられれば、現在のチームの勢いが本物であると証明できるだろう。そうすれば優勝への視界がひらけることは間違いない。(今井惇基)

 

監督・選手コメント

本間隆洋 監督

ー今日の試合を振り返って
まず先発ピッチャーの末次がしっかりとゲームを作ってくれましたね。打線も序盤からリードを作ってくれて、理想的な勝ち方だったと思います。  

ー3試合連続で2桁得点を挙げていますが、打線の調子を見ていかがですか
立教の先発ピッチャーも球にスピードがある良いピッチャーだったのですが、あのピッチャーを崩したということを評価したいと思います。打線につながりもありましたね。  

ースタメンを固定していないですよね
その都度調子を見ながら決めています。特にキャッチャーですよね。これは毎試合考えながらやっています。ピッチャー陣にヒアリングをしたりもしていますね。  

ー前カードから引き続いて、様々な選手を途中起用していますね
大量リードを取れる試合では、これから先を見据えて使っておきたい選手というのはまだまだおります。試合に出たら何か結果を残す。簡単にアウト一つを与えてこないという思いを持ってやっていってもらいたいです。  

ー1年生も代打などで起用していますが、手応えはありますか
もちろんあります。前試合の大石であったり、今日の佐々木、それ以外にも選手はたくさんいますので、上の学年に対してアピールとプレッシャーを与えてほしいです。  

ー明日の立大第2戦に向けての意気込みをお願いします
今日のように序盤から大量リードを奪って、バッテリーにストレスをかけないようなゲームをしたいです。その上で可能であれば新戦力を中盤くらいから出場させて、経験を積ませたいと思っています。そういうゲーム展開をできるように選手たちと頑張りたいと思います。

 

福井寛(久々の打席で素質の高さを見せつける)

ー今日の試合を振り返って
代打でいくと言われていたので、準備していました。  

ーイニングが始まる前から代打でいくとは言われていたのですか
そうです。点差ついたのでどこかでいくぞと言われていました。  

ー昨年はけがに悩まされましたね
そうですね。今もポジションがないので出れないですね。  

ー今日の狙い球は
チャンスだったので、得意な初球が甘いコースに来ましたし、打ちました。  

ー相手投手の分析は
1回関東大会でやっていたので、やり易かったですし、それ以上にうちの打撃がすごく良いと思うので、どんなピッチャーでもある程度打てると思います。  

ー3試合連続二桁得点の要因は
去年からメンバーが変わっていないことも大きいですし、自分たち最高学年が上手くチームを引っ張っていけてるのが要因だと思います。  

ー最後に次戦に向けての意気込みを
打線はこのまま好調をキープして、守備も無駄なエラーなく、全勝優勝したいと思います。

 

甲本裕次郎(チャンスでの強さはチーム1)

ー今日の試合を振り返って
チームとしては前回の東大より、立教の方が明らかに強いので、気を引きしめなおして試合に望みました。なので、その気持ちが結果に繋がって良かったです。  

ー本日3安打猛打賞を記録しました
猛打賞狙ってたんで良かったです。  

ーチャンスの場面でタイムリーを打つことが多かったですね
最近はよくチャンスの場面で打順が回ってきますね。1打席目にタイムリーを打てて結果を出せたので、あとは楽な気持ちで打席に立てました。  

ー現在バッティングの調子は好調ですか
絶好調です。  

ー相手投手陣の印象は
関東大会でも当たっていて、そのときに投げていた投手もいました。その分自分的には良いイメージで打席に入れてるので、結果に繋がってると思います。  

ー今日の試合の収穫は
チームとしてはエラーもなく、ピッチャーも安定しているし、バッティングも今まで通り打てていると思うので、良い試合だったと思います。  

ー明日の試合に向けて一言
明日もチャンスで打ちます!

 

宮原賢悟(2本の適時打を放つ)

ー今日の試合を振り返って
勝ててよかったです。  

ー先制のタイムリーを含む2安打を放ちましたが、打撃を振り返って
とにかく必死で、永田キャプテンのようなチャンスに強い打撃をしようと思いました。  

ー先制のタイムリーでの打った球は
真ん中低めのストレートです。  

ー打撃の方は得意ですか
得意ではないです。守備の方が得意ですね。  

ー守備の方では、本職は
ショートをやっているんですけど、内野はすべて守れます。  

ーファーストの守備で不安な点はありましたか
練習でやっていたので、特にはなかったです。  

ー先発はいつの時点で伝えられましたか
昨日、(永田選手が)インフルエンザだというのが分かったので、その時に伝えられました。  

ー先発を伝えられて試合までに準備したことは
とにかく気持ちの面で、「明日は出るんだ」ということを心において頑張りました。  

ー六大学初スタメンということで感じたことは
自分のチームもそうですし、相手のチームもレベルが高いなと肌で感じました。  

ー今日新たに出た課題は
最終回の守備で、ゲッツーが取れるところで取れなかったので、そこがまだ細かいミスとしてあるかなと思います。  

ー最後に明日の試合に向けて意気込みを
勝ち点を獲れるように頑張ります。

 

佐々木勇哉(ルーキーのこれからの活躍が期待される)

ー大学初打席はいかがでしたか
点差があったというのもありましたし、先輩方が声を掛けてくれたので、楽しく気軽に打てました。  

ー硬式球から準硬式球に変わってのボールの変化はいかがですか
そうですね、全然違うので、まずそれ(準硬式球)に段々慣れて活躍できていければ、いいなと思います。  

ー1年生ですが、うまくチームに溶け込めていますか
まぁ、ぼちぼちだと思います(笑)。これからもっと溶け込めていけるようになれたらなと思います。  

ー最後に、これから大学野球での目標を教えてください
チームとしては日本一目指していきたいと思いますし、個人的にももっと試合で活躍できるような選手に早くなれるように、もっと練習から追い込んでやっていきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • DSC 5065 Rリーグ戦初スタメンで先制打を放った宮原
  • DSC 5608 R中村はしぶとい打撃で4安打を記録
  • DSC 4821 R6回2失点でゲームを作った末次
  • DSC 5254 R三品は下級生ながら抜群の安定感を見せている
  • DSC 5119 R走攻守での活躍がめざましい甲本
  • DSC 5953 R1年生の佐々木は公式戦初出場を果たした
  • DSC 5720 Rリリーフの要として活躍を続ける秋山
  • DSC 5965 Rリーグ戦首位打者の獲得経験もある福井は久々の打席で安打を放つ
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み