準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対明大3回戦 痛い3失点を跳ね返し、ようやくつかんだ勝ち点!リーグ首位タイで残り2カードに挑む!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対明治大3回戦
2016年5月3日(火)
法政大学多摩キャンパス

連日のサヨナラ劇で第3戦にもつれた対明大。
リーグ戦首位を走る慶大が一足先に勝ち点を3としているため、ここで負ければ3連覇に黄信号が灯る。
この大一番、初回から3点を先制されるも7回に4点を挙げ逆転。このリードを末次が守りきり勝利した。
これで勝ち点は3に。慶大と同率首位に並んだ。

DSC 0413 R
逆転打を放ちガッツポーズをする萩原

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 7 2
法 大 0 1 0 0 0 0 4 0 × 5 13 3

(明大)●篠原ー金子
(法大)○末次(3勝)ー栗田

二塁打:小野(6回)
盗塁:萩原(5回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社3)  報徳学園 4 1 2 1 .313 
2 (4) 藤口帝(社3)  遊学館 3 0 0 0 .310 
  4 福地誉(スポ4)  普天間 2 1 0 0 .429 
3 (7) 中村聖弥(経4)  藤代 4 0 0 0 .400 
4 (9) 小野慶典(経4)  静岡 3 1 1 0 .267 
5 (2) 栗田和憲(社3)  掛川西 4 1 0 0 .280 
6 (6) 三品勇人(社2)  報徳学園 3 3 0 1 .476 
7 (3) 永田直(経4)  桐蔭学園 4 3 0 0 .619 
8 (1) 末次慶一郎(社4)  佐賀北 4 1 0 0 .100 
9 (8) 甲本裕次郎(社3)  鳴門 3 2 0 0 .346 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
末次 9 7 3 3 2 1.80 

リーグ戦途中経過(5/3現在)

 法大慶大立大明大早大東大試合勝点勝率
――   ○○ ○●○   ○○ 7 6 1 0 3 .857
  ――   ○○ ○●○ ○○ 7 6 1 0 3 .857
●●   ――     ○○ 4 2 2 0 1 .500
●○● ●●   ―― ○●○   8 3 5 0 1 .375
●○●     ●○● ――   6 2 4 0 0 .333
●● ●● ●●     ―― 6 0 6 0 0 .000
 

戦評

 おとといの第2戦、延長戦にもつれ込む激闘の末、無念のサヨナラ負けを喫した法大。優勝するには、なんとしても勝ち点3をあげたいところだ。絶対に負けられない試合が幕を開けた。

 先発は第1戦に続き、末次慶一郎(社4)。しかし、立ち上がりから相手打線につかまる。初回、1死から簡単なサードゴロを萩原幹斗(社3)が一塁へ暴投。ランナーは一気に二塁へ進み、ピンチに陥る。続く打者にも四球を許し、4番の松原のレフト前にポテンと落ちる適時打で、早々に失点。その後も6番、7番打者に連続安打を浴び、3点を奪われた。   
 早く追いつきたい法大だが、第1戦でも苦戦した先発篠原の緩急あるピッチングに、打球を引っかけ三者凡退。なかなか攻略の糸口をつかめない。一方、2回から立ち直った末次は、打たせて取るピッチングで安打を許すものの、決定打を掴ませない。   
DSC 0727 R
2回以降は復調して、スコアボードに「0」を並べた(末次)

 試合が動いたのは2回裏。1死から栗田和憲(社3)の左中間安打から、三品勇人(社2)、永田直(経4)と連続安打でチャンスを繋げ、満塁とし、篠原の暴投で一点を得た。それ以降、6回までは投手戦が繰り広げられる。3塁まで走者を進めても、なかなかチャンスをつかみきれない。   
 守備の面では、ミスが目立った法大。それでも5回表、松原が打った二遊間への当たりをセカンドの藤口帝(社3)がバランスを崩しつつ受け、ショートの三品へ。そのまま三品が一塁に送球しアウトになる華麗なコンビプレーを披露した。これにベンチや観客からは大きな歓声が。悪い流れが続いていたチームを、再び活気づける。   

 7回裏、先頭打者である三品の二遊間に抜ける安打を皮切りに、続く永田も右前安打。相手の失策や野選に助けられ、一挙4点。逆転に成功すると、たまらず明大は二番手の薄田に交代。追加点をあげたい法大だが、その後は三者凡退。8回裏もチャンスを活かし切れずバットは空を切った。   
 勝利投手の権利を得た末次は、9回表最後のマウンドに上がる。先頭打者多々野を強気の投球で見逃し三振に仕留めると、その後も危なげなく鈴木、松原を内野ゴロで打ち取り、試合終了。立ち上がりに3点を取られたものの、2回以降は無失点に抑え、被安打7の完投勝利をおさめた。   

 緊迫の試合を見事投げ切った末次。チームは勝ち点3を得たが、簡単な試合ではなく、守備でのミスやチャンスを活かしきれない面が目立った。今回のカードでは改めて、去年までとは違う、王者として相手を迎え入れる厳しさを痛感しただろう。さらなる高みを目指すために、個々の課題を見つめ直し、チームとして大きく成長していって欲しい。(大野眞由紀)

 

監督・選手コメント

本間隆洋 監督

ー今日の試合を振り返って
厳しい試合だったというのが本音ですね。先制された時点ではこのまま終わるはずがないと思いながらも、嫌な試合の入り方だったのでやはり不安はありました。  

ーそれでも7回に逆転を果たしました
野手陣がどこかにチャンスがあるだろうと気持ちの準備をしていてくれて、一気に爆発してくれましたね。特に初回エラーをした萩原は見事期待に応えてくれました。  

ー直近の2試合は打撃に苦しんでいましたが、この試合では2桁安打を放ちました
若干下降気味の傾向はありました。これが何か一つのきっかけになればと思います。打線がウリと言う以上まだまだ物足りないので、クリーンナップだけでなく切れ目のない打線を空き週の間に作っていきたいです。  

ーリードを許す展開でしたがベンチの雰囲気は
そこはもう頼もしいくらいでした。1戦目に投げたときの篠原君の調子と今日は明らかに違いましたよね。どこかでチャンスはあるぞと選手たちも冷静に捉えながら試合を進めていたと思います。  

ー優勝争いという面で今日の勝利は大きかったですね
選手たちもそこは十分分かっていたと思います。慶應大学さんが先に勝ち点3に乗りましたので少しプレッシャーだったところはあったと思います。それでも意外と落ち着いて試合をしてくれたので、これで勢いに乗ってほしいです。  

ー次の早大戦に向けて
とにかく野手陣のバッティングの調子を上げて何とかバッテリーを助けてあげたいです。あとは応援してくださる方々に楽しんでいただける試合をしたいですね。

 

永田直 主将(3安打で打率を6割台に乗せる)

ー今日の試合を振り返って
勝ててうれしいです。すごくうれしいです。  

ー初回に3点を取られて追う展開でしたが、チームの雰囲気は
取られた瞬間はやばいかなと思ったのですが、ベンチに戻って「みんなしっかりいこう」と声を掛けました。初回だったのでチャンスもたくさんあるし、みんなも絶対勝つという気持ちがあったのであきらめているような雰囲気ではなかったですね。  

ー今日も3安打と打撃が好調でしたがその要因は
調子自体はすごくいいって訳ではないのですが、いいファールも出てますしラッキーなヒットも多いので、空き週を挟んで調子を上げられればなと思います。  

ー7回に明大・篠原を捕らえましたが、チームや相手投手の変化などは
ストレートが今日は多かったので、振れている人はどんどん真っすぐを狙っていこうということと、振れてない人は変化球に張って浮いた球をどんどん振っていこうと指示は出していました。  

ー苦しい試合でしたが、ものにできた要因は
つなぐ意識があったことと今日も朝からみんなが早めに集合して全員で練習してから試合に臨んだので、そういうところからもチームで勝たなきゃいけないという団結力が出ているのかなとは思います。  

ーチームで良かったところや収穫は
このシーズンは厳しい試合で勝てているということと逆転(勝ち)の試合も多いので、全員があきらめない雰囲気で戦えている証拠かなと思います。  

ーまだチームとして足りないところは
打撃力で勝とうというテーマを掲げている中でちょっと湿っている部分があるので、空き週で振り込む必要があるのかなと思います。タイムリーが出ないことが多いので、チャンスを想定した打撃をもっと練習しなきゃいけないのかなと思います。  

ー最後に次戦の早大戦に向けてひとこと
良い形で勝てているので空き週でしっかり練習して、慶應も同率首位なので最後に良い形で臨めるように、まずは2タテ出来るように早稲田戦を頑張りたいと思います。

 

末次慶一郎(9回3失点の好投で3勝目)

ー今日の投球内容はいかがでしたか
調子は良くなかったです。けど、うまく打たせてタイミングをずらすことができたかなと思います。  

ー2戦目を落としてからエースとしてどんな気持ちで試合に臨みましたか
全勝優勝を目指していたのですが、それが日曜日になくなって勝ち点を落とすことは絶対にしてはいけないと思っていたので。やはり僕が何とか守備で流れを掴もうかなということを考えて試合に入りました。  

ー初回に失点してから何か修正したことなどはありますか
初回にパンパンと取られちゃったのでもう開き直って…。 修正したとかはないのですが、1つずつ丁寧に投げようというのは考えて投げていました。  

ー終盤粘って逆転してもらった場面はどうでしたか
みんなが繋いでくれて、たまたまラッキーな形もあって逆転できたので今日はもう終盤以降は守備陣をはじめとする周りのみんなに感謝したいですね。  

ー最後に次戦の早稲田戦に向けて意気込みをお願いします
今日も逆転勝ちで、やはり流れに乗ってると思います。空き週を挟むのでしっかり練習して、試合を組み立てられるように頑張っていきたいと思っています。

 

萩原幹斗(守備のミスを帳消しにする逆転のタイムリー)

ー今日の試合を振り返って
勝って良かったです。本当に良かったです。  

ー勝ち点3はチームにとって大きいですね
はい。初回に自分のエラーで厳しい状況になったんで、本当に勝って良かったです。スエさん(末次)に感謝です。  

ー初回に失策はあったものの、最後に打球が飛んできたのも萩原選手のところでした
流れがきてましたね。サードゴロが来ると思ってました(笑)。  

ーバットでは逆転のタイムリーが飛び出しました
前の3打席は内容はともかくあまり良くなかったんで。でも、あそこで打てるっていうのは勝負強いですね自分(笑)。  

ー追う展開のゲームというのは意識が違いましたか
初回の3失点ということで、まだ残り9回攻撃があると。スエさんも残りは0で抑えてくれると思って信じてましたし、3点だけ1点ずつ返していこうと思っていました。  

ー初戦よりも篠原投手(明大)からの安打も増えました
スライダーのキレや球のスピードも落ちていたと思うので、自分も含めみんなボールが見れていたのかなと思います。  

ー春季リーグ戦優勝は法大か慶大かに絞られてきましたが
慶大が立大に負けてくれるのを願います(笑)。まあ、そういうところで勝ちきれないようでは全国で勝ちきれないと思うので、しっかり早稲田にまず勝って、慶大も倒すだけです。  

ー早大戦への意気込み
今シーズン苦しい試合が続いてますが、また勝ち点取れるように頑張りたいと思います。

 

藤口帝(守備で好プレーを見せるも、負傷で途中交代)

ー今日も接戦でしたね
勝ち点を取らないことには全日も近づけないと思うので、今日は勝ち点を取れてホッとしている気持ちが大きいです。  

ー5回の守備ではファインプレーもありました
体が勝手に反応したみたいな感じなんですけど、ポジショニングが良かったのが一番だったと思いますね。  

ー三品選手とは普段あのような連携練習はされるんですか
想定はしてないですが、三品も高校の時から強豪校でやってるので、その意思疎通はできていたかなと思います。  

ーけがは大丈夫ですか
アドレナリンが出まくってて、行こうと思えば行けたんですが、チームの迷惑になるかなとも思ったので、監督に僕から下げてくださいと進言しました。  

ー早大戦に向けて
今度はしっかり2戦で終わらせられるように、チーム一丸で戦っていきたいと思います。

 

三品勇人(7回のビッグイニングのきっかけを作る)

ー今日の試合を振り返って
勝ててよかった、それだけです。

ー出場した試合全てで安打を放つなど、打撃好調ですが
リーグ戦始まる前まで不調で、逆にそれでうまくポジティブに考えられるようになったので、そこから良くなったと思います。

ー技術的な部分より精神的な部分が多いということですか
多いですね。

ー緊迫した場面での打席ではどのようなことを考えますか
今のところリーグ戦でそういうところの打席は少ないのですが、回ってきたときは相手ピッチャーも焦ってると思うので、甘い球を逃さず打つってことだけを意識してます。

ー今日のご自身の守備について
元々バッティングより守備がウリなのですが、守備でああいう形でエラーしてしまったので、バッティングで取り返そうという気持ちでがんばります。

ースーパープレーも生まれましたが、守備で「魅せよう」という意識は持っていますか
そうですね。セカンドの帝さん(藤口)が投げてくるだろうと構えてたので、うまく息が合いました。

ー次の試合に向けて
もう負けられないので、しっかり2戦で決められるようにがんばりたいです。

 

フォトギャラリー

  • DSC 0413 R逆転打を放ちガッツポーズをする萩原
  • DSC 0652 R今日も3安打で打率はついに6割超え(永田)
  • DSC 0282 R三品はここ最近打撃でも存在感を示している
  • DSC 0100 R2回以降は見事立て直してみせた末次
  • DSC 0488 R小野は持ち前のパワーで5点目となる犠飛を放った
  • DSC 0702 R末次をリードして完投を援護した(栗田)
  • DSC 0087 R内野安打となりそうな打球を藤口(写真右)から三品へのグラブトスでアウトにした
  • DSC 0575 R途中出場の福地も守備で貢献した
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み