準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早大1回戦 自慢の打撃力で守備のミスを取り返す逆転勝利!リーグも単独首位に浮上!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対早稲田大
2016年5月14日(土)
ネッツ多摩昭島スタジアム

「全勝優勝」という目標は絶たれたものの、順調に勝ち点を積み重ねてきた法大。
熾烈を極めるリーグ首位争いを制するためにも、この早大とのカードは重要なものとなる。
試合は守備のミスで先行を許したものの、中村の3ランで逆転に成功。打撃陣が奮起し、先勝を手にした。
また、他試合で慶大が敗れたため、単独首位に返り咲くこととなった。

DSC 4968 R
逆転の3ランを放ち、笑顔を見せる中村(写真右)

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 7 1
法 大 1 0 3 2 0 1 0 0 × 7 11 3

(早大)●山口、田中、古賀ー齋藤成
(法大)○末次(4勝)、秋山ー栗田

本塁打:中村1号3ラン(3回)
三塁打:小野(1回)
盗塁:三品(4回)、萩原(6回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社3)  報徳学園 4 2 2 0 .361 
2 (4) 藤口帝(社3)  遊学館 3 3 1 0 .375 
  PH4 福地誉(スポ4) 普天間 1 0 0 1 .375 
3 (7) 中村聖弥(経4)  藤代 3 1 3 0 .394 
4 (9) 小野慶典(経4)  静岡 4 1 1 0 .265 
5 (2) 栗田和憲(社3)  掛川西 4 0 0 0 .241 
6 (6) 三品勇人(社2)  報徳学園 2 0 0 2 .435 
7 (3) 永田直(経4)  桐蔭学園 3 1 0 1 .583 
8 (1) 末次慶一郎(社4)  佐賀北 3 2 0 0 .231 
  PH 福井寛(社4) 富山第一 1 0 0 0 .500 
  1 秋山駿介(経3) 藤代 0 0 0 0 .000 
9 (8) 甲本裕次郎(社3)  鳴門 2 1 0 1 .357 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
末次 7 5 7 2 0 1.46 
秋山 2 2 0 0 0 3.40 

リーグ戦途中経過(5/14現在)

 法大慶大立大早大明大東大試合勝点勝率
――   ○○ ○●○ ○○ 8 7 1 0 3 .875
  ―― ○●○ ○○ ○○ 8 6 2 0 3 .750
●● ――   ○○ ○○ 7 5 2 0 2 .714
●○●   ―― ●○● ○○ 9 4 5 0 1 .444
●○● ●● ●● ○●○ ――   10 3 7 0 1 .300
●● ●● ●● ●●   ―― 8 0 8 0 0 .000
 

戦評

 第3戦までもつれる明大との激戦を制し、空き週を経て迎えた早大戦。明大戦では自慢の打撃力で完全燃焼とはいかなかったが、空き週を通してどこまで調子を上げてこれたか。首位争いも佳境を迎えつつあるなか、絶対に負けられない戦いの幕が開けた。  

 法大の先発は末次慶一郎(社4)。ここまで3勝を挙げ、防御率も1点台と文句無しの投球を続けている。しかし、その立ち上がりの初回、守備のミスから失点を許す。2死から安打で走者を背負うと、すかさず盗塁を決められる。そして積極的に攻めてくる走者は三盗をも狙ってくる。ここで盗塁阻止を狙い、キャッチャーの栗田和憲(社3)が三塁へ送球するもこれが暴投に。ボールはレフトまで転々と転がっていき、その間に走者は生還。まさかの展開で先制点を許す。
 それでもその裏、2番藤口帝(社3)が安打で出塁すると3番中村聖弥(経4)が犠打で送る。2死二塁のこの好機、4番小野慶典(経4)が左中間を抜ける適時三塁打を放ち、すぐに同点に追いつく。  

 しかし守備でミスが続く法大。3回、先頭打者に右前安打を放たれると、イレギュラーした打球をライト小野がファンブル。二塁まで進塁を許す。犠打で1死三塁とされると、続く2番打者。その2球目、スクイズを狙ってくる。上手く一塁線に打球が転がり、本塁への送球は諦めたものの、ファースト永田直(経4)の一塁への送球が逸れ、バッターランナーをアウトにすることもできず。ちぐはぐな守備で課題を露呈してしまう。  
 それでもそのミスを帳消しにするほど、今日は打撃が絶好調。萩原幹斗(社3)と藤口の連打で1死一、三塁とすると、3番中村の打席に。2球目を振り抜くと、打ち上がった打球はライト方面に吹く風にも乗り、そのままライトスタンドへ。値千金の逆転3ランでリードを奪う。  
DSC 4946 R
逆転本塁打を放った中村

 援護をもらった末次は4回以降安定した投球を披露する。「調子は悪かった」と本人は振り返るが、外角へのボールがよく決まり、三振の山を築く。打撃陣も萩原の犠飛、藤口の適時打などで着実に得点を重ねていく。8回からはリリーフで結果を残している秋山駿介(経3)が登板。ストライク先行の投球で、早大打線を凡打に抑える。多くの盗塁を許していた栗田が2つの盗塁を刺すなど、汚名返上のプレーも飛び出し、試合の主導権を握ったまま試合終了。7-2の快勝で、この重要なカードで先勝を手にした。  

 序盤のミスで先行されるも、自慢の打撃陣が奮起。ここに来て法大の1番の強みが存在感を出し始めた。優勝に向け、視界は良好。あとは目の前の一戦をひとつずつ制していくだけだ。(今井惇基)

 

選手コメント

末次慶一郎(本調子でなくとも自責点0の投球)

ー今日の投球を振り返って
調子は悪かったです。最初は苦しかったですが、何とか頑張れたかなといった感じです。  

ーどの点で調子の悪さを感じましたか
球も走っていなかったですし、基本的にボールが甘いところにいっていました。  

ーその中で2失点に抑えましたがその要因は
見えないところであったと思います。内野が良いところで守ってくれてて、ヒット性の当たりをアウトにしてくれたというのが大きかったと思います。  

ー今日は外角へのボールがよく決まっていましたね
ちょっと(ストライクゾーンが)広いなと思っていたので、そこに投げれば大丈夫かなと思っていました。そこは狙っていましたね。  

ー序盤はミス絡みで失点という展開でした
正直苦しかったのですが、今季も点を取れていますし、この後粘れば逆転してくれるだろうと思っていました。  

ーこの勝利で個人としては4勝目を挙げましたが
あまり勝ち数は気にしていないです。優勝できればいいかなと思っています。  

ー次の登板に向けて
頑張ります!

 

中村聖弥(逆転の3ランをライトスタンドへ放り込む)

ー今日の試合を振り返って
結果的には点差を開いて勝てたのですが、序盤ミスで点を許してしまったので、そこは反省点だと思います。

ー序盤の失点について詳しくお話を聞かせて下さい
栗田は元々盗塁が刺せない、肩の弱いキャッチャーなので、意識して空き週に鍛えてきたのですが、そこがうまくマッチしなかったのかなと。終盤は盗塁刺したりしてたので、ちょっとずつ結果は出てきてると思うのですが、序盤の大事なときに出てしまうのは、まだまだ練習不足なのかなと思います。

ー中村選手としては今季初のホームランが飛び出しましたが
ちょっと真ん中よりのストレートでした。久し振りに打ったので気持ち良かったです。

ー相手投手の印象は
早稲田大学のピッチャーはいいピッチャーが揃ってると思うので、そんなに甘い球はそうそう来ないのですが、その甘い球をうちがしっかり見逃さず打てたのかなという印象です。

ー今季から3番に座っていますが、3番打者として意識していることは
3番バッターはチャンスメイクも点を取るのも両方やらないといけないので、もっともっとチャンスに強いバッティングを心がけたいと思っています。

ー明日の試合に向けて
明日もしっかり勝って、Aクラスを決めたいと思います。

 

萩原幹斗(貴重な2打点で勝利を呼び込む)

ー今日の試合を振り返って
立ち上がりは堅い攻めにあって嫌な流れだったのですが、中村さんがホームランを打ってそこから一気にいけいけでいい試合だったと思います。「打」の力を見せられた試合だと思います。  

ー適時打を含む2安打に犠飛という結果で、打撃が好調ですが
今日は久しぶりにチャンスで回ってくることが多かったので、久々のチャンスを無駄にしないように、チームを楽にするためにも打点がつけばいいなと思っていました。  

ー序盤は苦しみましたが、その要因は
結構盗塁をされましたよね。栗田は肩が弱いので、あいつにはもっと投げられるようになってもらわないと困りますね(笑)。  

ー守備でも安定したプレーを見せていましたね
今日は結構足が動いていて良かったです。でも、全国大会とかだと1点差のゲームだったら守備にプレッシャーが掛かるので、意識高く練習からやりたいなと思います。  

ーご自身の課題は何かありますか
ないです(笑)。  

ー最後に明日の試合に向けて一言
余裕で勝ちます!

 

藤口帝(足の負傷に悩まされるも3打数3安打の活躍)

ー初戦をものにしましたね
今日勝てば2位以上がほぼ確定で、全日の予選に出られるということで、チームも気合いが入っていて、絶対勝ちたいと思っていました。  

ーご自身も3安打1打点の活躍でした
全然打ててなかったので、3本出て良かったなと思います。  

ー守備の最中に足をかばう仕草がありましたが大丈夫ですか
問題ないです(笑)。大丈夫です(笑)。  

ー今日は序盤に守備がちぐはぐした試合展開でした
早い回の失点は全然気になりません。僕らは打のチームだと思うし、それを跳ね返せる力があると思います。なので、序盤の点数っていうのは気にならないですね。  

ー打のチームという意味では今日のような試合運びは理想ということですか
そうですね。どれだけ点数を取られてもそれ以上の点を取れば勝てるので、そこを目指してやっていきたいと思います。  

ー優勝争いも佳境を迎えたリーグ戦ですが
全日には六大の王者として行きたいので、やっぱり優勝できるように目の前の試合を頑張っていきたいです。  

ー最後に明日への意気込みをお願いします
慶大も勝ち点を落としてないので、うちも勝ち点をしっかり取れるように。優勝目指して頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • DSC 4968 R逆転の3ランを放ち、笑顔を見せる中村(写真右)
  • DSC 4810 R序盤苦しんだ末次も4回以降は抜群の安定感を見せた
  • DSC 4716 R初回、同点の適時三塁打を放つ小野
  • DSC 5620 R巧みなフィールディングで広い守備範囲を誇る(三品)
  • DSC 4691 Rけがに苦しむ藤口は3打数3安打の大暴れ
  • DSC 5336 R持ち前の俊足で毎試合のように盗塁を決めている萩原
  • DSC 5535 R秋山はリリーフの柱としてチームを支えている
  • DSC 5629 R捕手の栗田が盗塁を刺すとベンチのムードも最高潮に
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み