準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対慶大3回戦 3ラン2発と完封リレーで圧勝!3季連続の完全優勝を果たす!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対慶大3回戦
2016年5月31日(火)
早稲田大学東伏見グラウンド

勝ち点5の完全優勝を目指して臨んだ対慶大3回戦。
3回に先制点を挙げると、8回には萩原幹斗(社3)、永田直(経4)のアベック3ランが飛び出す。
守りは、末次慶一郎(社4)、室木大(経3)の2枚看板による完封リレーで無失点。
投打で慶大を圧倒し、3季連続の完全優勝を果たした。

0X0A8620 R
仲間に胴上げされて宙を舞う主将の永田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2
法 大 0 0 1 0 0 0 0 6 × 7 10 1

(慶大)●竹原、高木、村石ー有賀
(法大)○末次(5勝1敗)、室木ー藤江

本塁打:萩原(8回)、永田(8回)
盗塁:萩原(3回)、石橋(6回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社3)  報徳学園 4 3 3 0 .426 
2 (4) 藤口帝(社3)  遊学館 3 2 1 0 .362 
3 (9) 石橋優一朗(法2)  徳島北 4 2 0 0 .500 
4 (7) 福井寛(社4)  富山第一 4 0 0 0 .231 
5 (3) 永田直(経4)  桐蔭学園 4 2 3 0 .476 
6 (6) 三品勇人(社2)  報徳学園 4 0 0 0 .342 
7 (2) 藤江廣祐(社2)  法政 4 0 0 0 .200 
8 (1) 末次慶一郎(社4)  佐賀北 2 0 0 0 .222 
  1 室木大(経3) 星稜 1 0 0 0 .313
9 (8) 甲本裕次郎(社3)  鳴門 3 1 0 0 .366 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
末次 7 3 6 1 0 1.70 
室木 2 0 1 1 0 1.67 

リーグ戦最終結果

 法大立大慶大早大明大東大試合勝点勝率
―― ○○ ●○○ ○○ ○●○ ○○ 12 10 2 0 5 .833
●● ―― ○○ ●● ○○ ○○ 10 6 4 0 3 .600
○●● ●● ―― ○●○ ○○ ○○ 12 7 5 0 3 .583
●● ●○● ○○ ―― ●○● ○○ 12 6 6 0 2 .500
●○● ●● ●● ○●○ ―― ○○ 12 5 7 0 2 .417
●● ●● ●● ●● ●● ―― 10 0 10 0 0 .000
 

戦評

 3季連続の優勝を決定させた第2戦から1日を挟んで迎えた第3戦。優勝こそ決定させたものの、法大が狙うのは勝ち点5、つまり完全優勝だ。対する慶大も負ければリーグ3位に転落、全日本予選会の出場権を失うだけに、両チームともに勝利が絶対条件の試合となった。  

 先発は第1戦同様、末次慶一郎(社4)と竹原が対峙。エースの投げ合いだけに、序盤から投手戦の様相を見せた。
 その中で最初にチャンスをものにしたのは法大。3回、2死から法大のリードオフマン、萩原幹斗(社3)の中前安打で出塁すると、すかさず盗塁を決める。続く打者は、負傷に苦しみながらも走攻守で高いレベルを発揮する藤口帝(社3)。5球目を鋭く振り抜くと、打球はセンター前へ。萩原は一気に三塁を蹴って本塁に生還。理想的な得点パターンで先制点を奪い取った。
0X0A8296 R
3回、先制の中前適時打を放つ藤口

 直後の4回。末次にこの日初めてのピンチが訪れる。死球で出塁を許すと、二塁打で2死二、三塁。一打逆転のこの場面、フルカウントから末次、藤江バッテリーが選んだボールは外角ストレート。これがストライクぎりぎりに決まり、見逃し三振。この日慶大打線に決まっているウイニングショットでピンチを脱してみせた。  

 その後は再び両エースの投げ合いが続くが、8回からは第2戦で胴上げ投手となった室木大(経3)が登板。慶大も同じく投手交代をし、第1戦で慶大に勝利をもたらす本塁打を放った高木がマウンドに上がる。そのリベンジを果たすかのような法大打線の爆発はここから始まる。室木が二塁手の失策で出塁すると、今季も六大学きっての守備力を堂々披露した甲本裕次郎(社3)のバントヒットで無死一、三塁とする。すると、この試合も当たり前のようにマルチ安打を放っている萩原が左越え3ラン本塁打を叩き込み、4点リード。それでも猛攻を止めない法大は藤口と石橋優一朗(法2)の連続安打で再びチャンスを作り出すと、打席に立つのは主将永田直(経4)。インコースのボールを振り抜くと、これもレフトポール際に突き刺す3ラン本塁打となり、7-0。これぞ打の法政というような一挙6点の攻撃で、接戦に強い慶大の逆転ムードを打ち砕いた。  
 最終回も室木が安定の投球で簡単に2死を取ると、最後も平凡な二飛に抑え3季連続の勝ち点5、完全優勝を決めた。  

 最終戦は、投げては末次、室木の完封リレー、打っては2本塁打を含む7得点と、六大学王者としての力を存分に見せつける結果となった。これで、法大は16カード連続の勝ち点。六大学の頂点に立ち続けることができれば、この記録は自然と伸びていくことだろう。
 そして2週間後には、六大学の代表校として挑む全日本予選会が待っている。勝てば、8月に行われる全日本選手権への切符を得ることになる。目指すは日本の頂。快勝でまずはその挑戦権を手にしたいところだ。(今井惇基)

 

選手コメント

永田直 主将(ダメ押しの3ランホームランを放つ)

ー3季連続の完全優勝となりました
うれしいです。  

ーこれでリーグ戦の全日程を終えましたが、振り返っていかがですか
苦しい試合はたくさんありましたけど、全チームから勝ち点を取れたということは非常に自信になりましたし、みんなに感謝ですね。  

ー主将として率いたシーズンでしたが、去年との違いはありましたか
佐野(健太前主将)さんはリーダーシップの強い方で、試合に出ていなくてもみんなからあれほどの信頼を得られる主将でした。僕はそういう人ではないので、みんなからも意見を言ってもらって、自分なりに主将としての仕事を果たしています。圧倒的な存在感というのはないので、みんなの中の一役割として僕がいるというだけですね。みんながチームを引っ張っていってくれているので、仲間に感謝しています。  

ーこの試合では3ランホームランを放たれました
それまでインコースでやられていて、それをすごく悔しく思っていました。右打ちばかり狙っていると思われていたので、どこかでインコースが来るだろうと。来たら一発で仕留めようと狙っていました。良かったです。  

ー7得点を挙げた打撃陣の調子はいかがですか
調子は良いですし、最後慶應に点差を離して勝てたというのは収穫なので、これを全日本の予選会でも発揮できるようにしたいです。  

ー個人成績を見てみると、来週の閉会式も楽しみになってくると思いますが
全部やることは終わったので待つだけですね。もし良いタイトルがもらえたりするのであれば、嬉しいですね。  

ー全日本予選会への意気込みをお願いします
日大三崎町は良いチームだと聞いているので、気をより一層引き締めて、まずは全日本への切符を手にしたいと思います。

 

末次慶一郎(これぞエースといった7回無失点の投球)

ー4年生での完全優勝の感想は
うれしいです。最高です。  

ー今シーズン全体を振り返って
新チームが始まってからここまでうまくいかないことが多くて、周りにも迷惑をかけた苦しいシーズンではありました。結果が伴わないスタートでしたし、一応勝ち点は5取れましたが、納得のいかないピッチングが続いていたので本当に苦しかったです。  

ー終盤は今日のような好投ができていたと思いますが、どのような切り替えをされたのですか
切り替えというよりは、僕ももう4年生ですし、今までは先輩に支えられて投げてた部分もあったんですけど、今年は僕がプレーで引っ張ると考えてずっとプレーしてきました。  

ーご自身の投球で大切にしていることは
外角低めです。ピッチングの基本なので、そこを100%にできるようにという投球をしていました。  

ー法政はこれでリーグ戦16カード連続の勝ち点です
去年も春秋連覇でプレッシャーもすごくあって、おまけに苦しいシーズンでもあったんですけど、とりあえず今はホッとしています。  

ー法大の連覇記録は7連覇が最長ですが
一試合、一シーズンをがむしゃらにやっているので、全然意識はしてないですね。  

ー全日本の意気込みをお願いします
まずはベスト4です。でも一試合目から法政の野球を見せられればと思います。

 

萩原幹斗(本塁打含む猛打賞で、昨秋の22安打を超える23安打)

ー完全優勝のご感想は
苦しい試合はいっぱいありましたが、何とか完全優勝できて、昨年の春秋王者としての実力を見せることができたかなと思います。  

ー法大はこれでリーグ戦16カード負けなしの戦績となりました
チームの雰囲気がいいですし、いい選手も集まっているので、全国を狙っているからには六大学はしっかり勝たないとだめかなと思います。  

ー今日は本塁打含め3安打の成績でした
今日は振れていましたし、めちゃくちゃ良かったです。チームも勝てたので、いいところで打てたと思います。100安打も残り15本なので、秋でしっかり決めたいと思います。  

ー今季フルイニング出場を果たした選手は萩原選手と甲本選手だけでしたが
けがなくここまできて、健康に生んでくれた親に感謝ですね。  

ーいよいよ全日本の予選が始まります
負けたら終わりなんでね。一戦ごとにバチバチ気合を入れて一戦で終われるようにしたいです。全日本は去年の自分のミスもあるので、今年にかける思いは人一倍強いと思っています。まだ生涯で取ったことのない日本一を取りたいと思います。

 

三品勇人(6番遊撃手としてレギュラーの座をつかむ)

ー完全優勝達成についてコメントをお願いします
素直にうれしいです。

ー今季の自身のプレーを振り返って
初めてスタメンで出続けて、慶大戦の前まで良かったです。慶大戦はちょっと打撃面がだめだったかなという印象です。

ーその不振の要因はどういったところでしょうか
今日の試合終わってみて感じたのは、甘い球を打ち損じてたかなという感じです。

ーリーグ戦での収穫は
長いリーグ戦期間を通して、いろんな場面で打ったり守ったりという経験が自分の中ででかいかなと思ってます。

ー新人戦では主力級の活躍が期待されますが
5連覇がかかっているので勝ちたい、それだけです。

ー新人戦での個人的な目標は
断トツに打てるようにがんばります。

 

フォトギャラリー

  • 0X0A8620 R仲間に胴上げされて宙を舞う主将の永田
  • 0X0A8440 R永田の3ランは勝利を決定づけた
  • 0X0A8218 R今日も本塁打を含む3安打とヒットを量産した(萩原)
  • 0X0A8190 R末次は安定の投球で慶大打線を寄せつけなかった
  • 0X0A8212 R新人戦でも主力級の活躍が期待される三品
  • 0X0A8236 R藤江は今季2度目のスタメンマスクをかぶった
  • 0X0A8433 Rリーグ戦初スタメンの石橋はマルチ安打を記録
  • 0X0A8377 Rこの広い守備範囲でフルイニング出場を果たした(甲本)
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み