準硬式野 

【準硬式野球】1回戦vs愛知大戦:1、2番が大当たり!!大量得点で1回戦突破!!(8/31)

第62回全日本大学準硬式野球選手権大会が開幕した。
初戦の相手は東海地区2位の愛知大学。強い日差しが照りつける中、
負けたら終わりのトーナメント戦が始まった。

残暑が続く8月31日、兵庫県神戸市にて第62回全日本大学準硬式野球選手権大会が開幕した。初戦の相手は東海地区2位の愛知大学。強い日差しが照りつける中、負けたら終わりのトーナメント戦が始まった。

法大の先発・塚本は、安定したピッチングで1、2回を無失点に抑える。塚本(社3)の好投に応えるように、法大は初回から愛知大の先発・山口を果敢に攻める。2番・大塚(社3)と6番・阿久津(社2)のタイムリー2ベースを含む打者一巡の猛攻により、初回に一挙4得点を挙げ、波に乗る。さらに続く2回にも、先頭打者の1番・宮川(経1)がレフト前ヒットで出塁しチャンスを作ると、4番・西出(社4)の内野ゴロの間に1点を追加。試合の流れが完全に法大に傾きかけたと思われた。

しかし3回、塚本がこの試合初めての四球で9番・山口に出塁を許す。これを機にリズムを崩した塚本は、併殺崩れにより2死一、三塁のピンチを迎える。3番・荒川にタイムリーを放たれ1点を返されると、続く4番・下村に死球を与え、2死満塁に。そして迎えた5番・二神にライト前へのタイムリーを許し、さらに2点を追加される。その裏、山口に代わった辻岡に三者凡退に抑えられ、法大に逆風が吹き始めたかに思われた。しかし立ち直った塚本は4回以降をテンポのいいピッチングで締め追加点を与えず、再び流れを手繰り寄せたのだった。

そして4回裏の法大の攻撃、ヒットと四球で2死二、三塁のチャンスを作ると、5番・山本(経4)の左中間へのタイムリー2ベースで2点を追加。反撃ののろしを上げる。5回にも7番・櫻山(経3)、9番・塚本のヒットで1死一、三塁とすると、1番・宮川が技ありのスクイズを決め1点を加える。なおも2死二塁とし、続く2番・大塚のライトの頭上を越えるタイムリーでさらに1点追加。9-3と大量リードを奪う。

7回からは塚本に代わって菅原を投入。菅原は危なげのないピッチングで愛知大の反撃を封じる。法大は7回裏に1死一、二塁から、この日攻守ともに絶好調の2番・大塚が右中間にタイムリー3ベースを放ち、ダメ押しの2点を追加。そして迎えた最終回も、菅原がきっちりと無失点に抑え、法大は初戦を見事な勝利で飾ったのだった。

明日は実力のある投手が在籍しているという大阪大学医学部との対戦。いかにして今日のように相手のミスに付け込み、点を重ねられるかが重要となるだろう。さらに、当たっている宮川、大塚に加え、3、4番の奮起にも期待が高まる。

今大会もまだ始まったばかり。初戦の勢いそのままに、全員野球で上へ上へと駆け上ってほしいものだ。

(武田 藍)

試合結果

トータル試合結果

 123456789
愛知大 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
法政大 4 1 0 2 2 0 2 0 11

(法政大)○塚本、菅原‐櫻山
(愛知大)●山口、辻岡、渡辺‐中西

メンバー

打順位置選手
1 (7) 宮川 拓実
2 (4) 大塚 樹生
  4 坂元 頌
3 (9) 西森 雄紀
  9  縣  悠太
4 (3) 西出 清太郎
5 (5) 山本 雄太
  P2 菅原 祥
6 (6) 阿久津 航太
7 (2) 櫻山 大樹
8 (8) 斉藤 大輝
9 (P1) 塚本 裕馬
  5 鈴木捷平

選手コメント

タイムリーを放った山本
 選手コメント

塚本(6回3失点で見事勝利投手に!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
ボールが高めに浮いていて、低めに意識して投げたんですけど…四死球から攻撃のきっかけを作らしてしまいましたね。今日は打線の援護がありましたけど、これからはそうはなかなかいかないと思うので。四死球を少なくして無駄な出塁をなくしたいです。

―調子はいかがでしたか?
今日はボールも走っていましたし、変化球もきれていましたし調子自体はよかったです。

―3回にいきなり崩れましたが?
そこで四球を出して自分からリズム悪くしたと思うので、先頭切っても油断せずに打たせて捕るピッチングをしたいですね。

―タイムの後調子が上がっていきましたね。
投げ急いでしまう癖があるのですが、櫻山がいい時にタイムを取ってくれて自分のタイミングを取り戻せました。

―愛知大の印象は?
最初はストレートだけで抑えれると思って、飛ばしすぎて体力なくなってしまっていたので、最後はかわすピッチングで変化球を多めに投げました。3点取られたのは悔いが残ります。

―6回までの予定だったのですか?
0点に抑えていたら9回まで行ったと思うんですけど、3回で崩れたんで、瀧口さんの方から6回まで頑張ってくれと言われました。

―明日の2回戦に向けて一言お願いします!
投げるにしても投げないにしてもチームの力になれるようにしたいです。打線もいいんで、今日の勢いで優勝までいきたいです!

菅原(2回無失点の好リリーフ!)

―今日の試合について、いかがでしたか?
一勝できてよかったです。まあ、次につながったのでよかったですね。

―チームと個人それぞれの出来はどうでしょうか?
チームは75点ですね。仕方ないですけど、あそこ(3回のピンチ)でゲッツーが成功してたら3失点ではなく1失点で抑えられたので。打撃はチャンスで打てたし、スクイズなど小技でも得点できたので良かったです。
投球については、まあそこそこです。アウトコースのコントロールが良かったので明日もその調子でいきたいです。

―試合展開についてはどう思いましたか?
打線がつながったし、点も取れたので良かったですね。オープン戦ではできなかったつながりのある打線を実現できたことが大きかったです。

―明日の試合に向けてお願いします!
気を抜かず、一戦必勝で頑張ります!!!

大塚(走・攻・守に大活躍!)

―今日は大活躍の3安打4打点でしたね!
最初の1、2打席目はバントが決められなくて結果オーライでした。これからはだんだん相手も強くなってくるので、しっかり決められるようにしたいです。他も外野が浅かったので抜けましたが、本来は捕られると思うので、今日はたまたまよかったんだと思います。

―守備でもかなりボールが飛んできていましたが?
ゴロを打ってくるということはベンチも言ってたので、来ると思って集中していました。

―初戦ということで何か意識はしましたか?
普段から第2試合に弱いですし、開会式や移動もあったので、しっかりアップして体を作っていました。

―チーム全体的にはいかがでしたか?
3、4番が今日は当たってなかったのですが、それを1番の宮川や下位打線でカバーできたのでよかったです。

―明日は大阪大学医学部との試合ですが?
ピッチャーがよく、打線はあまりよくないので、ピッチャーを打ち崩すように。まずは先制点を取って、点差をつけて、ピッチャーを楽にさせてあげられればと思います。明日は大谷なので、大谷が点を取られる前に僕ら打線が点を取ってあげるようにしたいです。

―明日に向けて一言!
中央大が負けたみたいなので、しっかり勝って、優勝目指します!

宮川(ヒットにスクイズに...まさに勝利の立役者!)

―今日の試合はいかがでしたか?
バッティングがよかったと思います。序盤から終盤までまんべんなくチャンスを作れました。

―2安打でしたが、バッティングについては?
昨日素振りしたことが良かったのか、強いゴロやライナーを打てました。フライも打たなかったので、次回もこういうバッティングができるといいですね。

―スクイズの場面もありましたね。
あの時は夢中で、とにかくサード方向に転がそうと思いました。

―相手投手の印象は?
先発の山口投手はピッチング練習からストライクが入ってなかったので、ボール球を見てフォアボールがとれました。左ピッチャーにもついていけましたね。

―何か課題はありましたか?
アウトを取れる所で取れなくて3点入れられてしまったので、普通にやればできることをしっかりやってミスを無くしたいですね。

―試合前の雰囲気は?
試合が始まると気合いが入っていい雰囲気ですね。

―全日の舞台はいかがですか?
1年生でチャンスをもらっているので、チームを引っ張れるように頑張ります。

―明日の試合に向けてお願いします。
今日みたいに大差で勝ちたいですね!

 

フォトギャラリー

  • 100831 01-thumb-160x160-467
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み