準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対東大2回戦 4連勝で首位浮上!後半戦に弾みをつける1勝!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対東大2回戦
2017年4月23日(日)
法大多摩グラウンド

法大が4連勝で首位に浮上した。初回に石橋優一郎(法3)の適時打で先制すると、その後も小刻みに加点し、7回コールドで勝利を飾った。尾崎海晴(社1)は初先発ながら東大打線を圧倒し、6回2安打無失点で勝利投手。週をまたいで5月6日からの立大戦でリーグ戦が再開。そこから3連戦と過密日程だが、法大は優勝の座をつかみ取れるか。

DSC 6293 R
公式戦初先発を6回無失点で締めた尾崎

試合結果

トータル試合結果

 1234567HE
法 大 1 0 4 0 1 3 8 17 18 0
東 大 0 0 0 0 0 0 1 1 3 1
※規定により7回コールド

(法大)〇尾崎、廣田―藤江
(東大)●渡邊、楠、吉田ー佐鳥、近藤

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (5) 萩原幹斗(社4) 報徳学園 4 0 0 2 .250
2 (8) 甲本裕次郎(社4) 鳴門 3 2 3 2 .200
3 (4) 藤口帝(社4) 遊学館 4 2 1 2 .200
4 (7) 鳴川宗志(社3) 鳴門 5 4 3 1 .353
5 (9) 石橋優一郎(法3) 徳島北 5 2 2 1 .238
6 (3) 佐々木勇哉(社2) 花巻東 2 1 1 2 .333
7 (6) 大石智貴(社2) 静岡 2 0 0 1 .333
  6 三品勇人(社3) 報徳学園 2 1 1 0 .222
8 (2) 藤江廣祐(社3) 法政 4 3 2 1 .400
9 (1) 尾崎海晴(社1) 鳴門 3 3 3 0 1.000
  PH 中川大輔(社1) 日大三 0 0 0 1 .000
  1 廣田悠樹(社2) 浦和学院 0 0 0 0 .000

三塁打:藤口(7回)
二塁打:鳴川2(3,7回)甲本(7回)石橋(7回)
盗塁:鳴川3(3,4,6回)甲本(1回)大石(3回)佐々木(4回)三品(7回)萩原(7回)

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
尾崎 6 2 5 0 0 0.00
廣田 1 1 0 1 1 9.00

暴投:廣田2(7回) 

戦評

 1回戦は完封リレーで危なげない試合運びを見せた法大。2回戦は今季の懸念材料とされている打力を見せつけ、打ち勝つゲームで今後のカードに向けて弾みをつけたいところ。

 その中、1回表に法大は石橋優一郎(社3)のタイムリーヒットで先制点を挙げ、幸先のいいスタートを切る。

 法大の先発はルーキー・尾崎。この日初先発となった尾崎は、ノビのあるストレートを中心としたパワーピッチングで1回、2回を無安打で抑える。続く3回表、2死満塁の場面で打席には尾崎。2球目を振り抜くと打球はセンター前へのクリーンヒット。2点タイムリーとなり、自らのバットで援護点を作りだした。その後も安打が切れ目なく続き、この回一挙4得点。5-0とリードを広げる。

DSC 6252 R
打線が先発・尾崎を強力に援護

 法大は5回に甲本の犠飛で追加点をあげる。続く6回にも四球で出塁した鳴川が相手投手の暴投の間に二塁から激走しホームイン。足を絡めた攻撃で点差をじりじりと離していく。そしてこの日既に2安打の尾崎がレフト前の適時打でまたも打点をあげ、猛打賞の活躍。9-0で6回裏へ。

 尾崎は内野安打で出塁を許し、2死二塁のピンチを背負う。この場面で東大の3番・小澤の打球はレフト前に落ちるかに見えたが、鳴川が圧巻のスライディングキャッチ。鳴川は打っては4安打2打点の活躍で、走・攻・守全てで見せ場をつくった。

 勢いに乗った法大は7回、打線が大爆発。長打が次々と飛び出し、打者一巡の猛攻で8点を奪う。17-0の大量リードで7回裏のマウンドは廣田に託される。廣田は暴投から1点を失うものの、東大の反撃はここまで。17-1で、7回コールド勝ちを収めた。

 昨年までの圧倒的な打撃力は鳴りを潜めたかに思われた法大であったが、この試合での猛攻はそういった声をかき消すものであった。王座奪還へ、準備は整った形だ。(戎井健一郎)

監督・選手コメント

本間隆洋監督

―今日の試合を振り返って
試合は点差がついたんですけど、やっぱり内容としては消化不良気味だったと思います。

―具体的には
軽いプレーが多かったといいますか、サインミスもそうですし、そういう部分ではまだまだ改善の余地があるゲームだったと思います。ちょっと雑な部分が見える試合でしたね。

―2カードを戦ってきたわけですが、ここまでの総括をお願いします
慶応との試合は苦しい中で何とか3戦目までいった部分は大きかったと思いますし、昨日と今日の東京大学さんとの試合では、失礼な言い方にはなってしまいますが、相手との力量差を考えるとまだまだうちの打線(の調子)が上がってきていないなというのが逆に強く浮き彫りになったと思いますね。昨日の試合は、序盤の2回に点を取ってから中押しもできず、最後の最後まで苦しみましたし、今日は点差こそ開いたものの本当のバッティングができていないので、まだ(打撃面で本来の力と)違うなということと、(調子が)底の部分なので上げるしかないという意味では気持ちを割り切ってやってくれるのかなと思いました。

―そういったことを踏まえて、空き週での取り組みは
最後のミーティングで言ったんですが、「とにかく振ってくれ」とそれに尽きますね。やはり守備は上達に時間が掛かったり地道にいかないといけないんですが、バッティングは私の持論でもありますが、「やったらやった分だけ即効性がある」というものだと思いますので、本当に勝ちたかったら“数を振ってくれ”と、そう思いますね。

―次戦から3連戦と厳しい戦いが予想されます
仮に打線に自信があるチームでも“打撃は水物”というように、打線に過剰な期待はしてはいけないと思いますが、その中でも空き週にできることは最大限選手たちに頑張ってもらって、あとは少ない得点をディフェンス力、バッテリー中心に戦うといったそういう展開になるのかなと思います。

―5月になって立大戦からまた再スタートですが、意気込みを
室木を軸にしたピッチャー陣に打線が楽に勝たせてあげたいと奮起することに期待して、目指すは全部勝っての優勝ですので、残り3カードでそれを目指して頑張ります。

甲本裕次郎(3打点を挙げる大活躍)

ー今日の試合を振り返って
やっと打線が爆発したので良かったです。

ー甲本選手自身も、ここ数試合なかなかヒットが出ていませんでした
平日の練習でいろんな人にアドバイスをもらって、それを試合で出せたかなと。

ー17得点は自信になったのではないでしょうか
そうですね。これも一つ自信にできたらいいなと思います。

ー1年生の尾崎選手が好投していましたが
高校からの直属の後輩なので、それぐらいはやってもらわないと困りますね(笑)。あれぐらいは当たり前です。

ー空き週に取り組むことは
チャンスでもう一本が出ていないので、練習からチャンスを想定してやっていきたいです。

ー今後の試合に向けて
絶対勝ちます。

鳴川宗志(4番としての責務を十分に果たす)

ー今日の試合を振り返って
今日は打線がつながって、盗塁もできて、うちらしい野球ができた反面、守備走塁で詰めの甘さやミスがでたかなと思います。

ー打撃の調子は
今まで調子が良くなかったんですけど、インパクトの部分をチームメイトからアドバイスもらって、修正したのが良かったのかなと思います。

ー走塁に関して
チームとしては走れる選手がけっこういますね。今年に関しては走っていかないと勝てないと思います。

ー本日の勝利で、法大の打撃力は依然として高いということを証明できたのではないでしょうか
試合でどんな形であろうと17点とれたことは次につながると思います。

ーホームである多摩グラウンドでの17得点ですが、やはりやりやすさはあるのでしょうか
やっぱりホームはやりやすいですね。ボールの見え方とかもけっこう見やすいと思います。

ー今後に向けて
今回は相手のミスにも助けられたので、これからの試合も自分たちの野球ができるように、一人ひとり課題を持って取り組んでいきたいと思います。

藤江廣祐(攻守に大活躍し、チームを勝利に導く)

ー今日の試合を振り返って
東大戦はコールドっていうのを目標に試合を進めていたので、昨日よりはちゃんと回を重ねるごとに得点も重ねられたので良かったと思います。

ー初先発の尾崎投手と組んでリード面で意識したことは
年下の投手なので、自分がしっかり緊張させないように引っ張ってリードしようと思っていました。

ーいつもバッテリーを組んでいるエースの室木投手との違いはありますか
そうですね。室木さんは打者を圧倒しようという感じなんですけど、尾崎は球速は速いんですけど打たせようとしていたりと考えながら省エネ投球をしようという意識があるなという印象ですね。

ー今後、尾崎投手にはどんな投手になってほしいですか
来年以降から柱になってくれる投手になってほしいです。

ーバットの方も好調ですが
いやいや(笑)、今日はたまたまです。

ー次に向けて
次も出場機会があったらアピールして、出場機会を増やしていければいいなと思ってます。

尾崎海晴(先発としての役目を果たし、勝利投手に)

ー今日の試合を振り返って
ストレートが走っていたので非常にいい感覚がつかめました。

ー公式戦初先発でしたが非常に良い内容のように思えましたが
決め球であるスライダーが切れていてとても良かったです。

ー3安打とバッティングも好調でしたが、どんなことを意識していましたか
とにかくセンター返しを意識しました。1打席目の感覚が1番良かったです。

ー法大に入って雰囲気などはどうですか
楽しくできています。

ー今後に向けて
勝ち点を取れるように頑張っていきたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 6293 R先発として堂々の投球を披露した尾崎
  • DSC 6352 Rスリークォーターから放たれる球は威力十分(尾崎)
  • DSC 6546 R甲本は犠飛に適時打と大活躍
  • DSC 6730 R石橋は昨日の試合で開幕からの連続安打は途切れたものの、今日も安打を放った
  • DSC 6831 R鳴川は4番として4安打と機能した
  • DSC 6662 R走塁でも貪欲な姿勢を見せた鳴川
  • DSC 6255 R佐々木は一塁手の座を射止めている
  • DSC 6805 R萩原はこの試合で六大学通算100安打達成とはならなかった
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み