準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対慶大1回戦  2人で手にした完封勝利!! エース竹内の好投を支えた女房役の存在ここにアリ!!!守り勝つ野球で開幕3連勝!!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦対慶大1回戦
2018年4月21日(土)
ネッツ多摩昭島スタジアム

前カードの東大戦を2連勝し、順調なスタートを切った法大。今日からは、慶大と対戦した。優勝のためにも連勝で勢いに乗りたいところだ。試合は、白熱した投手戦を見せたがバッテリー2人を中心とした守り勝つ野球で開幕からの連勝を3とした。

topcopy
バッテリー2人を中心に守り勝った

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2
法 大 0 1 0 1 0 0 0 0 × 2 7 2

(慶大)●村石、出町−高野
(法大)○竹内−乘松

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (3) 佐々木勇哉(社3) 花巻東 4 1 0 0 .364
2 (5) 堀皓貴(社3) 鳴門 3 1 0 1 .250
  5 鎌田航平(社2) 鳴門 - - - - ---
3 (6) 大石智貴(経3) 静岡 4 0 0 0 .250
4 (9) 石橋優一郎(法4) 徳島北 2 0 0 2 .167
5 (7) 鳴川宗志(社4) 鳴門 4 2 0 0 .583
6 (4) 三品勇人(社4) 報徳学園 3 0 0 0 .091
7 (2) 乘松幹太(現3) 新田 3 2 0 0 .364
8 (1) 竹内悠(社4) 藤代 3 1 1 0 .200
9 (8) 中川大輔(経2) 日大三 3 0 0 0 .400
二塁打:竹内(2回)、乘松(4回)、鳴川(6回)

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
竹内 9 7 6 0 0 0.00

併殺:三品−大石−佐々木(9回)

戦評

 3連勝を狙いたい法大は、エース竹内悠(社4)が先発。対する慶大は、昨年から主戦として活躍する村石が先発し投手戦が予想された。

 試合が動いたのは、2回。2死走者なしから乘松幹太(現2)がチーム初安打を放つと、次打者竹内は追い込まれてからの4球目をすくい上げ、打球は右翼線後方へ。これを見た乘松が一気に本塁を陥れ先制の適時二塁打となった。さらに、4回には四球で出塁した走者を一塁に置いた状態から鳴川宗志(社4)が鮮やかにエンドランを成功させ無死一、三塁の形を作ると、次の三品勇人(社4)の内野ゴロの間に追加点を加えた。

 その後は、先発の竹内が毎回走者を出しながらも粘りの投球を披露。「走者が出ても落ち着いて投球ができた」(竹内)と言うように満塁の場面なども難なく抑えていった。終わってみれば、9回無失点の完封勝利。慶大打線に的を絞らせない投球で勝利を大きく手繰り寄せた。

 開幕3連勝で波に乗り始めた法大。昨年の派手な攻撃型の野球とは違った守り勝つ野球で、明日は連勝での勝ち点奪取を狙いたい所だ。(具志保志人)

norimatunakagawahenkou乘松は、先制のホームを踏む

Pick Up

竹内の完封勝利を作り上げた女房役、乘松の『間』

 先制に成功した直後の3回表の守り。2死二塁と同点にされるピンチの場面で慶大1番打者の大町を迎えた。その2球目。甘く入った外角の球を強振され、打球は左翼線へ。わずかに切れファールとなる。入っていれば同点、さらには長打になり逆転のピンチに成りかねなかったこの場面。この一球を見て、すかさずマウンドに駆け寄ったのが捕手の乘松だった。

 竹内の好投が光ったこの試合。一見すれば、竹内一人の投球術で完封勝利を収めたように見えたかもしれない。しかし「今日は、2人で作った試合」と本間隆洋監督が話したように、バッテリーを組む乘松の巧みなリードが竹内の完封劇を作り上げた。

 乘松が特に大切にしているのが『間』を取るタイミングだ。「守備で失策が起きた時、出塁の内容が悪い時には必ず声を掛けています」と語るようにタイムをかけ間を取ることを心掛けている。状況によっては、一球ごとでマウンドに駆け寄ることも珍しくない。それが顕著に出たのが先述した3回のピンチの場面だ。

 2球目が甘く入り、すぐに声を掛けにいったことで竹内を落ち着かせた。そして3球目。芯で捉えられたものの厳しいコースに投げられたことで、打球が野手の正面をつき左飛でピンチを抜け出した。

 「僕がリードするというより竹内さんのベストピッチングができるようにサポートする」(乘松)制球力が生命線となる竹内にとって、投球のリズムを立ち上がりから作っていけるかは大きなポイントだ。それだけにリズムを崩されかけたピンチの場面における乘松の間を作るタイムは、確実に竹内を落ち着かせ、ベストピッチングを引き出した。エース竹内の完封勝利。記録ではそのように残っても、その陰には間違いなく女房役の後ろだてが存在する。明日からの慶大戦も乘松の絶妙な『間』の取り方に注目だ。(具志保志人)

pickup2人で勝利を手にした

監督・選手インタビュー

本間隆洋監督

―今日の試合を振り返って
 バッテリーを中心に本当によくしのぎきったと思います。苦しい試合だったのですが得たものは大きかったのかなという、そういうゲームでした。

―竹内投手の好投がありました
 竹内も昨季から柱としての自覚というのか、一生懸命取り組む学生としての面があるので、ある意味信頼して見ていました。ただそこにバッテリーを組んでいる乘松がいて、竹内一人ではなくて乘松との相乗効果があるのかなと思います。今日の試合っていうのは、そういう意味で2人で作った試合なのかなと感じています。

―今季からは、乘松選手がスタメンで出場を続けています
 やはり藤江にも頑張って欲しいのですが就職活動に入ったための練習量不足ですね。どうしても捕手というポジションを考えるとゲーム感というのが大事なので。元々乘松も良いものを持っていますので、こういう状況で経験を積ませた以上は、そのまま使い続けるという感じで今は、考えています。

―藤江選手と乘松選手の違いは
 それぞれ一長一短があると思うので、お互いなかなかそこは難しい所ですね。投手によってバテッリーを組む相性があるので。お互いに言えることは、投手の良さを引き出すために、かなり苦心してやってくれているのでそこら辺は同レベルですかね。

―乘松選手にアドバイスを送ったりはありますか
 特にないですね。今は、松田や内田といった学生コーチがバッテリーを見てくれてますので。試合中投手の握力がどうかというのは、乘松が1番分かっているので、逆に参考に意見を聞くようにしてます。

―今季のチームの特徴について
 まだまだ弱いというか、昨年の野手8人のうち4人が抜けてご覧なっての通り打撃力というのがですね(笑)。ただこれは、2点しか取れなかったということではなくてシーズン当初から、こういう打撃力が落ちたことは言い続けてきたので、その中でどう相手と競った中で勝っていくかですね。だから今回の2-0というのは、今季のうちらしいバッテリーを中心に守りきるという野球でしたかね。攻撃力、打撃力だけ落ちるとね弱いチームのように見えるのですが、意外とこういうのを自分たちのスタイルにしちゃえば、それが自分たちの勝ち方なんだと言えるのかなと思いますね。

―そのチーム状況の中で、足を絡めた野球が目立っています
 そうですね、エンドランですとか相手をかく乱する野球ができればと思います。

―堀選手も今季レギュラーを獲得しました
 攻撃力の厚みを増そうという意図からですね。関東選手権もなかなか点数が入らないという事で、本来外野手ではあるのですが使ってますね。将来的には、外野に戻そうと思ってます。

―次に向けて
 最後にもミーティングで言ったのですが、今日と同じ試合をやるような感じで決して大勝するとかっていうのはやらずに、競ったなかで苦しみながら勝つという具合で勝ち星を積み上げていければと思います。

 

鳴川宗志(打撃絶好調!プレーでチームを引っ張る!)

ー今日の試合について
僅差の試合でしたが、先発の竹内を中心として守り勝ったという感じです。

ー5番打者として今日の調子は
打線の調子があまりよくないので、自分が粘ってとにかく塁に出ようと思ってやりました。

ーリーグ戦3連勝のチームの雰囲気は
いいと思います。

ー今後の課題は
攻撃で点を取った次の回での守備を、集中力を高めてやっていきたいと思います。

 

竹内悠 (今季初の完封勝利をあげた最上級生エース)

ー今日の試合を振り返って
苦しい試合展開だったんですけどなんとか勝てて良かったです。

ーピンチの場面もあったが
走者が出ても落ち着いて投球が出来たので良かったです。次につながる試合だったと思います。今日左打者が多かったんですけどそこまで苦しい印象はありませんでした。その分右打者にとらえられてしまった場面もありました。

ー打撃面でも適時打を放ちましたが
たまたまですね(笑)。打ててラッキーくらいに考えていたのでとりあえずバットに当てようと思って打席に立ちました。

ー次の打席でも打席に立つ前に本間監督から声を掛けられていたが
色々アドバイスを頂きましたね。「頑張って打てよ」と最後に声を掛けて頂きました。

ー最上級生としてのご自身の役割は
最上級生になっても本当に周りに助けてもらうことが多くて。学生コーチだったりキャプテンの鳴川に色々声をかけてもらっているからこそしっかり投げることが出来ているのだと思います。

ー明日へ向けて
明日は登板がないかもしれませんがしっかりサポートしていきたいと思います。頑張ります!

 

乘松幹太(開幕から正捕手を務め、チームの要として今試合2安打を放つ)

ー今日の試合を振り返って
とりあえず先発が竹内さんだったので竹内さんの制球の良さをいかせるように心がけました。だからどちらかいえば僕がリードするというよりは竹内さんのベストピッチングができるようにサポートをするというイメージで取り組んでいます。

ー投手によってそれぞれどのようなリードを心掛けているか
例えば尾崎は球威があるので、直球で三振を取るとすごく調子が上がって来ます。今日投げた竹内さんの場合は制球力があるのでコースをつくような投球によって調子を上げていくように心がけています。

ータイムを取って投手に声を掛けにいくタイミングは
僕はいつも基本的に守備でエラーが起きた時に間を取るという意味で(タイムを)取っています。出塁の内容が悪い時には必ず声をかけるようにしています。

ー今季は開幕から正捕手としての起用だが理由は
今まで正捕手を務めていた藤江さんが4年生になって就職活動をしなければならなくて練習時間があまり確保できないという理由も含めてコンスタントに試合に出場できる3年生の自分が正捕手を務めることになりました。だから実力というよりもそういう理由で今季は起用されています。僕はあまり打撃には自信がないのでまずは捕手として経験を積み、投手の信頼を得ることが今季は大事だと思っています。

ー藤江選手からかけられた言葉は
藤江さんは昨年からずっと正捕手として試合に出ていたので慶應の打者の情報や苦手なコースなどを試合前や試合中にも伝えてくれるので本当にありがたいです。

ー今日は2安打を放ちました
打撃は自信があるわけではなくて。本当に最低限の役割を確実にやっていこうと思っています。どちらかというと僕は守備でしっかりと機能できるような存在でありたいですね。

ー明日へ向けて
明日の先発はまだ決まっていませんが東大戦で登板した1年生も十分登板する可能性があるので僕がしっかり声かけて守り抜けるように頑張っていきます。

  

フォトギャラリー

  • topcopy今季のリーグ戦を支えていくことだろう
  • takeuti粘りの投球を見せた竹内
  • takeuti2ベンチも一丸となって竹内を鼓舞した
  • norimatu3乘松は、打ってもマルチ安打で仕事を果たす
  • kanntoku監督も頻りに選手へアドバイスを送る
  • hori打撃を買われレギュラーの座をつかんだ堀
  • sasakiこの日も安打を放ちチャンスメーク(佐々木)
  • narukawaマルチ安打を記録した鳴川
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み