準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 優勝コメント集 背中でチームを引っ張った主将・副将編 〜鳴川宗志選手、三品勇人選手〜

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 
2018年5月27日(日)
早大東伏見グラウンド

第2回は、グラウンドの内外でチームに貢献してきた鳴川主将と三品勇人副将だ。鳴川は首位打者を獲得し主将として打線の軸となる働きをした。一方、三品も今季は個人として思うようなシーズンを送れなかったものの華麗な守備や果敢に次の塁を狙った走塁は、監督も「外せない選手」と語るほど成績以上の働きをした選手の一人だ。

 

narukawa
第2回は主将、副将の2人だ

選手インタビュー

鳴川宗志主将

ー今季を振り返って
関東大会で負けて、一からのスタートだと思って挑みました。一人一人がチームの強みや弱点をしっかりと考えてプレーしたシーズンでした。

ー優勝の要因
投手を中心とした堅い守備が光ったからだと思います。打撃も良かったとは思いますが投手中心に守り抜いたイメージがすごく強いです。

ー今季前評判は決して高くはなかったチームだと思うが主将として思うこと
そうですね、最初はやはり個人のことに集中してプレーする人が多かった気がします。けれどリーグに入ってからはチームのことを一人一人がしっかりと考えて取り組んでいた印象が強いです。

ー今季のMVP
乘松ですかね。1年生投手の起用が多い中でしっかりリードをしてくれて、バウンドした球もしっかり捕球してました。そういった部分で投手陣みんなが投げやすかったのかなと思います。

ー全日への課題
プレーは勿論ですけど、チーム全体として礼儀を重んじていきたいと思います。優勝にふさわしいチーム作りというか、試合内外においてもっとマナー面でもしっかりしたいと思います。

ー全日本へ向けて
日本一を獲ります。

 

DSC 0582多くのタイトルを獲得した鳴川

 

三品勇人副将

―リーグ戦全体を振り返って
下馬評というのは低かったと思うのですが、終わってみれば負けたのは立教の1敗だけで後は、2連勝で勝ち点を取ることができたので、戦っていくなかでチームというのが出来上がっていったのかなと思います。

―優勝できた要因
(3月に行われた)関東大会で負けたのが、ある意味優勝できた要因なのかなと思います。ベスト8で負けて自分と鳴川が、どういう風にチームを作っていくか考えましたし、それも後輩含めレギュラーメンバー全員で話し合ったので明確なチームのカラーというのが話し合いで良い形になって進んだのかなと思います。

―副将としての役割
鳴川より自分の方が口うるさいと言いますか、強い言葉で言える部分はあると思うので絞めるところは自分が強く言うようにしてましたね。

―今季のMVPを挙げるなら
鳴川ですね。鳴川以外だったら、それでも鳴川ですかね(笑)。それでも敢えて挙げるなら、乘松が良い活躍をしてくれたのかなと思います。

―全日向けて課題
課題を挙げるなら、チャンスでの一本はずっと課題になると思うのですが、正直打撃は打てて3割とか4割なので、いかにチームとしてベンチで一体となって点を取りにいけるかというのが、勝っていくなかでの課題かなと思います。

―三品選手自身、前半戦は不調でした
春は、前半迷惑をかけていた部分が多かったので、守備と走塁というのはブランクがないと言いますか、不調がないと思うので確実にやれる部分は貢献していましたね。後半は、打撃面でも自分が貢献できるところがあったので後半戦に関しては良かったのかなと思います。

―今季は遊撃手から二塁手に定位置が変わりました
元々高校時代から二塁手だったので、そこは違和感なく入れてますね。二塁手の方が守備範囲を広く守れるので、自分の中では楽しいのかなっていうのはありますね。

―全日に向けて
ここから夏に向けてしっかりと合宿してチームの底上げを行い、今年は日本一目指せると思うので、日本一目指して頑張ろうと思います。

 

DSC 1487誰もが頼れる副将三品

 

フォトギャラリー

  • narukawa
  • DSC 1518
  • narukawa2
  • narukawa3
  • misina
  • misina3
  • DSC 1727
  • misina2
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 april1st

定期購読の申込み