準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 優勝コメント集 元気わんぱく3年生編② 〜大石智貴選手、堀皓貴選手〜

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 
2018年5月27日(日)、6月3日(日)
早大東伏見グラウンド

第4回は、個性溢れる元気な3年生編だ。第2弾では、昨季のけがから復帰し定評のある安定した守備力とパンチ力のある打撃で活躍した大石智貴と勝負強い打撃で今季悲願のレギュラー奪取に成功した堀皓貴の優勝コメントをお届けする。

 

  • ooishi第4回は個性溢れる元気な3年生編だ
 

選手インタビュー

大石智貴

―リーグ戦全体を振り返って
主将、副主将を中心に試合をするたびに強くなっていく団結力が素晴らしかったと思います。僕自身の結果は全然良くないですが、チームが勝てて幸せでした。

―チームが優勝できた要因
やはり本間監督の采配ではないのでしょうか。接戦が多かった今季は苦しみましたし、監督の力っていうのは大きかったと感じました。

―自分の役割について
野球を楽しみたいと思っているのであんまり考えてないですね。守備は完璧にこなしたいです。

―チームのMVPを挙げるとすれば
法政準硬式野球部みんなです。みんなの日頃の練習の成果が試合に現れると思うので、みんなのおかげで勝てました。全員がMVPだと思っています。

―あえて課題を挙げるとすれば
私生活ですね。まだまだ未熟者なので、その辺をしっかりしていきたいです。全日まで時間があるのでいろいろ考えてまたベンチに入れるようにがんばりたいです。

―全日に向けて
仲間の想いを胸に日本一目指してがんばります!

 

堀皓貴

ーリーグ戦全体を振り返って
関東大会の打撃の調子を維持したかったのですが調子を落としてしまったり苦手な守備のミスがでたりで個人的には不甲斐なく思っています。

ー今季の勝因としては
鳴川さん様々じゃないですかね。

ー自身の役割について
めっちゃ打つ役割です。

ーチームのMVPは
乘松くんですかね。立教3戦目のドロドロになった姿をみて心打たれました。よく頑張ってたと思います。

ー課題をあげるとすれば
全日まであと2ヶ月あるので課題はこれからどんどん見つけていきます。

ー全日へ向けて
春リーグの悔しさを思い切りぶつけてたくさん打ちます。

 

 

フォトギャラ

  • ooishi
  • ooisi
  • ooisi2
  • hori4
  • hori
  • hori
  • hori2
  • hori3
 
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み