準硬式野球

【準硬式野球】いざ日本一へ!!全日開幕直前インタビュー!!〜2年生編〜

2018年8月5日(日)
法政大学多摩グラウンド

リーグ戦2連覇で47度目の優勝を飾った法大。そしていよいよ迎える全日本大学選手権(全日)悲願の日本一へ。今回は大会を直前に控えた監督、選手に意気込みを聞いてきた。

syugou copy
先輩たちを影で支える2年生

選手インタビュー

2年生(中川大輔×尾崎海晴×鎌田航平)

―全日に向けてチームの状態
尾崎:昨日、久しぶりに練習試合に勝って状態は上がってきてるのかなと思います。
中川:長打が出えへんのは、ちょっと欠点かなと思っています。打線のつながり的には良くても長打がないので大量得点にはならないかなと思いますね。
鎌田:1点差で勝てたという所が1番デカイかなと思いますね。

―今までのオープン戦は結構、負け込んでいた感じですか
全員:そうですね。
鎌田:点差開かれて負けることが多かったです。

―2年生から見て原因は
中川:失策ですね。リーグ戦の時から失策が多くて、やはりミスをすると点に絡むと思うので、そこが原因ですかね。(鎌田選手に向かって)なぁ、点絡むよな。
鎌田:俺、昨日の失策は点絡んでないから(笑)。昨日は2死からだったので。
中川:失策を減らせば失点は減るのかなと思いますね。

―個人の状態
尾崎:昨日はボチボチ良かったのかなと思います。
中川:自分は、相変わらず打てないですけど小技とか四球で塁に出られているので、状態は悪いですけどチームにそれなりには貢献できてるかなと思います。
鎌田:昨日、出る機会があって打撃は状態が上がってきているので、後は守備で出たときに失策しないようにっていうことだけです。

―初めての全日になるかなと思います
尾崎:4年生は最後の全日なので、最後良い成績をおさめられるように自分は貢献していきたいと思います。
中川:チームのために何か貢献できたら良いなと思います。
鎌田:何も分からないので先輩についていくというか、先輩が長く野球できるように頑張りたいと思います。

―3,4年生は2年生から見て頼りになる先輩だと思います
中川:優しくて本当に良い先輩です。

―3年生と4年生では全然タイプが違うと思います
中川:全然違いますね。3年生、自由にやりすぎですよね(笑)。3年生が自由で4年生がまとめている感じですよね。

―逆に来年3年生は誰がまとめるのか気になるところです
鎌田:堀さんがやってくれるんじゃないですかね、主将になれば。今は、鳴川さんもいるので自由にやってる感じだと思います。(鳴門)高校の時から主将でしたし。

―法大には鳴門高出身の選手が多くいると思います
尾崎:そうですね、監督からの進めと代々先輩がいるので、その流れで入学してきてます。

―それとは対照的に中川選手は日大三出身としてはここ最近で初めて法大の準硬式野球部に入ったと思います
中川:元々は、法政の準硬に入りたい訳ではなかったんですよね。最初は、日大の硬式野球部に行きたいって言ってたんですよ。でも、小倉監督(現日大三高監督)に「お前の実力じゃ無理や」と言われたので、じゃあ準硬式行って大学のレベルを上げたいですって言ったんですよね。そしたら「法政の準硬とかどうや」って言われたので、行かせていただきますっていう流れで入ってきました。

―元々、準硬式はご存知だったんですね
中川:そうですね。先輩の中で国士舘などで準硬をやってる人とかもいるので知ってました。

―現時点で2年生個々人のチームへの役割について
鎌田:迷惑かけないように、それだけだよね。
中川:鳴川さんからは、「何も考えずノビノビやってくれ」と言われているので、その中でもチームのことを考えてプレーすることですかね。
尾崎:(竹内)悠さんが先発で、僕が後になると思うので試合を崩さないようにしたいなと思います。たまに気が抜けるときあるので、集中して投げたいです。
鎌田:自分は、レギュラーではないので出たら思いっきりプレーすることですかね。

―尾崎選手、鎌田選手は高校から同じチームだと思いますがお互いの良さを挙げるとすれば
尾崎:守備に関しては、高校の時は失策したのを見たことがなかったんですよね(笑)。
中川、鎌田:(笑)。
尾崎:三塁手は、苦労してるなというイメージがあります。
中川:それ良さちゃうやん(笑)。
尾崎:良さは、打撃じゃないですかね。彼はなかなか三振はしないので、そこがすごいところかなと思います。
鎌田:尾崎は、高校の時から短いイニングとか任されることが多くて、そこをしっかり締めてくれて次につなげてくれるというのがあるので、全日でも期待したいなと思います。

―全日はリーグ戦と違いトーナメント戦になります
尾崎:トーナメントは、負けら終わりなのでね。
鎌田:トーナメントだからって考えてること全然ないな。
中川:勝つことだけですかね。

―特に監督も初戦が大事だとお話がありました
中川:そうですね、なんか強いらしいやんな。
鎌田:去年ベスト4らしいだよ。
中川:毎回、毎回全日出てるらしいで。
尾崎:そりゃ強い。
鎌田:松下(鳴門高時代の先輩)さんが負けたらしいで。
中川:まぁ投手が抑えたら勝てると思います。

―全日優勝に向けてキーマンを挙げるとするなら
中川:自分がキーマンになるでしょ(笑)。
尾崎、鎌田:(笑)。
中川:でも、俺が打ってる試合って大量得点やんな。
鎌田:確かにそうやな。
中川:リーグ戦は9番か2番で、最近は2番をよく打たせてもらってるのですが、とにかくつなぎ役ですよね。

―2番打者ということで、前には佐々木選手、後ろには鳴川選手と好打者が並ぶと思います
中川:だから、自分は楽なんですよ。佐々木さんもリーグ戦では初回に出ることがめっちゃ多くて、自分が2番だと犠打しか考えなくていいので、犠打をやって1死二塁、2死三塁の形で鳴川さんが返してくれるみたいなパターンでめちゃくちゃ楽なんですよね。

―尾崎選手は乘松選手と話すことはありますか
尾崎:自分は厳しいところを狙って投げているんですけど乘松さんからは、アバウトで良いと言われますね。それで、思いっきり投げろということと、無駄な四球を出すなということを言われますね。

―2年生の学年自体の雰囲気について
中川:どうなんですかね
尾崎:真面目なんじゃないですかね。自主練している人も多いですし。
中川:逆にみていてどうですか。
記者(具志):3年生も今は個性が強いイメージがありますが、1年生の時は静かだったので学年が上がればまた変わってくるのではないですかね。
鎌田:なれる(笑)?。あの(個性が強い)1個上がおって、騒げる(笑)。
中川:でも俺は、たまに中堅で騒ぐことあるけどな(笑)。

―やはり3年生はすごいんですか
中川:3年生すごいですよ。
鎌田:海津さんとかは、本当にすごいですよ。あの人のトーク力半端ないです。
中川:ずっと話してますよ。佐々木さんとかも。でも、やることはやるんですよ。そういう所も本当にすごいんですよ。
鎌田:抜く所は抜いて、やる所はやるっていう感じです。

―昨年の代よりも今年は弱いと言われながら春は昨年の成績を上回って優勝しました
中川:去年の4年生は全部背負ってたんですよね。あの人たちが活躍しなければ勝たれへんみたいな。だけど今年は、4年生以外の佐々木さんとかが活躍したので4年生の負担が少なかったんじゃないですか。

―全日の目標
尾崎:4年生と長く野球やるためには、決勝までいかないとダメなので、そこは頑張りたいです。
中川:個人の目標は全試合安打を打つことです。チームの目標は優勝です。
鎌田:出場機会があれば無失策で、最終的に優勝できればいいかなと思います。

(取材:具志 保志人)

中川大輔

社会学部2年
東京都・日大三高校出身 外野手

尾崎海晴

社会学部2年
徳島県・鳴門高校出身 投手

鎌田航平

社会学部2年
徳島県・鳴門高校出身 捕手

フォトギャラリー

    • syugou copy先輩たちを影で支える2年生
    • nakagawaつなぎ役としての活躍が期待される中川
    • ozaki自慢の豪速球を浜松の舞台でも見せてくれ(尾崎)
    • kamata鎌田は内野の控えとして虎視眈眈と出番を伺う

 
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み