準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早大1回戦 秋の主役は譲らない! 尾崎による完封劇&大石智の先制本塁打で清瀬杯覇者早大から先勝する!!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早大1回戦
2018年9月16日(日)
早大東伏見グラウンド

開幕戦を2連勝で好調な滑り出しを見せた法大。今カードから早大と対峙(たいじ)する。早大は昨季のリーグ戦は3位に終わるも、今夏に行われた清瀬杯では優勝を果たすなど昨季よりも着実に力をつけてきた。勝ち点奪取のためにも重要となる第1戦。試合は、両校の好投手による白熱の投手戦が繰り広げられた。

ozaki1
完封勝利を果たした尾崎

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2 5 0
早 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1

(法大)○尾崎−乘松
(早大)●杉山、前田−吉田

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (8) 大石悠月(経2) 静岡 4 0 0 0
2 (6) 大石智貴(経3) 静岡 3 1 1 1
3 (7) 鳴川宗志(社4) 鳴門 4 0 0 0
4 (9) 石橋優一郎(法4) 徳島北 3 1 1 1
5 (5) 江間大賀(スポ4) 法政 4 0 0 0
6 (3) 岸祐介(スポ4) 法政 2 0 0 1
  PH 佐々木勇哉(社3) 花巻東 1 0 0 0
7 (2) 乘松幹太(現3) 新田 4 1 0 0
8 (1) 尾崎海晴(社2) 鳴門 3 1 0 1
9 (4) 三品勇人(社4) 報徳学園 3 1 0 0
本塁打:大石智(3回)
二塁打:尾崎(9回)
盗塁:三品(8回)
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
尾崎 9 6 4 1 0

併殺:尾崎−大石智−岸(4回)

 

戦評

 エースらしい圧巻の投球だった。投手戦が予想された第1戦。法大の先発は、前試合制球を乱し苦しい投球になった尾崎海晴(社2)。この日の尾崎は、立ち上がりから安定した投球を見せ序盤は、テンポ良くアウトカウントを積み重ねていく。
尾崎の好投に応えたい打線は3回、2番大石智貴(経3)が直球を振り抜くと、打球は左翼スタンドへ。これが左越え本塁打となって法大が1点を先制し、試合を優位に進める。
 その後も尾崎は、安打は許すものの打たせて取る投球を展開。4回に先頭打者を出したかと思えば、次打者を投ゴロに取り併殺打、5回にも先頭を出し得点圏に走者を置かれるが落ち着いて左飛に難なく抑えた。
 試合は、尾崎の好投もあり1-0で1点リードと予想通り緊迫の投手戦を見せる。法大は大石智が本塁打を打った3回以降、終盤まで無安打と相手先発杉山に完全に抑えられ、次の得点が勝負の分け目に思えた。そして迎えた8回表、この回先頭の9番三品勇人(社4)が、野手の前でバウンドが変わるラッキーな形の内野安打で久しぶりに出塁すると、そこからバントミスなどが重なり2死一塁となるも、3番鳴川宗志(社4)の所で隙を見て三品が盗塁。これが見事に成功し、得点圏に走者を置いた。ここで3番鳴川の打球が二塁手の正面へ。しかし、走者が得点圏にいてプレッシャーになったか二塁手がこれを失策。2死一、三塁となる。そして迎えるは4番石橋優一郎(法4)。追い込まれてからの5球目だった。綺麗に捉えた打球は、三遊間を真っ二つに割り左前適時打に。貴重な追加点を挙げた。
 尾崎は、終盤も集中力を切らさない。「今日はとにかく低く投げました」との言葉通り最後まで直球、変化球とも低めに集めて早大打線をシャットアウト。奪った三振の数も、尾崎にしては珍しく4個と、いかに打たせて取ったアウトが多かったかが伺える。優勝へ向け、清瀬杯覇者、早大から先勝できたことは大きい。次戦も勝利し連勝での勝ち点奪取を狙いたい所だ。

syugou追加点を挙げ盛り上がるベンチ

 (記事:具志保志人)

選手インタビュー

大石智貴(先制となる本塁打を放つ活躍)

―今日の試合を振り返って
尾崎も頑張ってくれて接戦を勝ちきれたのが良かったのかなと思います。

―本塁打の場面について
2死で走者がいなかったので、ちょっと狙ってみようかなという気持ちでやっていて(打球は)完璧ではなかったのですが、入ってくれて良かったです。

―打撃が好調のように思えます
調整が上手くいってる感じですね。自分の中で、バットがスムーズに出る感じがあるので良い感じですね。

―ここの所は、打順も2番に上がりました
高校の時から2番を打っていたので、あんまり違和感なく、むしろしっくりしてる感じで打席に入れてるのかなと思います。

―今季の打撃面での目標
欲張らないことですね。

―次に向けて
明日もこういう試合になると思うので、明日勝って2タテで決めたいと思います。 

 

尾崎海晴(エースとして頭角を現す完封勝利)

―今日の試合を振り返って
今日は相手が早大で、六大学屈指の(杉山)投手で、試合前のミーティングで1-0か2-0で勝とうと話していたので、それを実践できて良かったです。

―前回の登板と比べて良い投球でした
前の試合は、甘いスライダーを打たれていて今日はとにかく低く、ショーバンしてもいいくらいで投げていました。

―乘松選手と事前に話したりとかはありましたか
乘松さんが今日は球がきてると言ってくれたので、あんまり力まずに軽く投げる感じで打たせていきました。

―今後もカードの頭を任せられると思います
2戦目の先発が石橋錬で良い投手で、負けられないので、僕も頑張っていきたいと思います。

―次に向けて
次も完封できるように頑張っていきたいです。 

  

フォトギャラリー

  • ozaki1完封勝利を果たした尾崎
  • ozaki2打撃面でも活躍(尾崎)
  • ooisi1試合を決める本塁打を放つ大石智
  • ooisi2大石智は今季好調を維持
  • isibasiyuu貴重な追加点をたたき出した石橋優
  • ema軽快な守備を見せた江間
  • norimatu投打にチームを支える乘松
  • misina三品は走攻守で大きな役割を果たす 
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み