準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対慶大1回戦 西村が10奪三振の好投!!打線は立ち上がりから得点を重ね、1回戦を快勝で次戦へつなぐ

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦
対慶大1回戦
2019年4月20日(土)
府中市民球場

開幕戦で明大に勝利し、波に乗った法大。今季2カード目は慶大との対戦となった。西村勇輝(経2)の好投で、慶大打線を1点に抑えると、打撃は2回に乘松幹太(現4)の適時二塁打で先制。3回には鎌田が追加点をあげるなど投打がかみ合った試合となった。

 

nishimura R
1回戦勝利に貢献した西村

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 10 1
法大 0 1 3 0 0 0 0 0 × 4 9 0

(法大)〇西村−乘松
 (慶大) ●神田、猪砂、木田、淺野、出町ー高野

二塁打:乘松(2回)、鎌田(3回)
盗塁:堀(7回)
併殺:鎌田-大石智-佐々木(4回、8回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (5) 堀江悠介(経2) 健大高崎 4 1 0 1
2 (6) 大石智貴(経4) 静岡 2 1 0 1
3 (9) 佐々木勇哉(社4)  花巻東 4 2 0 0
  9 大石悠月(経3) 静岡
4 (4) 鎌田航平(社3) 鳴門 4 1 1 0
5 (3) 土倉徳(社4)  遊学館 2 1 1 0
6 (7) 堀皓貴(社4) 鳴門 3 0 0 0
  7 八木達也(社2) 日大三
7 (8) 中川大輔(社3) 日大三 4 1 0 0
8 (2) 乘松幹太(現4) 新田 3 1 1 1
9 (1) 西村勇輝(経2) 日本文理 3 1 0 1
※通算打率はカード終了時に掲載させていただきます。

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
西村 9 10 10 3 1 0.95

 

戦評

 開幕カードで勝ち星を奪取した法大。今季2カード目の慶大との1回戦は攻守ともに引き締まったプレーを見せた。

 先発の西村勇輝(経2)は初回から2安打を放たれるも、以降は強気の投球を見せる。2回には三者連続の奪三振で法大ベンチを沸かせるなど、圧巻の投球を披露。今季3勝目をあげた。

 西村の好投に、立ち上がりから打線が応える。2回に2死から中川大輔(社3)が右前安打で出塁すると、暴投の間に二塁へ進塁。その後8番乘松幹太(現4)が左翼線への鋭い適時二塁打を放ち、中川が生還。先制に成功する。3回にも1番堀江悠介(経2)が中前安打で出塁すると、続く大石智貴(経4)の犠打で進塁。その後、佐々木勇哉(社4)が左前安打で出塁し、1死一、三塁の好機を作る。ここで打席に立ったのは4番鎌田航平(社3)だった。鎌田の打球は右翼線への適時二塁打となり、堀江が生還。加えて、5番土倉徳(社4)の犠飛や敵失でこの回3点を追加した。

 完封ペースで投球していた西村だったが、8回に四球で出塁を許すと二者連続で安打を浴び、1点を返される。9回は1死一、二塁とピンチを迎えるも、打たせて取る投球に切り替え、慶大打線に流れを渡すことなく試合終了。1回戦を勝ち星で飾った。

 立ち上がりの攻撃は、犠打や慎重な走塁で得点を重ねた法大。新チーム始動から公式戦をこなしていくうえで、細かなプレーにまでこだわった日々が実を結んだ試合となった。今季2つ目の勝ち点奪取へ向けて、視界は良好だ。

(記事:梅原早紀、写真:磯田健太郎)

kamada R

2回に適時二塁打を放った鎌田

選手インタビュー

乘松幹太(2回に先制打を放つ活躍)

-今日の試合を振り返って
今日は本当に西村がよく頑張ってくれたと思います。西村はここ最近ずっと調子が良かったので、少ない得点でも勝つことができると話していたこともあり、早いうちから点を取れたことが良かったです。理想通りの試合になったかなと思います。

-西村選手に試合中に声をかけていたがバッテリーで修正した点は
本当にリーグ戦に入った時から西村は何も触らなくていいようなほど状態が良かったので、基本的には自分の思うように力を込めて投げてこいという話はしました。もともと力が入りやすい性格なので、その点を上手く力を抜いてプレーできるようにという話し合いはしました。

-力を入れてしまうとは
そうですね、やはり西村は打たせてアウトカウントを増やしていくというよりはむしろ三振を取っていきたいという思いが強いと思っています。そういった点で追い込まれた時に力みがちなので打たせて取る場面も必要だとよく話をします。

-先制打を放ったが
先週の明大戦は守備でも打撃でも足を引っ張ってしまいました。その分活躍したのが南(太貴、営3)でした。彼は僕と同じように一般入部生ながらも、練習をたくさんしているところはよく見ていたので、やはりその点は僕自身見習ってバットを振る回数を増やし、調子がいい選手に聞きながら練習をしました。その結果が今日少し出たのではないかと思いました。

-副将としてチームの役割は
全体のことは堀や大石がやってくれているので、僕自身は投手陣をまとめている状態です。ですから副将という意識は自分の中でそれほど感じてはいませんが、しっかりと監督やコーチ陣と相談しながら活動しています。

-明日に向けてひとことお願いします
今日は勝てたのですが、明日も決して気を抜ける相手ではないのでより一層気を引き締めて明日2連勝をして今週のカードを終えることができるように頑張りたいです。

鎌田航平(3回に適時二塁打を放った)

-今日の試合を振り返って
慶應にはいつも苦戦しているので、1戦目を勝ててよかったです。

-慶大の印象は
投手が良くて、野手も小技を絡めてくるので、対応が難しいプレーをやってくるチームだと感じています。

-試合を通してチーム全体が締まっていたが
明治、慶應と続くこの2カードが一番大事じゃないかという話はしていました。そこでまず明治に勝てたので、その勢いのまま慶應にも勝とうという意気でした。

-3回に追加点となる適時打を放ったが
外角のボールに全く踏み込めずタイミングもあっていなくて、その時に内角に来たボールを振り抜いたら前に飛びました。本当に偶然です。

-チームの失策は0、併殺も2つ奪ったが内野陣で取り組んでいることは
冬の間に大石(智貴、経4)さんを中心に色々な守備練習に取り組んで基礎を固めたので、それで失策は減ったと思います。

-西村投手に声をかけることもあったが
あまり球速を意識するな、などは言いましたが、特別なことは話していませんね。

-2試合連続で4番に座ったが
僕自身4番を打つタイプではないと思っているので、あまり気負わないように自分のバッティングを意識しています。

-昨年は自身にとってどんな一年だったか
昨年は夏の全日からだんだんと試合に出させていただくようになったのですが、守備の不安から途中交代することが多い一年でした。
それを踏まえて、今季は1試合フルで出ることを大事にしようとはしています。

-チームの中心である3年生になったが
今は4年生がいらっしゃいますが、自分たちの代がもうすぐに来るとは思っていて、自分や(中川、社3)大輔が中心になる自覚はありますね。

-チームの雰囲気は
とても良いです。

-堀選手はどんな主将か
高校の時から主将を務めている方なので、とてもやりやすいチームを作ってくれていると思います。

-今後に向けて
ベストナインはひとつの目標なので、そこを目指して頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • norimatu R先制打を放った乘松
  • sasaki R今季は右翼手と一塁手とマルチに活躍する佐々木
  • kamada R3回に適時打を放った鎌田
  • nakagawa R前カードから好調を維持する中川大
  • horie R1番打者として出塁率の高い堀江
  • nishimura R1回戦勝利に貢献した西村
  • DSC 0779 R堀の生還に湧く法大ベンチ
  • DSC 0571 R西村の好投をねぎらうベンチ
  
 
 
 
 
 

最近の記事

 

6スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み