準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対東大2回戦 5回まで1点差の手に汗握る展開も、その後は打線が機能。8回コールドで危なげなく勝利!!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦
対東大2回戦
2019年5月5日(日)
法大多摩グラウンド

第1戦はまさかの敗戦となった東大戦。第2戦の先発を任されたのは尾崎海晴(社3)。法大打線は初回から鎌田航平(社3)の適時打などで先制するもその裏に4失点。5回まで激しい打ち合いになるも、6回以降は相手の守備の乱れや打線が機能し10点差をつけ勝利した。

haru R
4回以降試合を立て直した春

試合結果

トータル試合結果

 12345678HE
法大 2 1 3 2 0 3 2 4 17 16 2
東大 4 0 3 0 0 0 0 7 12 7
※大会規定により、8回コールドゲームとなった。

(法大) 尾崎、○春−乘松
(東大) ●田中、萩野、楠ー中村

二塁打:大石智(5回、8回)、中川大(6回)、乘松(6回)
三塁打:鎌田(7回)
盗塁:鎌田(1回)、大石智(3回)、佐々木(4回)、中川大(7回)
併殺:土倉(3)-大石智(6)-鎌田(4)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (5) 堀江悠介(経2) 健大高崎 4 0 0 2
2 (6) 大石智貴(経4) 静岡 2 2 0 2
3 (9) 佐々木勇哉(社4)  花巻東 5 1 1 1
4 (4) 鎌田航平(社3) 鳴門 4 2 2 2
   4  前川陸(経4) 法政 
5 (3) 土倉徳(社4) 遊学館 4 1 1 1
6 (7) 堀皓貴(社4)  鳴門 6 2 3 0
7 (8) 中川大輔(社3) 日大三 4 4 3 2
8 (2) 乘松幹太(現4) 新田 6 3 2 0
9 (1) 尾崎海晴(社3) 鳴門 2 1 1 0
  1 春翔一朗(経1) 静岡 2 0 0 1
※通算打率は対戦カード終了時に掲載致します。

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
尾崎 2 2/3 8 1 1 6 14.21
5 1/3 4 7 3 0  4.01 

 

戦評

  第1戦で2014年春以来10季ぶりに東大に勝ち星を落とした法大。今季未だ勝ち点を落としていないがゆえに、第2戦は立ち上がりから試合展開が激しく動いた。

 初回から1番堀江悠介(経2)が四球で出塁すると、続く2番大石智貴(経4)が犠打で送り、3番佐々木勇哉(社4)も四球を選ぶ。ここで4番鎌田航平(社3)の打席で、東大先発の田中恒輝が暴投。その間に堀江は三塁、佐々木が二塁へ進み、1死二、三塁の好機が訪れる。鎌田は田中が放った6球目を鋭く振り抜くと、その打球は右前適時打となり堀江が生還。続く5番土倉徳(社4)の中犠飛で1点を追加し、幸先良く先制に成功する。しかしその裏、東大打線も食らいつく。先発の尾崎海晴(社3)が2番山本倫太郎に中前安打で出塁を許す。その後2死まで追い込むも、4番以降に四球と3者連続で安打を許し、4失点。出鼻をくじかれる展開に。

 その後2回に1点を返し、1点差とする。3回表は相手の守備の綻びにつけ込む。先頭の大石智が四球で出塁。その後盗塁を試み、成功。同じタイミングで相手投手が暴投。その間に大石智は三塁へ。続く佐々木の放った打球を二塁手中里一星が後逸。大石智が生還し、同点に追いつく。その後も佐々木がボークで二塁へ進塁し、鎌田が四球で出塁。土倉が右飛で倒れるも、6番堀皓貴(社4)の進塁打で2死二、三塁の好機を得る。7番中川大輔(社3)の打球が投手のグローブをはじき、中前適時打に。この間に佐々木、鎌田が生還。勝ち越しに成功する。

 しかしその裏、1死から6番海老原樹が中前安打で出塁すると、すかさず盗塁し走者は二塁へ。そして7番中里の打球を二塁手鎌田が後逸。この間に走者が帰り、1点を返される。その後の打者を打ち取り2死とするも、続く打者に適時打を浴び失点。ここで尾崎が降板。二塁走者を背負い、春翔一朗(経1)が継投。代わり端に1番木村将貴に左中間に適時二塁打を浴び、逆転を許す。それでも、3回以降は春がテンポよく投げ込み、4回からは無失点に抑え、試合の流れを作った。

 春の好投が試合の流れを変える。4回表、先頭の堀江が四球で出塁すると大石智の打席で相手投手が暴投。その間に堀江は二塁へ。大石智が犠打で送ると、続く佐々木が右前適時打を放ち、堀江が生還。再び同点に追いつく。その後、佐々木は盗塁し二塁へ進むと4番鎌田が四球を選び出塁。土倉が右飛で倒れるも、7番堀の左前適時打で鎌田が生還。堀の適時打で2回目の勝ち越しに成功する。前半を8-7と1点差で折り返す。6回は敵失などで好機を作り、6番堀、8番乘松幹太(現4)の適時打などで3得点。7回以降もだめ押しの6点を追加し、8回までに10点差をつけ大会規定により8回コールドで試合終了。第2戦はおよそ3時間の死闘を制し、勝ち星をあげた。

(記事:梅原早紀、写真:村井美咲)

nakagwa R

今試合猛打賞の活躍を見せた中川大

選手インタビュー

中川大輔(今試合猛打賞の活躍)

ー今日の試合を振り返って
序盤自分たちが先制することができて、いい流れを作ることができたのですが逆転されてしまいました。投手が苦しかった分、野手が頑張った試合だと思います。

ー先発の尾崎選手について
今日尾崎は久しぶりの先発だったので、気楽にいけよと声をかけました。

ー今試合は全打席出塁だったが
全部ラッキーでしたね(笑)。ベンチからも「お前は今日ラッキーボーイや!」と言われていましたが、本当にその通りだとおもいます。昨日打てなかった分、今日は気合を入れて絶対に打とうと思いました。

ー3回も好守備を見せたが
そうなんですけど、失策もしてしまったので反省しかないです。もともと守備のために試合に出させて頂いてると思っているので、もっと練習します。

ー試合を重ねるにつれ下位打線も厚みを増しているが
東大戦が始まる前に乘松さんと2人でご飯を食べに行く機会がありました。そこで「自分たち2人でヒットをたくさん打ちましょう!」という話をしました。乘松さんも今日安打を打っているので、後ろの打席にも乘松さんがいると思い心強く思っています。

ー第3戦に向けて
東大に勝ち点を落とすわけにはいかないので、全員でプレーする気持ちで勝ち点を取ります。頑張ります!

春翔一朗(4回以降無失点に抑える)

ー今日の試合を振り返って
今日は途中からの投球だったのですが、試合のテンポを上げたいと思って頑張りました。

ー登板は予定されていたのですか
いえ、急に肩を作るようにと言われました。でも、ベンチに入った以上は投げられるようにはしていました。

ー大学リーグ戦で初勝利となりました
今まで勝てなかったので、素直にうれしいです。

ー3回以降の守備のテンポを作ったと思うが
自分は高校の時からテンポの良い投球というか、打たせて取るというのが持ち味でした。今回の試合ではそれを出せたのかなと思います。

ーこれまでのリーグ戦を振り返って
負けてる試合は全部自分の試合だったと思うので、チームに貢献できて良かったです。

ー第3戦に向けて
まだ勝ち点を落としてないので、次の東大戦もしっかり取って、優勝したいと思います。

フォトギャラリー

  • haru R4回以降試合を立て直した春
  • hori R安定した打撃を見せる堀
  • norimatu R2打点をあげた乘松
  • ooishitomo R大石智は2盗塁と走攻守の3拍子をそろえる
  • tuchikura R土倉は初回に犠飛を放ち、追加点をあげる
  • kamada R先制打を放った鎌田
  • nakagawa R中川大は猛打賞の活躍
  • hori2 R堀は敵失の間に走り見事生還
  • ozaki R先発尾崎は7失点とほろ苦い結果に
 
 
 
 
 

最近の記事

 

6スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み