準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対立大1回戦 先発西村が今季5勝目をあげる好投で第1戦を快勝!!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦
対立大1回戦
2019年5月11日(土)
早大東伏見グラウンド

今季リーグも折り返しを迎えた。単独首位で今季4カード目は立大と対峙。1回に1点を失うも、西村勇輝(経2)の適時二塁打打で同点に追いつくと、6回には相手バッテリーのミスで勝ち越しに成功。その後も主将堀皓貴(社4)の適時打などで点差を広げる。第1戦に勝利し、明日の第2戦に挑む。

DSC 1485 R
西村の適時打で堀が生還

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立大 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2 4 2
法大 0 0 0 0 1 3 0 0 × 4 6 1

(法大) 〇西村−乘松
(立大) ●大森、竹生、松原ー坂井

二塁打:西村
盗塁:大石智(7回)
併殺:堀江(5)-鎌田(4)-土倉(3)(9回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (5) 堀江悠介(経2) 健大高崎 4 1 0 0
2 (6) 大石智貴(経4) 静岡 3 1 0 0
3 (9) 佐々木勇哉(社4)  花巻東 4 1 0 0
4 (4) 鎌田航平(社3) 鳴門 3 0 0 0
5 (3) 土倉徳(社4) 遊学館 3 0 0 0
6 (7) 堀皓貴(社4)  鳴門 4 2 1 0
7 (8) 中川大輔(社3) 日大三 2 0 1 0
8 (2) 乘松幹太(現4) 新田 3 0 0 0
9 (1) 西村勇輝(経2) 日本文理 3 1 1 0
※通算打率は対戦カード終了時に掲載致します。

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
西村 9 4 6 3 2 2.05 

 

戦評

  今季リーグも後半戦へと突入した。未だ勝ち点を取りこぼしていない法大は、今季優勝の行方を左右する立大との一戦に臨んだ。

 先発のマウンドに上ったのは西村勇輝(経2)。前カードまで既に4勝をあげている右腕は立ち上がりからテンポ良く投げ込み、2回までを無安打に抑える。しかし、3回には1死から捕逸により振り逃げ出塁を許すと、続く打者の犠打で2死二塁のピンチを招く。ここで3番高岡昇平に高めに浮いた球を捉えられる。打球は左翼線を破る適時二塁打となり、走者が生還。先制を許した。

 しかし、今季先発として経験を積んできた西村はその後落ち着いた投球を見せる。4回には先頭から2者連続で三振を奪うと、続く5回も三者凡退に抑える。好守は試合の流れを引き寄せた。5回裏、先頭の6番堀皓貴(社4)が内野安打で出塁すると、その後進塁打で2死二塁と同点の好機を得る。ここで9番西村が打席に立つ。高めの球をとらえ、打球は右中間へ。これが適時二塁打となり、走者堀が生還し同点に追いつく。

 6回には西村の活躍に野手陣が応えるように、打線が奮起する。先頭の大石智貴(経4)が敵失で出塁すると、3番佐々木勇哉(社4)の中前安打で無死一、三塁の好機を得る。その後4番鎌田の打席で相手投手が暴投。この間に大石智が生還し、勝ち越しに成功。鎌田は四球を選び、5番土倉徳(社4)の犠打で進塁。1死二、三塁と依然として得点圏に走者を置く。前打席で好機を作った堀が打席に立つと、フルカウントから振り抜いた主将の一打は左前適時打となり、走者が生還。続く中川大も中犠飛で得点を重ね、この回3得点。8回表に1点を失ったものの、6回の攻撃が功を奏し、第1戦を勝利で飾った。

 「今カードは連勝して、優勝につなげたい」(佐々木)と試合後語ったように、今季前半戦は全カードが第3戦へもつれ込む苦しい戦いを続けてきた。2年連続、春の覇者へ。今カードで4つ目の勝ち点を奪取し、今季優勝へ王手をかけたいところだ。

(記事:梅原早紀、写真:村井美咲、磯田健太郎)

DSC 1356 R

西村(左から2人目)は今季5勝目をあげた

選手インタビュー

大石智貴(内野手陣をまとめる副将)

-今日の試合を振り返って
ロースコアの展開でしたが、西村(勇輝)が粘ってくれて、打線もつながっていい感じに得点して勝ててよかったです。

-立大の印象は
勢いに乗せると怖いイメージなので、そうさせないように守りました。

-今季は盗塁を決めることが多いが
足を絡めた攻撃は今年のチームでは大切にしていることです。また、長打というのはなかなか打つことができるものではなくて、盗塁をすればその分進塁することができるので、こだわってやっていますね。

-内野手の責任者として、他の内野手に指導していることは
打撃が得意な選手が内野手に多いので、一つ一つのアウトを丁寧に取ることを大切にしています。

-2番打者として求められていること、自身で意識していることは
堀江が出塁してくれるので、自分がそこからよりチャンスメイクをどれだけできるかということを意識していますね。

-チームの課題は
打つ力がまだまだ足りていないと感じているので、もっと振りこんで、つながりのいい打線を目指したいです。

-今後に向けて
2戦で終われるように、しっかり準備して臨みたいです。

佐々木勇哉(好機に安打を放つ活躍)

-今日の試合を振り返って
優勝を左右する大事な一戦に勝つことができて、本当に良かったと思います。

-立大の印象は
打撃も良くてまとまったチームだとは思いますが、そこまで苦手意識はないですね。

-前半戦を振り返って
チームとしては毎試合3戦目まで行ってしまって、投手陣のおかげでなんとか勝てている状況なので、もう少し野手が助けてあげたいですね。

-自身の調子は
すごく悪いです。自分が足を引っ張っていると思うので、残り2カードで調子をあげて少しでもチームに貢献したいです。

-今季は外野も守るが
高校時代も外野を守っていたのでそこまで特別感はないですが、ベンチまで遠いので移動が大変ですね。

-チームの課題は
守備のもったいないミスだったり、2死から点が取れなかったり、詰めが甘いところがまだまだあると思います。

-今後に向けて
ここまで2戦で決めることができていないので、今カードは2連勝して、優勝につなげていきたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 1485 R西村の適時打で堀が生還
  • hori R2安打と気を吐いた主将堀
  • ooihsitomo R大石は走攻守にわたる活躍を見せる
  • DSC 1534 R6回に中前安打を放った佐々木
  • kmamada R鎌田は打球を捉えるも、安打ならず
  • horie R初回に左前安打を放った堀江
  • nishimura R西村は5回に同点打を放つ
  • nishimura2 R今季5勝目をあげた西村
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み