準硬式野球

【企画】新人特集 法大を背負う未来のスター候補を発掘せよ!俺たちが選ぶイチ押しNO.1ルーキー 〜準硬式野球部編〜 

新人特集~準硬式野球部編~
2019年8月23日(金)

 昨年に続き、今年も新時代を担う1年生ルーキーたちをスポホウ記者がご紹介。法大に入学してきた1年生ルーキーのこれからの活躍を見逃すな!今回は準硬式野球部の堀尾浩誠選手を取り上げる。

IMG 17282 R800
新人特集~準硬式野球部編~ 堀尾浩誠

新人特集:堀尾浩誠

師の姿を胸に信頼される扇の要へ

 「誰からも信頼される選手になりたいんです」。そう語るのは堀尾浩誠(社1)。春季リーグ戦には1年生ながら3試合に出場、内2試合で先発マスクをかぶり、法大準硬式野球部で厳しいレギュラー争いに加わっている期待の新星だ。

 高校野球の聖地、阪神甲子園球場のお膝元である兵庫県に生まれ、小学校2年生から野球を始めた。地元の中学校で野球を続け、高校は地元の名門報徳学園高に進学した。甲子園には高校2年生の春と3年生の夏の2回出場し、それぞれベスト4とベスト8の成績を収めるなど、実績も十分な甲子園ボーイだ。同期には広島東洋カープにドラフト一位で入団した小園海斗選手がおり、今でもお互いに野球を続ける者同士刺激を受ける存在だという。高校を卒業して選んだ舞台は準硬式野球。「選手個々人の能力が高い」とレベルの高さを痛感しながらも、選んだ環境の充実に満足している様子だ。

 堀尾の選手としての特徴は、捕手としての総合力の高さだ。低めのボールのブロッキングや正確なスローイング、打線をつなぐ打撃力もさることながら、ピンチには先輩投手、先輩野手であろうと物怖じせず指示や声をかけ、チームの屋台骨として落ち着きのある振る舞いを見せる。その様子は、とてもルーキーとは思えない安定感を感じさせるほどだ。法大には正捕手の乘松幹太(現4)や、守備で信頼を築く渡邉慶輝(現2)が主力として活躍するが、「2人とも本当に能力が高いです。特に乘松さんは自分にとっては大きな壁です」と尊敬の念を表しながらも、「少ないチャンスでも結果が出せるように準備をしています」と野心を覗かせる。法大の捕手陣が良い緊張感をもって戦えているのは、実力十分な後輩の存在が少なからず影響しているだろう。

 目標とする存在は、意外にも中学校の担任の先生だという。「女性の体育の先生だったんですけど、ご自身もバレーボールで高校日本一になった方で、芯がしっかりしていて言葉の一つ一つに重みがありました。カリスマ性があるみたいな感じです」と振り返る。扇の要として、ブレない力を求められる捕手というポジションを務めているからこそ、彼女の存在が深く心に残っているのかもしれない。

 目指す選手像は冒頭で語った「信頼される選手」。積み重ねてきた確実な実力と、師の姿を胸に、堀尾は圧倒的な存在へと成長を続ける。

(記事:磯田健太郎)

フォトギャラリー

  • IMG 17282 R800
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み