準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対慶大1回戦 5点のビハインドをはねのける逆転勝利 堀政権最後のシーズンは開幕白星発進!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦
対慶大1回戦
2019年9月7日(土)
上柚木公園野球場

2019年度秋季リーグ戦が開幕した。法大は開幕カードで慶大と対峙。4回に5点を失うも、5回以降得点を重ね同点に。7回に勝ち越しを許すも8回には1番堀江悠介(経2)の左前適時打で再び同点に追いつくと、その後も敵失などが絡み逆転に成功。開幕戦を白星で飾った。

hori R
適時打を放つ堀

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶大 0 0 0 5 0 1 1 0 0 7 9 3
法大 0 0 0 2 1 3 0 3 × 9 12 3

(法大) 尾崎、湯浅、伏見、○春−乘松
(慶大) 古澤、出町、●神田ー高野

三塁打:乘松(2回)
二塁打:中川大(4回)、土倉(8回)
併殺:大石智(6)-鎌田(4)-土倉(3)(8回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (5) 堀江悠介(経2) 健大高崎 5 3 2 0
2 (6) 大石智貴(経4) 静岡 5 1 1 0
3 (9) 堀皓貴(社4)  鳴門 4 1 1 0
  7 古屋一輝(経1) 健大高崎
4 (8)9 佐々木勇哉(社4) 花巻東 5 1 0 0
5 (7)3 中川大輔(社3) 日大三 5 1 1 0
6 (2) 乘松幹太(現4)  新田 3 1 0 1
7 (3) 土倉徳(社4) 遊学館 4 2 0 0
  PR 伊藤滉章(社4) 新居浜西
8 (1) 尾崎海晴(社3) 鳴門  1 0 0 0
  1 湯浅創太(経2) 國學院久我山   ー ー 
  PH 八木達也(社2) 日大三 1 0 0 0
  1 伏見颯真(営1)  帯広緑陽
  PH 大石悠月(経3) 静岡 1 1 1 0
  1 春翔一朗(経1) 静岡 1 0 0 0
9 (4) 鎌田航平(社3) 鳴門 3 1 0 1
※通算打率は対戦カード終了時に掲載致します。

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
尾崎 3 2/3 3 3 4 4 9.82
湯浅 1 1/3 1 0 0 0 0.00
伏見 1 3  2  1 1  9.00 
3 2  1   1   0   0.00

 

戦評

 今季開幕投手としてマウンドに上った尾崎海晴(社3)は3回まで三者凡退に抑える上々の滑り出しを見せるも、4回に捕まる。先頭から死球により出塁を許すと、その後も安打と死球を与え、無死満塁のピンチに。ここで二塁手鎌田航平(社3)が次打者の内野ゴロを処理するも失策。この間に走者が生還し、先制を許した。その後も2者連続で適時打を許し、この回5失点。尾崎はここで降板となり、継投した湯浅創太(経2)が後続を断った。法大はその裏、5番中川大輔(社3)の右翼線への適時二塁打などで2得点。5回にも9番鎌田が四球により出塁。1番堀江悠介(経2)が安打でつなぎ、3番堀皓貴(社4)の左前適時打で1点を返し、2点を追う展開に。しかし、6回にはリーグ戦初登板となった伏見颯真(営1)が先頭から安打を許し1失点。法大は3点差を追う苦しい展開となった。

 しかし、好機はその裏に訪れる。1死から6番乘松幹太(現4)が四球で出塁すると、7番土倉徳(社4)、代打出場の大石悠月(経3)、9番鎌田の3者連続安打で2得点。さらに、1番堀江の左前適時打で同点に追いついた。流れを取り戻したように見えたが、7回からマウンドに上がった春翔一朗(経1)が幸先良く1死を取るも中越え三塁打を放たれ得点圏に走者を置く。次打者の内野ゴロを遊撃手大石智貴(経4)が一塁へ送球するも、これが悪送球となりこの間に走者が生還。勝ち越しを許した。

 それでも、シーソーゲームとなった今試合を制したのは法大だった。8回に先頭の7番土倉が中越え二塁打で出塁。次打者の春が三塁方向へ転がる犠打を放ち、相手投手の野選によりその打球を三塁へ送球。代走の伊藤滉が三塁セーフになると、無死一、三塁の好機に。鎌田が二飛に倒れるも、既に今試合2安打を放った堀江が打席に立つ。「多少ボール球だったが、三遊間に運ぶことができて良かった」(堀江)と語ったように、高めに浮いたボール球を流れに逆らうことなく打ち返し、打球は三遊間を抜ける左前適時打に。堀江の一打で同点に追いつくと、さらには大石智、堀の内野ゴロがそれぞれ敵失を誘い、逆転に成功した。

(記事:梅原早紀、写真:村井美咲、磯田健太郎)

norimatsu R

2回に三塁打を放った乘松

選手インタビュー

大石悠月

ー今日を振り返って
清瀬杯で悔しい負け方をした後で、大事な初戦に向けて帰ってきてからすぐ練習したので勝てて良かったです。

ー慶大の印象は
相性はあまり良くないとみんなが思っている中で、メンバー全員が出て勝てたので大きいと思います。

ー今日の代打出場はいつ頃伝えられましたか
特に言われたわけではないですが、先発の尾崎が(マウンドを)降りてからは、みんないつでも行けるように準備していました。
 
ー今日打ったボールは
まっすぐですね。
 
ー3年生になった今年は代打や守備固めの出場が多いですが、どのように試合に臨んでいますか
自分はいつでもいける準備はしているので、出番があれば期待に応えたいです。
 
ー大石悠選手の今季の目標は
起用については今日のようなことが多いと思うので、試合前のアップから準備をしてやっていきたいですね。
 
ー次の試合に向けてひとこと
今日勝ったので、明日も勝って勝ち点を取れるように頑張ります。

堀江悠介

―今日の試合を振り返って
逆転勝ちした試合が久しぶりだったので、ミーティングで堀さんが言っていたことなのですが「今日は全員で勝てた」ような試合だったと思います。いつも起用されていない選手が活躍したり、リーグ戦初出場の選手がプレーしたりしたことで、チーム一丸となって次に進めるような気がしました。

―ご自身の打撃成績について
最終打席はスクイズ失敗して、そのあと少し気持ちが落ち込んだのですが、絶対同点にしたいと思っていたので多少ボール球だったのですが、三遊間に運ぶことができて良かったと思います。今日はあの打席が一番良かったです。
 
―打席に入る前に堀選手に声をかけられていたが
僕集中が切れてしまう時があって、あの時堀さんに「詰め甘くなるなよ」と言われました。
 
―好機に強い印象があるが勝負所で考えていることは
1番という打順に関しては、今日も初回から1球目を振ったのですが、相手チームが良いイメージで試合に入らないように、甘い球が来たら良い打球が打てるように積極的に振っています。好機に強いっていう印象は自分にはあまりないのですが、積極的に振っていこうとはいつも心掛けています。
 
―今季個人の目標は
個人として目標にするならばベストナインですけど、優勝したいのであくまでもチームの目標である優勝を一番としています。
 
―次戦へ向けての意気込みをお願いします
良い勢いだと思っていて、明日も守備から盛り上げて、打撃は切り込み隊長として頑張っていきたいです。

伏見颯真

ー今日の試合を振り返って
公式戦初登板で緊張していましたが、先輩方が自分に声をかけてくれたので、そのおかげでリラックスして普段と同じくらいの力で投げることができました。先輩方には感謝しています。

ーもともと今日投げる予定だったのか
そうですね。昨日から何かあれば出すと言われていたので準備だけはしていました。今日の試合では4回に5点取られてしまって出る可能性はあったので、出ても大丈夫なように準備していました。
 
ー出身地である北海道との気温差について
この前新潟で合宿をしたのですが、そこで気温が40度ぐらいまであがって。その中で練習してきたので今日の暑さにも対応できたのではないかなと思います。
 
ー今季これからも登板する可能性もあるが
自分らしい野球をして、チームの勝利に貢献できるように頑張っていきたいです。
 
ー今季リーグ戦の意気込み
自分のできる限りの力を出して、リーグ優勝に向けて頑張っていきたいです。

フォトギャラリー

  • hori R5回に適時打を放った堀
  • norimatsu R乘松は2回に三塁打を記録
  • ozaki R先発尾崎は3回まで無安打に封じ込めるも、4回に突如崩れる
  • DSC 1400 R生還する佐々木
  • yuasa R好救援で試合を立て直した湯浅
  • hushimi R公式戦初登板の伏見はほろ苦いデビューとなった
  • yuduki R代打で適時打を放った大石悠
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み