準硬式野球

【準硬式野球】準決勝vs早稲田大学戦:はらはらな展開も強さ見せた!全員で掴んだ決勝への切符(9/3)

連日繰り広げられた全日本大会も大詰め。
順調に勝ちを重ねてきた法大は準決勝を迎えた。
相手は六大学リーグ5位の早稲田大学。お互い手の内を知った者同士の対戦となった。

 

試合結果

トータル試合結果

 123456789
早 大 1 0 0 0 0 0 0 2 0 3 8 0
法 大 1 0 1 1 0 0 0 1 4 8 0

(法大)塚本、○菅原、大谷‐櫻山
(早大)石田、●原田健‐古跡

メンバー

打順位置選手
1 (7) 宮川 拓実
  7  縣  悠太
2 (4) 大塚 樹生
3 (9) 西森 雄紀
4 (3) 西出 清太郎
5 (5) 山本 雄太
6 (6) 阿久津 航太
  6 金子 明信
7 (2) 櫻山 大樹
8 (8) 斉藤 大輝
9 (1) 塚本 裕馬
  PH 稲口 順弘
  1 菅原 祥
  1 大谷亘輝

戦評

連日、神戸で繰り広げられた全日本大会も大詰め。順調に勝ちを重ねてきた法大は準決勝を迎えた。相手は六大学リーグ5位の早稲田大学。お互い手の内を知った者同士の対戦となった。日本一を目標に掲げる法大は意地でも負けられない一戦だ。

今日の先発は昨日に引き続き塚本(社3)が指名された。その塚本の立ち上がり、2死を簡単に奪ってから二塁打を放たれると、続く4番・武田にタイムリーを許しいきなり先制点を入れられてしまう。しかし、そんな塚本を助けたのが自慢の打撃陣だ。

1回裏、先頭の宮川(経1)が四球で出塁し、2番・大塚(社3)が犠打をしっかり決め、1死二塁となり3番・西森に打順が回る。2球目のパスボールにより宮川はすかさず三塁へ。そして4球目、西森のライトへの打球は犠飛となり、同点に。

塚本は2回以降、尻上がりに調子を上げていく。連投の疲れを全く見せない気迫のこもったピッチングで早大打線を翻弄。速球を武器に6回までヒット3本に抑えた。

3回には2死から4番・西出(社4)がヒットで出塁すると、5番・山本(経4)が二塁打を放ち、西出が一塁から生還。勝ち越しに成功した。さらに4回にはこの回先頭の7番・櫻山(経3)の二塁打と8番・斉藤(社3)のヒットが飛び出し、その後2死二、三塁となり2番・大塚がセンター前にタイムリーを放ちもう1点追加する。

7回からは塚本に代わり菅原(社4)にマウンドが託された。しかし、今日の菅原はピリッとしない。7回は四死球で1死一、二塁とし自らピンチを招くもなんとか切り抜けた。

だが8回、菅原はいきなり連打を浴びてしまう。二塁走者をすかさず牽制球で刺すキャッチャー・櫻山の好判断が光り1死となるも、3番・阿部に二塁打を放たれ二塁走者がホームへ。さらに続く打者には四球を与え、2死一、二塁に。本調子ではない菅原をチーム全員が声を掛け続けるも、5番・石川にタイムリーを打たれついに同点とされてしまう。

その裏、先頭の4番・西出がレフト頭上を越える大きなあたりを放ち、西出は一挙に三塁へ向かう。ヘッドスライディングで飛び込むと判定はセーフ。続く5番・山本は死球で出塁。そして6番・阿久津(社2)は2球目、スクイズを敢行。西出が生還し、再び逆転に成功した。

そして9回。抑えを託されたのは、全日本大会第2戦で素晴らしいピッチングを魅せた大谷(スポ1)。一年生ながら、この大一番での抑えを任された。大谷は先頭に安打を許し、続く打者に犠打を決められる。だが、大谷は臆さずに後続を断ち切り、最後はレフト・縣がしっかりと捕球し、試合終了!優勝へ王手をかけた。

長かったトーナメントも残り一試合。「日本一」がいよいよ現実味を帯びてきた。明日の試合は悔いの残らぬように、思いっきり試合を楽しみ、そして栄冠を手にした彼らの笑顔を是非とも見たいものだ。

またしてもチームを勝利へ導いた
4番・西出!

(田沢 穂)

選手コメント

西出(3塁打放ち決勝のホームへ!本日のヒーロー!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
リーグ戦では負けなしの相手だったのですが、こういう舞台になると、相手も準決勝まで来て乗っているので、どうにか打って取ろうと思っていました。厳しい試合になると思っていたので、いい所で打ててよかったです。

―今日は4打数3安打の活躍でしたね!
昨日が悪すぎたので、どうにか今日打とうと気持ち切り替えて臨めた事がよかったのだと思います。

―チームの雰囲気も良さそうですね!
全国制覇しか狙っていないのですが、勝つごとに一体感も出てきましたね。ベンチ外の人も一緒に戦ってくれているので。みんなで目指していますし、チームの雰囲気はいいと思います。

―ピッチャー陣を見ていていかがでしたか?
塚本はよかったのですが、菅原が気持ち面で弱いので。でも2点取られて同点になり仕方ないと思ったのですが、次の回自分が先頭だったので絶対に打ってやろうと思っていました。

―三塁打が決勝点に結び付きましたね。
とりあえず出ることだけを考えていました。ノーツーになった時、次は絶対ストレートが来ると思ったので、振り切れてよかったです。

―抑えは一年生の大谷君が抜擢されましたが?
ああいう大事な場面で出される一年生もかわいそうですけれど、一昨日の試合で抑えていたので信じて守りました。

―明日の同志社戦に向けて一言お願いします。
明日で引退するかもしれないのですが、そういう事を考えずに悔いの残らないようにプレーしたいです。

塚本(持ち前の球威で相手打線を翻弄!)

―今日の試合の感想をお願いします。
リーグ戦なら普通に勝てる相手なんですけど、トーナメント形式のこういった大会では一回負けたら終わりということで、みんなプレッシャーかかって今日のような流れになってしまいました。トーナメントの恐さを肌で感じたのかなと思います。

―六大学対決となりましたが?
みんなバット振れてて、気を抜いた球とか甘く入った球は長打とかヒットになるので出来るだけ甘いコースにならないように思い切り腕を振って投げました。

―昨日に引き続き先発でしたが疲れは?
ずっと6回までで、今日は菅原さんと大谷が良い仕事してくれて、信頼できる投手陣が後ろにいたんで、全力で投げられました。疲れはそんなにないんで。まあ大丈夫です。

―6回、一失点無四死球でしたが感想は?
初回の立ち上がりで、 1点失ってしまいましたね。初回が一番大事なのですが、3番バッターに気の抜けた球を投げて長打で失点になってしまったので明日は気を抜かないようにしっかり腕振って今日の中盤のピッチングをしたいですね。

―明日に向けてお願いします。
明日は同志社ということで、関西がホームの学校ですが、負けないようにしっかり投げて優勝したいです!!

菅原(課題残す投球。明日に期待!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
腑甲斐ないピッチングをしてしまったのですが、打ってくれて負け試合勝たせてくれてチームに感謝しています。

―調子はいかがでしたか?ボールが高めに行っていたので、野手から声掛けてもらっていたのですが、修正出来ませんでしたね。最後は大谷に助けられることになりました。腑甲斐ないです。

―大谷君との交代は決めていたのですか?
瀧口は決めていたみたいです。瀧口が決めたことは絶対なので。力なかったです。

―相手は手の内知る早稲田でしたが?
そういう意識は特に持っていないつもりでやりましたが…とにかく腑甲斐ないです。

―チームの雰囲気は?
勝てているのでいい雰囲気ですね。接戦もものにしているので。結果優勝がついてくればいいです。

―明日は同志社ですが?
実際投げたい気持ちはかなりあるのですが、この調子なのでどうなるかわからないです。投げる機会があれば、三度目の正直になると思います。でもチームが勝てば最高です。

―最後に一言お願いします!
決勝まで来たのでいいチームになっていると思います。明日勝てるように頑張ります!

大谷(強い精神力でチームを救った!)

―9回の登板についてお願いします。
菅原さんの調子がよくなかったのでいくかもしれないなと思って、西森さんにも言われて7回から準備してました。かなり緊張して最初は心臓バクバクでプレッシャーがあったんですけど、内野のみんなが1点取られてもいいよとか声をかけてくれて気楽に投げられました。櫻山さんは、楽しんでいこうと声をかけてくれました。

―先頭打者にヒットを許してしまいましたね。
スライダーのコントロールがよくなくて、打たれてしまいましたね。緊迫した場面でドキドキが続いてたんですけど、終わったときはホッとしました。

―明日の決勝に向けてお願いします!
投げたら、きちんと火消しができるように頑張ります。銀メダルはいらないので、金メダルを持って帰ります!!

山本(4年の維持魅せた2安打1打点!)

―今日の試合の感想をお願いします。
序盤、相手の先発ピッチャーから3点取れたことは良かったですね。2番手になってからはもうちょっと攻められたので、そこは明日修正していきたいと思います。

―六大学対決でしたが、相手を意識することはありましたか?
リーグ戦勝ってて、ここで負けたら相当悔い残るなと思いました。絶対負けたくないって気持ちもありましたし、いつも通りにやれば勝てると意識してプレーしました。

―今日は二安打でタイムリーもあって、打撃の調子はいかがですか?
当たりはそんな良いわけではないんですけど、しっかりバット振れてるのでヒットになっているのかなって感じです。

―今日は緊張する試合展開でしたが…。
いやー、もうヤバかったですね(笑)ホントに、辛い(笑)守備は恐いです。今日はミスなくて良かったですね。

―明日に向けてお願いします。
ここまで来たら、優勝目指してやるだけです。

櫻山(チームからの信頼厚い名捕手!)

―試合を振り返ってみていかがでしたか?
初回先制されたんですけれど、結果的には危ない試合だったのですが、負ける気はしませんでしたね。

―それぞれの投手について、キャッチャーから見ていかがでしたか?
・塚本
よかったです。球も走っていましたし、変化球も切れてたのですが、相手の狙い球がわからなくてかわしに行っていた部分があって、塚本のいい所全部は出せなかったですね。

―4、5、6回は三者凡退に抑えていましたね。
それは塚本の球威で抑えてくれたと思います。連戦は1人で投げるのはきついと言っていたので、菅原さんとの継投で投げて

・菅原
気持ちは自分の中にはあったと思うのですが…ボールには伝わっていなかったような気がします。変化球も抜けていたし、投げる球がないなという感じでした。

・大谷
8回終わってから瀧口さんが菅原代えると言っていたので、そこで大谷は準備したんだと思います

―大谷君にはどのような声掛けをしたのですか?
楽しんで、こういう機会めったにないんで。絶対抑えよう、いい球投げてくれと言いました。何も考えられなかったというか、とにかく後ろに回しちゃ駄目、一番がいいバッターだったんで。あいつの球を信じていました。

―自身のバッティングについては?
今日も結果はヒットでしたが全部自分のスイングが出来なくて納得はいってないですね。

―明日は決勝ですね!
瀧口さんも言ってたのですが、ここまできたら勝ちたいという気持ちが強いチームが勝つと思うので、絶対に勝って4年生を最高の舞台で胴上げしたいと思います!

大塚(全試合通してコンスタントに活躍!)

―今日の試合についてお願いします。
早稲田とはリーグ戦でも戦っていてあまり打ついてイメージは無くて、こんな試合になるとは思いませんでした。原田投手はいい投手と聞いていたので、先発の投手から3点とってリードできてよかったですね。

―相手の印象は?
先発の石田投手は様子を見て甘い球を打っていきました。原田投手は変化球が切れてて、内にくるボールを打っていこうと思いましたね。早稲田は勢いがあって、連打連打でチーム一丸となってました。でもこっちも西出さんの一降りで流れを持ってこれましたね。

―4回のタイムリーについては?
ここで1点引き離したら楽になると思って、初球に真っすぐが多かったのでその真っすぐを狙って打ちました。

―明日の決勝に向けてお願いします!
優勝します!

瀧口(みんなからの信頼は絶大!!)

―今日の試合について
やっぱりリーグ戦一位として五位には負けられないというのが1番あって、明治にも慶応にも早稲田よりは上に行ってくれと言われてて、今日は意地でも勝とうって思っていました。向こうも勢いがあって苦しくなりましたけど、なんとか跳ね返すことが出来てよかったです。

―ピッチャーの継投については?
これは固定で、塚本が6回を、7、8、9回を菅原がぴしゃっと抑えるつもりだったのですが。菅原がきてなかったので、この間、よかった大谷を出しました。もう賭けですね。

―大谷くんにはいつ頃から準備させていたのですか?
ずっと投げさせてました。全員使って、総合力で勝つしかないんで。

―大谷くんには何か声はかけましたか?
楽に行けってことくらいしか。あとは任せたって。

―他の選手たちの活躍を見ていかがでしたか?
守備も、もう何点か入っててもおかしくないと思いましたけど、必死に守ってエラーもゼロで。野手はみんな集中して、サインどおりスクイズもきちっと決めてくれて本当によかったです。

―2年前はベスト4でした。今回は決勝進出を決めましたね。
ここまで来たら最後まで勝ちたいです。中央やら専修やら言ってましたが、ノーマークの法政が優勝…。みんな本当に勝ちたがっているので、プレーで何も出来ないぶん、なんとか勝たせるように頭使っていきたいです。

―明日は同志社ですね。
よくまとまった完成度の高いチームなので、うちも今日みたいに全員で守って、全員で1点取って、そういう試合をすれば勝てると思うので、応援よろしくお願いします!

フォトギャラリー

  • 100903 01またしてもチームを勝利へ導いた4番・西出!
  • 100903 02試合のカギとなる三塁打。三塁へと猛進!!!
  • 100903 03連投を思わせない力強い投球を見せた塚本!!
  • 100903 04突然の登板。プレッシャーの中、最終回をしっかり抑えた大谷!
  • 100903 05二塁打を放った山本
  • 100903 06櫻山の存在がチームを支えていること間違いない!
  • 100903 07ナイスバッティング&ナイスランの大塚!ガッツポーズが飛び出した!
  • 100903 08犠飛を決めた西森主将とがっちり握手!
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み