準硬式野球

【準硬式野球】決勝vs同志社大学戦:悔しい逆転負けで全日閉幕。明日につながる準優勝。(9/4)

ここに来るまでに、どれだけの山場を乗り越えてきただろうか。
大学日本一を決める舞台。
そこには間違いなく、HOSEIのユニホームを着た選手たちの姿があった。

 

トータル試合結果

 123456789
法政大 0 2 1 0 1 0 0 0 0 4 9 0
同志大 0 0 0 2 4 0 0 0 6 9 1

(法政大)●塚本‐櫻山
(同志大)山本、○森月(4回~)‐河原田

メンバー

打順位置選手
1 (7) 宮川 拓実
  PH  縣  悠太
2 (4) 大塚 樹生
3 (9) 西森 雄紀
4 (3) 西出 清太郎
5 (5) 山本 雄太
6 (6) 阿久津 航太
7 (2) 櫻山 大樹
8 (8) 斉藤 大輝
9 (1) 塚本 裕馬
  PH 稲口 順弘

戦評

ここに来るまでに、どれだけの山場を乗り越えてきただろうか。大学日本一を決める舞台。そこには間違いなく、HOSEIのユニホームを着た選手たちの姿があった。ここまで来たら勝つしかない。天下分け目の戦いが幕を開けた。

1回を両者共に三者凡退で終え、迎えた2回表。2死から6番・阿久津(社2)が安打で出塁すると、7番・櫻山(経3)の当たりは二塁手の失策を誘い一、二塁。すると続く8番・斉藤(社3)、さらに9番・塚本(社3)のバットから連打が飛び出し2点の先制に成功する。

さらに3回にも2番・大塚(社3)が二塁打を放つと3番・西森(社3)が適時打を放ち1点を追加。テンポよく得点を奪い、試合はこのまま法大ペースで進むかと思われた。

法大の先発は今試合で三連投となる塚本。塚本は2、3回ともに三塁まで走者を進めるも要所を押さえ無失点。

ところが4回、四死球でピンチを招くと2死から8番ピッチャー・森月に三塁打を放たれ2点を返される。

5回に法大は5番・山本(経4)の犠飛で1点を追加するも、その裏。塚本は再び四死球で走者をためると、三連打を浴び一挙に4失点。まさかの逆転を許してしまう。

法大はその後も走者は出すものの、同大の2番手ピッチャー・森月から得点することが出来ない。こうして2点ビハインドのまま、最終回を迎えてしまう。

1死から代打・縣(社1)が死球で出塁。さらに好調の2番・大塚が決死の内野安打で一、三塁。土壇場でチャンスを迎え、3番・西森に打席が回った。

ところがその一球目。西森が放った打球はセカンドのもとへ。4-6-3と相手グラブを経由し試合終了。こうして法大の暑い夏は、準優勝というかたちで幕を閉じたのだった。

準優勝。この結果が、選手たちの胸に悔しい想いを残したことは間違いない。しかし試合後、選手たちは口を揃えて、このチームが「最高のチーム」であり、このチームに「誇りを持っている」ことを語った。

今後も秋季リーグをはじめとした、多くの戦いが彼らを待ち受けている。全国2位の誇りや、今回の悔しさをバネに、今後も法大らしい最高な野球を私たちに見せてくれることに期待したい。そして来年には、今回が最後の全日となった4年生の熱い想いも胸に、新生HOSEIが再び、この舞台に戻って来てくれるに違いない。

(舟倉 葵)

選手コメント

#10 瀧口

―今日で全日も終わりを迎えました。振り返ってみていかがですか?
自分は選手としては何もしていないんですけど、同学年の4年生をはじめとして、3年生、2年生、それに1年生もそれぞれしっかりついてきてくれて、なんとかチームを勝たせようっていう想いで、一致団結して。すごくまとまりがあるチームだったなと思います。

―今日は前半は法政ペースかなという感じがありましたが?
ピッチャーの感じからして、これはいけるって感じていましたし、みんな振れていて、うちは満遍なくみんなが打っていたので、それがすごく良くて。塚本のタイムリーもあってリズムよく3点入ったんで、持ってるな、いけるかなって思ったんですけど。逆にうちはピッチャーに打ち返されちゃって。あれが油断ですね。痛かったです。

―大会は準優勝という結果でしたが、この5試合を通していかがですか?
確かに今はすごく悔しいです。けど、日本で2位ですよ?よくここまでこれたなって。春秋リーグ4位で終わったいたチームが、ほとんどメンバーの変わらない中で、よく頑張って勝ってこれたなって思います。みんな本当に心を入れ替えて頑張ってきて、ちゃんと着いてきてくれたので。

かなり今まで以上に練習もしたと思うんですけど、なんだかんだちゃんとやってくれて。みんな口ではいらんことばっかりぶーぶー言うんですけど(笑)なんだかんだ、しっかりと我慢してやってきたことがいい結果を生んだんじゃないかと思います。それに、来年への目印ができたと思いますし。来年はここを越してもらって、自分たちは去ろうかなと思います。

―秋以降は4年生はどうされるご予定ですか?
まだ決めてないのですが。基本は新チームで行きたいのですが、やっぱりここまで来てみたら自分としてはやりたいなって(笑)とにかく秋は全国準優勝のチームなので、恥ずかしくないようにしっかりやって勝ちたいと思います。

―最後にこの全日を一言で!
野球がすごく楽しかったです。野球が楽しい一週間でした!

#5 西出

―今日の試合の感想をお願いします。
立ち上がり的に勝ち試合だと思ったんですけれど、今大会は逆転される場面がなくて焦りもあり、打撃戦で負けたという印象ですね。

―自身の打撃に関しては?
最後、西森で終わったんですけど、回ってくるって思ってて来なかったので悔しい思いはあります。

―全日全体を通していかがでしたか?
厳しい試合ばかりで…。でもそれを乗り越えて勝ってきたのでチームレベルはどんどん上がったと思います。

―投手についてはいかがですか?
今日は四死球を相手に与えてヒットで得点を許すっていう自滅のような流れでした。けど、連戦で塚本疲れてたのもあるし、自分たちが塚本に頼りすぎたのかなと。

―最後に全日を終えての感想をお願いします。
全国制覇を狙ってはいたのですが、ここまで来れるとも思ってなかったので。こういう試合をすることが出来たので、全国で通用するチームなんだなと感じました。

#8 山本

―今日の試合の感想をお願いします。
マジで悔しいですね。でも、ここまで来れると思わなかったので、本当にみんなに感謝したいです。

―全日を通しての感想は?
稲口、瀧口が怪我して試合にはあんまり出れなかったり、いろいろありました。それでも代わった宮川が頑張ってくれたし、試合に出られなかった選手もみんな一丸となってやってくれたので、そういった意味も含めて良い大会になりました。

―打撃についてはいかがでしたか?
あそこで犠牲フライを打てたのはデカイですね。ただ、2アウトからまた回ってきた時に打てなかったのは残念です。

―準優勝という結果でしたが?
ここまできたら勝ちたかったんですけど、今日の試合も勝てた試合だったんで悔しくないって言ったら嘘ですけどね。全日来る前に目標は?って言われて、自分は「楽しみたい」って言ったんですよ。それは達成出来たかなと思います。

#24 稲口

―全日本大会を振り返っていかがでしたか?
ここまで来たので優勝したかったのですが、残念です。でも4年生を初め、チームのみんなと全日で戦えたことは本当に楽しかったです。

―今日は代打の場面での登場となりましたが?
そうですね。塚本に代わってだったので、絶対に打ちたかったのですが…打てなかったですね。

―同志社側の応援は大きかったですが?
それは全然気にならなかったです。こっちも試合を楽しんでいましたし、試合に集中していました。チームの雰囲気では全く負けていなかったと思います。

―最後の全日となりましたが?
ここまでこれたのも同期の存在がとても大きかったと思います。秋も全く出ない訳ではないので、出れた時には頑張りたいと思います!

#21 菅原

―全日本大会を振り返っていかがでしたか?
不甲斐ないピッチングをして塚本に負担を掛けさせてしまいました。自分がしっかり投げていればもう少し違った展開になっていたと思います。

―満足のいかないピッチングになってしまった理由は何かありますか?
気持ちの問題だと思います。コントロールもあまりよくなかったので、空振りが取れない場面も多かったです。あと変化球が全然決まらなく、直球に頼ってしまう所がありました。それが原因だと思います。

―準優勝という結果ですが?
優勝は出来なかったのですが、ここまで残れたので満足です。そしてみんなに感謝しています。

―今日投げたかったとおっしゃってましたが?
投げたい気持ちはあったのですが、投げる場面がなかったですね。

―4、5回に塚本君が崩れて、交代するかとも思ったのですが?
塚本を最初から引っ張ると言っていたので。あの時打たれただけで、調子自体は悪くなかったですしね。あとは打線に期待してましたね。

―4年生最後の全日でしたね。
瀧口がしっかりしていたので、ここまでまとまれたと思うし、3年、2年とかもついて来てくれたので、ついて来てくれた後輩に感謝したいです!!

#11 塚本

―今日の試合を振り返っていかがですか?
勢いが良かったんで、本当に優勝したかったです。

―序盤には自身もタイムリーを放っていましたが?
序盤に打線の援護をもらって、その点を守れなかった自分が不甲斐ないです。先輩たちに申し訳ないです。

―他の選手はみんな、口を揃えて「塚本は良く投げてくれた」と話していました。
でも決勝で抑えないと何の意味もないので、そこが自分に足りなかった部分かなと思います。一昨年ベスト4で、今年は準優勝なので、来年はどうしても優勝したいです。狙えるチームだと思うので、頑張ります。

―4年生と共に闘ってきた全日はいかがでしたか?
やっぱり一番長い付き合いなだけあって、本当に仲良くて、プライベートデも仲良くて、家行って遊んだりもしたんで、本当に今日は優勝させてあげたかったですね。

―すぐに秋リーグも始まりますね!
そうですね。下からも頼もしいピッチャーも出てきましたし、厳(伊藤)もぎっくり腰で今回は投げられなかったですけど、復活してくれると思うので。菅原さんの穴はでっかいですし、ほかの大学も力をつけてきていて、昨日の早稲田とかも気が抜けないんで、ピッチャー陣みんなで力を合わせて、全力で頑張ります。

―最後に今後に向けて一言お願いします!
今回は4年生に勢いとパワーをもらったんで、とりあえず秋は優勝して、社会人との王座も優勝して、こっから負けなしで来年を迎えたいですね!

#7 櫻山

―今日の試合の感想をお願いします。
悔しいです。自分自身、試合で結果出なくて、ピッチャーも頑張ってたんですけど自分の配球がダメで打たれちゃって…。

―三連投の塚本投手に関しては?
もともとスタミナはあるし、前日が6回までだったので大丈夫だと思ってたんですけど、連戦で疲れててボールもあんまり走ってなかったですね。

―大会通しての感想は?
一戦、一戦勝ち上がるごとにチームにまとまりが出てきて、今日のベンチの雰囲気も最高でした。この大会は本当に貴重な体験ができました。
準優勝は悔しかったですね。あと一歩で同志社が優勝したので、来年こそは同志社を倒して優勝したいです。

―秋季リーグに向けて一言お願いします!
まだ今はなんも考えられないですけど…。ここまでこれたので優勝して次につなげたいです。

#24 西森

―今日で全日も終わりましたが、今日の試合を振り返っていかがですか?
勝ち試合だったので、先制点を取ったときに、このゲームはもらったと思ったんですけど、最後に大塚と縣が必死に回してくれたチャンスを自分で潰してしまったんで、悔しいっていう思いが最後に残ってしまいましたね。

―率直な今の気持ちは?
自分が打点を挙げた試合は一試合も負けていなかったんで、不敗神話崩れちゃいましたね。最後にいい感じで回って来たのでここで一本出たらと思ったのですが、最悪のかたちで終わっちゃいました。

―全日本大会、この5試合やってみていかがでしたか?
やっぱり勝ち上がっていくとまとまりますし、個々に持っている能力だったり、気持ちっていうのが勝つことによってみんな一つになっていきました。なので、本当に最後はいいチームで終わりたかったんですけど…最後は自分のせいで負けちゃいました!すみません!!!

―3年生ということで、来年までまだまだ試合は続きますが?
来年のことは正直まだわからないですけど、なんとかみんなでまとまって、自分たちもこういう形で終われたらなと思います。

―最後に秋に向けてお願いします。
不甲斐ない成績だったので、なんとかチームに少しでも貢献できるように。あとは、気持ちの波をなくして、春は目標があったのでよかったんですけど、秋も目標がない中でどうできるか、頑張りたいと思います。

#12 大塚

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
初回先制してリード出来たところでチーム全体に気が抜けた所があって、後半に逆転され、それを返せなかったっていうのが大きいです。

―今日はあたっていましたが、相手ピッチャーの印象は?
相手も連投で球は全然走っていなかったのですが、打ち損じとか捕らえきれない所がありましたね。あとはこっちは2死からのチャンスを潰していましたが、あっちは2死から長打でしっかり点を取って来ていたので、それが負けた原因だと思います。

―最終9回は2点差ありましたが?
最初に縣が出て、クリンナップに繋げることだけを考えて、繋げたんですけれどそっから…仕方ないと思います。

―一歩届かなかったの原因は?
チーム力の差というのは全然なかったんですけれど、やっぱり大事な所での一本とか、ランナーを出したりっていうのが負けた原因だと思います。

―塚本君は3連投でしたが?
塚本も疲れがたまっていたと思うのですが、点を取られたのはやっぱりボールとか死球とかそれがきっかけで大量点を取られてしまったので、もう少し頑張ってほしかったです。

―全日本大会全体を振り返っていかがでしたか?
8月からずっと練習とかやってきて、正直ここまで行けるとは思っていなかったのですが、結果的には準優勝でしたが……勝てたと思います。みんなの野球の技術も上がっているし、チーム力というのが一番上がったと思います。全日で試合していて当に楽しかったので、本当にいいチームになったと思います。

―今後について一言お願いします。
秋からは新チームに入れ替わってしまうのですが、瀧口さんとかは出るみたいなので。秋がこのチームでやれる最後のシーズンなのでしっかりやっていきたいです!

#6 斉藤

―今日の試合を振り返っていかがですか?
最後はやっぱり、制覇まであと一歩だったんで、悔しいっていう気持ちしか残らないですけど。ちょっと経てばここまで残れたことはすごいことだったんだなって思えると思います。

―今日は先制のタイムリーも飛び出しました。
そうですね。2アウトから向こうのミスに付け込めて、塚本も打って2点取って、すごくいいかたちで先制し、攻撃ができたので。今日の試合はいけるかなって思ってたんですけどね…。悔しいです。

―4年生とやってきたこの全日。振り返っていかがですか?
本当に新チームが始まってから、4年生に迷惑かけっぱなしだったんで。瀧口さんを筆頭に、本当に4年生には感謝してます。

―今までになく練習も沢山してきたと聞きましたが?
そうですね。8月なんてほとんどオフがなくて、この全日で制覇するっていうことだけを目標に、みんなでやってきてたので。本当にこの1年間は、3年生は一番練習してきた年でしたね。

―まだ3年生ということでこれから先も続いていきますが?
そうですね、次はたぶん西森率いるチームになると思うんで、次はこの悔しさをばねに頑張ってやりたいです。

―すぐに秋のリーグが始まりますが?
リーグ戦は、色々とチームもどのようにメンバーを組んでいくかも決まっていないんで、どうなるのかなっていう感じですね。

―最後にこの全日を一言で!
…悔しい!!!

#14 阿久津

―今日の試合の感想をお願いします。
今日は、みんなやる気がめっちゃあって優勝したいって気持ちが全面に出ていて、良い試合だったと思います。

―準優勝という結果でしたが?
ここまで来れると思ってなかったんで、みんなで楽しくやることができました。

―守備については?
先攻で始まって嫌だったんですよね。球もめっちゃ飛んで来ましたけど、チームに貢献できて良かったです。

―全日を通していかがですか?
あっという間だったし、このチームは良いチームだなって思いながらプレーしてて本当に楽しかったです。

―リーグ戦に向けて一言お願いします!
もうすぐに始まるんで、全日準優勝っていう誇りを持って優勝目指して頑張ります!

#22 宮川

―今日の試合について
全部自分のせいだと思います。チャンスを何回も潰してしまって、打てない分守備でカバーしなきゃなってことで守備では人一倍声出して集中してやりました。

―一年生で全日出場となりましたが、プレッシャーは?
プレッシャーは無いと言ったら嘘になるんですけど、その分声を出して自分に負けないように心掛けてました。

―先輩方とプレーして学んだものは?
土壇場での強さはすごいなと思いました。良い意味ですごく負けず嫌いで、最後は本当に全員で戦ってるなって思えて、気持ちで負けちゃいけないってのは勉強になりました。

―全日を通しての感想をお願いします。
個人的にはチームの勝利に貢献できるようプレーしてたんですけど、最後に足引っ張ってしまったことが残念です。

―今後の目標は?
秋ではこの悔しさを忘れずに、打てなきゃ使えないし、使ってもらえないので打ちまくりたいと思います。

フォトギャラリー

  • 100904 01第62回全日本大学準硬式野球選手権大会準優勝
  • 100904 02タイムリーを放った塚本
  • 100904 03先制ホームイン・阿久津
  • 100904 04決死のダイビング・大塚
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み