【準硬式野球】vs東大1回戦:新戦力が大当たり!大量得点&完封勝利!!(9/11)

新生法大布陣のもと、新たなる戦いが始まった。
初戦の相手は東大。東大相手に新たなメンバーでいかに戦っていくか、
試される一戦となった。

 

トータル試合結果

 1234567
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
法 大 1 0 0 7 4 0 15 13 0

(大会規定により7回コールド)
【本塁打】(法大)宇賀神1号満塁打(4回・長澤)
(法大)○塚本(1勝)、松居‐櫻山
(東大)●長澤、豊島‐樋口

メンバー

打順位置選手
1 (7) 宮川 拓実
  PH 宇賀神 勇人
  7  縣  悠太
2 (5) 鈴木 捷平
3 (3) 舟木 大河
  3 細川 裕丞
4 (9) 西森 雄紀
5 (6) 金子 明信
6 (4) 阿久津 航太
7 (2) 櫻山 大樹
8 (8) 斉藤 大輝
9 (1) 塚本 裕馬
  PH 木村 直弘
  1 松居 勇佑

戦評

新生法大布陣のもと、新たなる戦いが始まった。
初戦の相手は東大。東大相手に新たなメンバーでいかに戦っていくか、
試される一戦となった。

全日本大会準優勝という素晴らしい結果の興奮も冷めぬ間に、早くも六大学秋季リーグが開幕。余韻に浸るのも束の間、3年生を中心とした新生法大布陣のもと、新たなる戦いが始まった。初戦の相手は東大。東大相手に新たなメンバーでいかに戦っていくか、試される一戦となった。

先発は全日本大会三連投を成した塚本(社3)。全日の疲れが心配されたが、上々の立ち上がりを見せる。

後攻の法政は初回、1死から久々の先発起用となった2番・鈴木(社2)が二塁打を放つと、さらに3番・舟木(社1)がヒットで繋げ、4番・西森(社3)が犠飛をしっかりと決め先制点を奪う。

塚本は2回に2死から二塁打を許すも、後続を連続三振に仕留め難なくピンチを脱する。

法大の打線が爆発したのは4回。この回先頭の4番・西森が四球で出塁すると、さらに相手のエラーや四球が重なり、無死満塁に。その後2死となるも、9番・塚本が四球を選び押し出しで1点を加える。なおも満塁のチャンスが続き、打席は1番・宮川(経1)に代わり代打・宇賀神(社1)がコールされる。宇賀神は、東大・長澤の2球目を振りぬき、打球はレフト方向へぐんぐん運ばれ、なんと満塁ホームラン!公式戦初アーチを満塁打で飾った。けっきょくこの回は打者一巡の猛攻を仕掛け、一挙7得点をあげる。

その後も打線の勢いは止まらず、5回にも連打などで4点を加え、12得点目を入れる。

塚本は打線の援護をもらい、安定したピッチングで東大をヒット3本に抑え、6回からは松居(社2)にスイッチ。リリーフを任された松居は6、7回をわずか13球で抑える力投。しっかりと自らの役目を果たした。投手陣不足が心配される中、今後の活躍、さらなる飛躍にも期待が高まる。

試合は法大ペースで進み、7回。9番・松居のヒットから連続四球により、無死満塁となると、3番・舟木がレフト前ヒットを放ち、二者生還。7回コールドまであと1点となった。すると、代打で瀧口(社4)が登場。瀧口はベンチからの熱い声援を背に打席に立った。ボールを見逃した二球目、なんと相手バッテリーのエラーにより鈴木が生還。瀧口の打席は幻と化し、以外な形でのゲームセットとなった。

初戦を7回コールドという大差で勝ち、順調な滑り出しを見せた法大。日本で二位の実力、誇りを胸に秋季リーグでも圧倒的な力を見せつけ、常勝軍団の名を再び手にしてほしい。3年生を中心としたチームが今後どのような新たな法大準硬を創っていくか楽しみだ。

(田沢 穂)

選手コメント

宇賀神(本日のヒ-ローは満塁弾を放ったこの人!)

―今日の試合の感想は?
自分は代打っていうチャンスをもらったので、来たボールを思いっきり打った結果がホームランに繋がったのでその点では良かったです。

―ホームランを打った感触は?
ちょっと泳がされて先っぽだったんですけど、見たら入ってたので安心しました。

―代打で試合に起用された感想をお願いします。
絶対打てないと思ってました笑
練習する時間もなかったので…。でも、やること決めてやった結果があれ(ホームラン)だったんで良かったです。

―全日を終えたチームの雰囲気はいかがですか?
いや、結果が準優勝だったんでまたみんなで優勝目指していこうってことでまた一つにまとまったかなと思います。

―新チームでプレーしてみて変化はありましたか?
4年生が抜けたことが、チーム全体として良い意味でも悪い意味でもすごく大きいことで、それを下級生がうめていけたら良いと思います。

―明日へ向けて一言お願いします!
明日も頑張ります!

舟木(4打数3安打2打点!)

―今日は打撃が絶好調でしたが、振り返っていかがですか?
西出さんの後ということもあって、あれだけチームの中心的存在だった西出さんの穴を埋めるってことはやっぱり相当難しいことだと思うんですけど。少しでもその穴を埋められたらなって。今日は思いっきり行こうと思ってて、それで結果が出たのでよかったです。

―西出さんのプレーから影響を受けた部分はあったんですか?
チャンスでは必ず打って、ここぞっていう時に一本打ってくれるバッターなので、チームからしても信頼は大きかったですし、自分もそういう存在になれたらなって思ってて。秋から出るぞっていうことは言われていたので、最初からビビらないで1年せいらしくしやろうと心掛けました。

―全日を見ていて感じたことはありましたか?
全国大会はやはり雰囲気が違って、いつもやる早稲田でもリーグ戦と全国大会では全く違いますし。負けたら終わりのトーナメントで、ミスが許されない状況だったので、コーチャーとしてもいい経験になりました。

―今度は自分たちの代になっていきますが?
今まではあまり試合に出る機会がなくて、いつもうずうずと試合に出たいと思ってて。こうやって秋リーグで出れる機会を作ってもらったので。3番というクリーンナップに置いてもらってるので、バッティングで打つことはもちろん、守備でも内野手で一番声を出していきたいですね。

―これからまだまだリーグ戦は続いていきますが?
自分の代わりも後ろに何人もいますし、出たくても出られない選手はいっぱいいて、下手なプレーをしたらすぐに代えられてしまうので。レギュラーで使ってもらっている以上は自覚と責任を持ってやっていきたいですね。

―最後に明日に向けて一言お願いします。
チームの目標としては、今日みたいにコールドで攻撃面ではしっかりチャンスで打って、守りでも塚本さん、松居さん共にテンポよくて守りやすかったので。個人的にもチャンスで打って、得点に絡んでいけたらと思います。

塚本(貫録の5回無失点。!)

―今日の試合の感想は?
全日がこの前終わったばっかで、練習もそんなに出来ていない中で自分の投球フォームを確かめる試合にしました。

―5回無失点という内容に関してはいかがですか?
東大戦なので当たり前なんですけど、全日は全然インコースに投げれなくて、外か真ん中だけだったので…。今日は投球もインコース投げれたんで良かったです。

―全日の疲れはありますか?
ちょっとありますけど、一戦目が東大で助かりました。

―新チームを意識しての試合はいかがでしたか?
打って当たり前なんですけど、今まで相手ピッチャーが遅すぎて打てないとかあったんで今日どうなるかと思ってたんですけど、うまいこと打ってくれて、1・2年生が期待に応えてくれたので明日も頑張って欲しいです。

―全日を終えて気持ちの切り替えは?
準優勝でしたけど、全国で2位って誇れることなんで、六大で負けないよう気持ち切り替えてしっかり優勝したいです。

★松居(2回を三者凡退にピシャリ!)

―今日はナイスピッチングでしたね。
でも自分的には全然だめで、たまたま打ってくれた感じがあったので、これからは気をつけたいと思いました。

―具体的には?
ボールが高めに浮いたり、真ん中に甘く入ったりしたので、そこを気をつけたいと思います。

―今まで菅原さんなど先輩から学んできたことはありますか?
特に菅原さんとはいつも一緒に行動させてもらってて、キャッチボーロト化も一緒にやるのですが、菅原さん独自のものを色々と聞いて、自分の野球観が広まりました。

―まだ全日後のチームの雰囲気は?
全日のチームとはメンバーも全然違って雰囲気も全く変わったので、まだどうなるかは分からないですが、いい雰囲気だと思います。

―新体制になって向上させていきたいところはありますか?
全部です。特に個人的には不甲斐ないピッチングが多かったので、コントロールをよくして、ピンチにも投げさせてもらえるようなピッチャーになりたいと思います。

―最後に意気込みを!
頑張ります!

細川(タイムリーで2打点をマーク!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
今日は初戦だったのですが、コールドで勝てたのでよかったです!

―打席ではどのような心境で?
もう打つだけだったので思いっきりいきました。

―4年生が抜けた状態の戦いとなりましたが?
チームの雰囲気もいいので、優勝出来るように頑張りたいです。

―全日終わってチームの雰囲気は?
雰囲気も相変わらずいいですね。

―秋に向けて意気込み等お願いします。
試合に出たら、頑張ってチームに貢献出来るようにしたいですね。

―ポジション争いも加熱しそうですが?
そうですね。なるべく試合出れるように、練習から頑張ります。

★鈴木(3打数2安打!新チームには欠かせぬ存在!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
久しぶりにスタメンで出たのですが、内野手はいい選手が多いので、これからもみんなで切磋琢磨していきたいですね。

―レギュラー争いも厳しくなりそうですが?
そうですね。そこは気を抜けないので、みんなで競争し合って全体的にレベルアップ出来ればいいと思います。

―全日終えてのチームの雰囲気は?
やっぱり最初はダラっとしていて少し不安だったのですが、試合が始まったらみんなしっかりやっていたのでよかったです。

―4年生が抜けた状態での戦いでしたが?
自分は2年で、上級生になってきているので下級生を引っ張っていかなくてはならないという気持ちになってきています。

―今日は打撃もあたっていましたが、調子などはいかがですか?
今週、リーグ戦に向けてしっかり自主連などもして調整出来ていたので、その成果が出ていると思います。

―この布陣で秋は臨まれるのでしょうか?
そうですね。野手は沢山いるので、入れ替わりになるかもしれませんが、出た時はしっかりやっていきたいです。

―秋季リーグの意気込みをお願いします。
新チームに成りかけているので、新チームでも優勝目指して頑張りたいです!

フォトギャラリー

  • 100911 01全国2位という肩書きを引っさげ秋季リーグが幕を開けた!
  • 100911 02-自身も驚きのグランドスラム!!
  • 100911 03舟木は打撃で猛アピール!!
  • 100911 04堂々たるピッチング
  • 100911 05今後が楽しみな存在だ
  • 100911 06途中出場で意地のタイムリー!!
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み