【準硬式野球】vs立大2回戦:遠い追加点。1点差守り切りなんとか勝利。(9/19)

他校を圧倒する法大
連勝を狙ったが1、点を守り切るドキドキの展開で辛勝

 

トータル試合結果

 123456789
法 大 3 0 0 1 0 0 0 0 0 4 9 0
立 大 0 1 0 0 0 0 0 2 0 3 5 1

(法大)○大谷(1勝)、伊藤、松居、塚本‐櫻山
(立大)●関、田原‐仲澤

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png) 0% 0.25em no-repeat;">メンバー

打順位置選手
1 (7)  縣  悠太
  PH、7 宮川 拓実
2 (5) 鈴木 捷平
  5 坂元 頌
3 (4) 大塚 樹生
4 (3) 舟木 大河
  3 細川 裕丞
5 (9) 西森 雄紀
  PH、9 瀧口 貴博
6 (6) 阿久津 航太
  PH、6 金子 明信
7 (2) 櫻山 大樹
8 (8) 斉藤 大輝
9 (1) 大谷亘輝
  PH 横山翔
  1 伊藤厳
  1 松居勇佑
  1 塚本裕馬

戦評

秋季リーグ戦が始まってから唯一負けなしで他校を圧倒する法大。連勝を狙う法大だったが1点を守り切るドキドキな展開が繰り広げられた。

法大の先攻で始まった初回、2死から3番・大塚(社3)が勢いを殺した打球を放ち、内野安打とすると、続く4番・舟木(社1)のタイムリーとなる二塁打で先制する。だが、それだけでは終わらない。5番・西森(社3)が四球を選び出塁。チャンスに強く、最近頭角を現しつつある6番・阿久津(社2)が走者一掃となる見事な三塁打を放ち、さらに2点を加える。

3点のリードで始まったその裏。先発投手の大谷(スポ1)は2死から四球でランナーを出すも、要所を抑えた投球で1回を切り抜ける。ところが2回、一死から7番・長谷川に二塁打を浴び一失点を喫する。それでも大谷はなんとかリズムを崩すことなく後続を切る。

4回、無死から6番・阿久津が相手の失策により出塁。後に2死二塁として迎えるは9番・大谷の打席。ノーツーからの3球目をレフト後方まで運ぶと1人が生還し、投打に活躍できることをアピールした。

その後は何度か得点の機会をつくるが、決定打が出ず試合が進む。法大は6回から大谷に代わり、伊藤(経3)がマウンドに上がる。2死から安打や四球でピンチを招くも、なんとか踏ん張り無失点で終える。7回は三者凡退で危なげなく切り抜けて見せた。

8回には松居(社2)が登板。2番に死球、3番に安打を放たれいきなりピンチを迎える。そして4番に二塁打を浴び失点。ここで降板を余儀なくされた。

松居に代わり、無死二、三塁というピンチに登場したのは、昨日の試合で先発登板し6回を無失点に抑えている塚本(社3)。すると塚本は登板早々、ワイルドピッチで一点を失い、立大との点差は1点。さらに無死三塁というピンチは続き、このランナーがホームに生還すると同点というプレッシャーを背負いながらのマウンドとなった。しかし、塚本は冷静に後続を3人で打ち取り、エースの存在感を見せつけた。

投手陣を楽にするためにもなんとか追加点が欲しい法大。最終回にも無死から9番・塚本が安打で出塁するが、得点は叶わず。1点を守り切らなくてはならなくなった。

それでも塚本のピッチングは崩れることなく冴え渡り、最終回を抑えなんとか立大に勝利。法大は無傷のまま、来週の早大との試合を迎えることとなった。

リーグ戦に入り、全日と比べるとモチベーションの面では少し元気がないように思われる法大。これまでの反省を生かし成長していく新チームの、さらなる活躍に期待したい。

(壬生 ちえみ)

選手コメント

瀧口(久々の出場!!!)

―久々のバッターボックスはいかがでしたか?
めっちゃ楽しかったんですけどヒットにならないんですよね。狙ったんですけど、先っぽでした。でも楽しかったです。

―最後はウィニングボールもキャッチしましたが?
なんか来そうな気がしてたので。少し前に出て、もしライト前ヒットが来たら、ライトゴロにしようと思ってました(笑)

―ここ4試合が終わってのチームの雰囲気は?
全日でピークだったので、全体的に落ちてきている感じはするのですが、これからどんどん相手が強くなってくるので。もう一回作り直して、今年一年を締めくくるリーグ戦になるので、いいかたちに終わりたいと思います。

―最近は新人の活躍が目立ちますが?
それはこの秋の課題で、チームの底上げのために色んなやつにチャンスをあげて、どんどんみんなでレベルを上げていって、競い合って、強いチームになったらなと思ってやらせています。1年生では特に推薦組はみんな力を発揮している感じがします。大谷も推薦ではないですが、来年は塚本との二枚看板になってくれたらなという感じはあるので、大谷には期待してます。

―今日は4人の投手が継投しましたが、投手陣についてはいかがですか?
塚本、大谷はある程度計算できるのですが、伊藤と松居はまだ少し試合が作れていないので。まだバッターとやっているというよりは、ストライクを放るという中でやっている感じがあるので、もう少し練習が必要かなと言う感じですね。

―最後にこれからに向けて意気込みをお願いします!
自分たちが1番だっていうところを見せられたらなと思います!

大谷(リーグ戦初の勝利投手に!)

―今日の試合の感想をお願いします。
最後は結構ヒヤヒヤしたんですけど、なんとか勝てて良かったっていうのが率直な感想です。

―自身の投球についてはいかがでしたか?
自分は今日ちょっとボールが多くて、そういった面で苦しんだかなと思います。なんで、次からはもっと投げ込んで直したいなと思います。

―櫻山さんとのバッテリーについては?
ランナー二、三塁とかの時にフォークボールを要求してもらったのですが、ショートバウンドが多くて、なんとなく自信無くて…。けど、続けて同じ球のサインを出してもらえたので自信持って投げることができました。

―本日はタイムリーも放ちましたが打撃に関してはいかがですか?
ノーツーで、自分はピッチャーだってこともあってストライク入れにくるやろなって思ってました。で、思いっきり振った結果がたまたまうまくいったかなって感じです。

―今後、気をつけていきたいことは?
制球面で苦しんだので、もっとテンポ良く投げてリズムをつくっていくことと、もうちょっと長い回を投げられるスタミナが欲しいですね。スタミナに注意して投げていきたいです。

―次の試合に向けて一言!
次の試合も先発したらゲームを作って、チームのリズムが作れるように頑張りたいです。

塚本(大ピンチをきっちり抑えた!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
今日は9回だけだったのですが、ピンチが8回にあったので急遽登板になりました。全日の経験が生かされて全然動じなく投げれました。

―ピッチャーが全員出てきましたね。
西森に試合前から全員投げるぞと言われていましたので、準備だけはしていました。

―西森君が新主将としてチームを指揮しているのですか?
そうですね。まだ出来たばっかりですけど、西森はメリハリのきいたことを言うので、みんな付いていくと思います。またまとまったチームになれると思いますね。

―秋季リーグを通して今あるチームの課題は?
野手は水ものなので。でもバッティングはいいですし、守備もそんなに言うことないのですが、ピッチャーですね。安定感がないです。菅原さんみたいな人が一人いてくれるだけで、全然違いますからね。そういう所で、大谷の次、厳(伊藤)が復活してくれたらなと思います。

―次週の早稲田戦に向けて一言お願いします。
早稲田は力を付けてきていますし、気が抜けないのでなんとか一戦目で勝って勢い付けていきたいです。一戦目は自分が完投と言われているので、二戦目は誰が投げるかわからないですが、とりあえず一戦目勝って2試合で終わらせたいです。

櫻山(今日は4人の投手の球を受けた。)

―今日の試合全体を通しての感想は?
先発の大谷は頑張ってくれたんですけど、打線が援護しきれなくて。でも代わった伊藤もピンチを背負いながらも踏ん張ってくれたんでよかったです。松居はボール投げる以前に気持ちが弱すぎました。これだと、大谷・塚本・伊藤の3人で回していかないとダメになるので、ちょっとこっから慶應、明治と当たるのはキツイなと思います。

―投手陣の状態は?
大谷は良い球を放ってくれて、伊藤も昨日よりかは自分でも調子良いって言ってて、受けてる方からみても球がきてて、変化球もまあまあ良い感じで良かったです。松居はとにかく気持ちから直した方が良いのかなと思います。

―今後(明大、慶大など)、厳しい試合があるかと思いますがキャッチャーとして考えていることは?
いかにピッチャーに安心して投げてもらえるかが自分の課題です。強い相手になってくるんで、みんな気持ちが出て変な試合にはならないと思うんで。とりあえず、打線がピッチャーを援護して勝たせてやりたいです。

―次の試合に向けて
次の早稲田とは全日で危ない試合したんで、気を抜かず2連勝できるよう頑張ります。

阿久津(得点に絡む一打を放つ!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
東大戦を終えてから気を引き締めてやることが出来ました。

―1回にはタイムリーを放たれましたね。
(記録上)おそらくエラーになってしまったと思うのですが、得点に絡めてよかったです。

―打撃の調子はいかがですか?
立教戦では多分一本しか打っていませんし、ちょっとよくないですね。次は早稲田戦なので、早稲田までにはこの一週間で自分の調子に戻したいと思います。

―守備の調子はいいようですね!
最近になってやっと慣れてきて、今ではむしろセカンドよりショートの方が守れる程です。

―レギュラー争いも熾烈になってきていますが?
そうですね。今色々な人が出ていて、自分も気を引き締めてやらないと抜かされてしまうと思うのでしっかりやっていきたいです。内野全般そんなにレベル変わらないですし、みんなどこでも出来るようになってきているので、その中で自分がショートを勝ち取れるように頑張っていきたいです。

―全日が終わり秋季リーグ戦が始まりましたが?
秋は4年生が最後なので、優勝をプレゼントすることが出来れば自分は満足です。

―来週の試合に向けて一言お願いします。
来週は早稲田で、本当に気抜けないですね。早稲田も4年生がほとんど出ていなくて新チームのようなので、気を引き締めてやっていかないとですね。来年の春に法政は弱いと思われたくないですし、強い所を見せたいと思います!

西森(声を張り上げチームの指揮をとる!)

―ここ4試合を振り返っていかがですか?
秋なので、チームの質を上げるためにもみんなにチャンスを与えるようにして、思い切って取り組んでいます。チャンスをもらって、みんなが結果を出してくれるのが一番なのですが、結果を出す人出さない人は色々で。次の早稲田戦はそんなにころころ代えるっていうゲームは出来ないと思いますが、なるべくチャンスをみんなに与えていきたいです。今まで出ていた人はそれなりの活躍をしてくれると思うので、そいつらを軸に来年の春を見越して新しい人が出てきたらなと思ってます。

―ピッチャー陣に関しては?
今日は塚本に感謝してます。伊藤君も昨日、ゲームを崩しかけたのですが、今日は立ち直ってくれてたので、そういうのを大事にしながらねばり強く使うところは使っていきたいです。やる気さえあったらプレーには変な影響はないと思うので、そこら辺を見ながら頑張って連勝で勝てたらなと思っています。

―最近は西森さんが中心に指示出しをしていますね?
そうですね。監督を試合に出ない自分らの同期にやってもらって、大塚と相談しながらやってます。去年のように色んな人の話を聞いて、意見をまとめたら強くなると思うので。頑張ります!

フォトギャラリー

  • 100919 02フルスイング!!試合をめいっぱい楽しんでいた☆
  • 100919 03投打に活躍!!
  • 100919 04ピンチも落ち着いて対処してみせた塚本
  • 100919 05元気いっぱいのプレーが光った坂元
  • 100919 07熾烈なレギュラー争い勃発 どれだけ結果を残せるかが重要だ。
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み