【準硬式野球】vs早大1回戦:被安打ゼロの塚本、援護できずまさかの黒星...。

負けなしの法大、早大との一回戦。
負けられない一戦は1点を争う壮絶な投手戦。
しかし最終回に劇的な結末が待っていた。

 

トータル試合結果

 123456789
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
早 大 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 1 0 0

(法大)●塚本(2勝1敗)‐櫻山
(早大)○原田健‐古跡

メンバー

打順位置選手
1 (4) 大塚 樹生
2 (5)、6 金子 明信
3 (7) 西森 雄紀
  PH、7、9 瀧口 貴博
4 (3) 舟木 大河
5 (9) 横山 翔
  PH、7 宮川 拓実
6 (6) 阿久津 航太
  PR  縣  悠太
  5 鈴木 捷平
7 (2) 櫻山 大樹
8 (8) 斉藤 大輝
9 (1) 塚本裕馬

戦評

ここまで負けなしの法大は、早大との一回戦に挑んだ。どちらも負けられない一戦は、1点を争う壮絶な投手戦なる。しかし最終回に劇的な結末が待っていた。

法大の先発は塚本(社3)。3回まではすべて三者凡退に抑えるパーフェクトピッチング。だが、4回にエラーと四球でピンチを迎える。しかしここは気迫のピッチングで無失点に抑える。

一方、法大の打線も早大の先発・原田健に4回までパーフェクトに抑えられる。しかし、5回に1死ながら今日初スタメンの横山(スポ1)が粘って四球を選ぶ。続く阿久津(社2)が送るが得点には結びつかず。

そんな中、両チーム通じて初ヒットは、8回無死から代打の宮川(経1)によって生まれた。しかしキャッチャーからの転送で挟まれタッチアウト。無死1塁のチャンスを生かすことができなかった。

しかし法大はこのままでは終わらない。最終回に先頭打者の塚本がセンターへのクリーンヒットを放つ。しかしここでもランナー・塚本が挟まれてしまいタッチアウト。延長に望みを繋ぎたいところだった。

しかしドラマは最終回の裏に待っていた。塚本は、先頭打者に四球を与えると、続く打者にも連続で四球を与えてしまい、無死1,2塁の大ピンチ。ここで送られ、1死2,3塁。さらに塚本は、厳しいところを突くが四球を与えてしまう。だが、エースの意地を見せるかのように次の打者から三振を奪う。しかし、まだピンチは続く。これを乗り切れば流れが法大に来るのではないかと思った次の瞬間、ショートに打球が飛んだ。しかしこれをショート金子(社2)が痛恨のエラー。サヨナラを許す幕切れとなってしまった。

どっちに転ぶかわからない試合を落とすのは痛かった。しかしエースの塚本は無安打に抑える好投。次に繋がる収穫となった。

早大にもう負けられない、追いつめられた状況になった法大。しかし、ここで力を出せてこそ優勝にグッと近づくのではないだろうか。明日は打撃の奮起も見せて欲しい。

(小田切 直也)

選手コメント

金子(今日の悔しさを明日の力に!!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
投手戦でなかなか一本が出なくて、塁に貯めることも出来ませんでした。そういった展開で、9回四球でランナーが出て塚本さんはピンチで粘っていたのですが、最後は自分が弾いてしまいました…。普通に落ち着いてやればアウトに出来たのですが、焦ってしまいましたね。本当にすみません。明日から頑張ります。

―ご自身の守備の自信の程は?
守備には自信がある方なのですが… ああいう場面には弱いですね。しかもそういう時に限って飛んでくるんですよね…。

―レギュラー争いも熾烈になっていますが?
そうですね。やっぱり結果残さなきゃいけないというプレッシャーもありつつ、試合にも勝たなきゃですしね。成績出さなかったらベンチも入れないので、もっと練習して結果を残せるようにする事と、ああいうプレッシャーのかかる場面でもしっかりプレーが出来るようにしたいです。

―原田さんは全日でも対戦しましたが?
まっすぐはそこまで速くないと思ったのですが、球が切れていましたね。捕らえたと思っても捕らえきれてないというイメージがありました。やっぱりいいピッチャーだと思います。

―ランナーが挟まれたり、チャンスを潰していた場面もありましたね。
こっちは一本出て、塁にも出たのですが、自滅という形になってしまいましたね。チャンスはちょくちょく潰していました。そういうのもあって、少しずつ流れは相手に行っていたかなと思いましたが…やっぱりああいう所でミスしたらダメですね。

―第2戦に向けて一言お願いします。
出るチャンスがあったら精一杯頑張って、今度はいい結果を出せるように、インタビューでいい報告が出来るようにしたいです。

★櫻山(塚本と共に相手打線をノーヒットに抑えるも…。)

―今日の試合を振り返っていかがですか?
打てませんでした。
塚本がいいピッチングしてくれたのに、その前からやっぱりちょくちょく守備が乱れてて。怪しいなあと思ってたのですが、最後の最後に油断というか、気のゆるみが出てしまってあんな結果になったのかなと思います。

―最終回のピンチには、何か作戦はあったのですか?
ノーアウト1、2塁になったときに絶対にバントでくるだろうと思ったのですが、舟木に絶対に前に来いって言って、塚本にも球は遅くてもいいからアウトコースに投げて全力で前に出てきてと言ってたのですが、打球を殺されて、あのバントは仕方ないなと思いました。

―今日負けたことで後がなくなりましたが?
次は相手ピッチャーも違うので、そのぶん打ちやすくなると思うので。明日勝って、3戦目は火曜日で授業に行けないですけど、もし原田さんが投げてきたら絶対に打って、勝ち点を落とさないようにしたいです。

―次の試合に向けて意気込みをお願いします。
打ちます!

横山(公式戦、初スタメン!!!)

―初スタメンの感想は?
めっちゃ緊張しました。この前も代打で出させてもらったんですけど中途半端なバッティングしちゃったし、早稲田って全日でも戦ってたのでそういうところから来るプレッシャーもありましたね。

―今日の試合の出来は
ヒット打ってないですけど、思いっきり振れたのは前より良かったなと。次、もし試合に出させてもらったらもっとチームに貢献したいです。

―今日の第一打席は初球から打ちにいきましたが狙ってましたか
ストライクが来たら打ちにいこうと思ってました。

―アピールポイントは?
1年生なんで、元気よく思いっきりプレイしたいと思います。

―新チームの感想は?
先輩たちは上手い人ばっかで、自分もそれに追いつけるように9人に入っても見劣りしないように頑張っていきたいと思います。

―今後の目標は?
とりあえず、ヒット1本打ちます!

―次の試合に向けて一言お願いします!
試合に出られるかわかりませんが、出られても、出られなくても今日負けてしまったんでチームの勝利に貢献したいです

フォトギャラリー

  • 100926 01好守を見せていただけに最後のプレーに悔いが残った。
  • 100926 03指示を出す櫻山
  • 100926 041年生らしい豪快なスイングを披露
  • 100926 05宮川、戻り切れずタッチアウト!
  • 100926 06ノーヒットノーランの好投も悔しい悔しい敗戦投手に…。
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み