準硬式野球

【準硬式野球】vs慶大1回戦:手に汗握るエース対決、塚本踏ん張りまず1勝

順延が続いた対慶大1回戦。
法大ナインは多摩グラウンドで慶大を迎え撃った

 

トータル試合結果

 123456789
慶 大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 8 2
法 大 0 0 0 0 0 2 0 1 3 7 2

(法大)○塚本(3勝1敗)‐櫻山、藤田
(慶大)●増田、小野‐浅井

メンバー

打順位置選手
1 (4) 大塚 樹生
2 (5) 斉藤 大輝
  PH 茨田 桂太
  5 横山 翔
3 (7)、8   縣 悠太
4 (9) 瀧口 貴博
5 (6) 阿久津 航太
6 (3) 舟木 大河
  2 藤田 稜
7 (2) 櫻山 大樹
8 (1) 塚本 裕馬
9 (5) 鈴木 捷平
  PH、5 坂元 頌

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早稲田東大試合勝点勝率
法政     ○○ ○○ ●○ ○○ 8 7 1 3 .875
明治     ○●● ●● ●● ○○ 9 3 6 1 .333
慶應 ●● ●○○     ○○ ○○ 9 6 3 3 .667
立教 ●● ○○     ○●○ ○○ 9 6 3 3 .667
早大 ○● ○○ ●● ●○●     9 4 5 1 .444
東大 ●● ●● ●● ●●     8 0 8 0 .000

戦評

たび重なる悪天候により順延が続いた対慶大1回戦。ようやく天気に恵まれた今日、法大ナインは多摩グラウンドで慶大を迎え撃った。

黒星こそ喫したものの、前回の登板では好投を見せた塚本(社3)が先発のマウンドに。登板間隔が開き実戦から遠ざかっていた影響もなく、立ち上がりは上々。毎回のように出塁こそ許すが、後続をしっかりと抑え打線の援護を待つ。しかし法大も慶大先発・増田を攻めあぐね、両者先制の好機が掴めないままスコアボードに0を並べる。

そして6回、先手を取って均衡を破ったのは法大だった。先頭打者の9番・鈴木(社2)がヒットで出塁し1番・大塚(社3)が犠打を決めると、2番・斉藤(社3)がこの日2本目となるセンター前ヒットを放ち1死一、三塁のチャンスに。すると続く3番・縣(社1)の犠飛で鈴木が生還。先制点をもぎ取る。さらに全日予選以来、初めてスタメンに名を連ねた4番・瀧口(社4)のレフトへのタイムリーで1点を追加し、2点のリードを奪う。

その後も塚本は味方の守備の乱れやヒットによってピンチを招くものの、落ち着いたピッチングで慶大に反撃を許さず終盤へ。

3番・縣が増田に代わった慶大・小野の初球を捉える。ライトの頭上を大きく超えた当たりは3ベースヒットとなり1死三塁とすると、続く4番・瀧口の犠飛で追加点を奪い、勝利を一気に手繰り寄せる。勝利を目前にした法大であったが、最終回に最大のピンチが訪れる。先頭打者をヒットで出塁させると、

さらに四球と内野安打で無死満塁に。そして続く打者に犠飛を放たれ1点を返される。2点差となり、なおも1死一、二塁と同点のランナーを塁上に置く状況であった。しかし最後はサードへの打球をしっかりと併殺打にしとめ試合終了。

好投手・増田を擁し春も熱戦を繰り広げた慶大、やはりすんなりと勝たせてはくれなかった。しかし今日の勢いそのままに2回戦も戦うことができれば、勝ち点は法大のものとなるだろう。連勝し、対早大3回戦、そして最終カードに弾みをつけたいところだ。

(武田 藍)

選手コメント

瀧口(久々の先発出場&得点に絡み大活躍!)

―今日は先発での出場でしたが?
西森が私用で地元に帰らなきゃいけなくて、その代わりに出たのですが、代わりっていう気持ちじゃなくて、今年はまだ1年生にいいところを見せてないので、何とかいいとこ見せたいなと思いながらやっていました。

―3打席目にはタイムリーも飛び出しましたね。
3打席目まで全く振れていなかったので、ちょっともう振るのをやめて、コンパクトに切り替えようと思って。それがずっと高めの真っ直ぐですやられてたんで、そこをはってたらちょうど来て、いいとこ飛んでくれたので良かったです。

―犠牲フライを放つ場面もありましたが?
あれは甘かったので、できればヒットにしたかったのですが。まだ外野フライ止まりなので、もうちょっと頑張らないといけないなと思います。

―増田投手の印象は?
テンポがよく、コントロールもいいので、なかなか甘いとこに来なかったので、前半は特に打ちあぐねて、ノーヒットくらいでいってたので。でも6回に集中的に打てたので良かったです。

―雨での延期が続き、影響はありましたか?
若干、練習もあまりできなかったので。でも条件は一緒なので、とにかく今日は勝てて良かったです。

―まだ明日や、その後も手強い相手との戦いが残っていますが?
とにかく3戦目いかずに、2戦で終わらせたいです。あと全部勝って、明治からも勝って…。1年生の時からまだ明治から1回も勝ち点を取っていないので。これがやり残していることなので、全部やりきって、関東王座も取って、最高な形で締めくくりたいと思います。

塚本(9回を投げ切り1失点)

―今日のピッチングはいかがでしたか?
省エネで行こうと思ったんですけど9回に1点取られて、防御率0.00狙ってたんですけどだめでしたね。9回の場面は、1回にも同じように満塁になってゲッツーとれたんですけど、球が浮いて外野に持っていかれてしまいました。悔しいですね。3人で終わらせたかったです。

―前回から登板間隔が開きましたが?
特に影響はないですね。

―調子はいかがですか?
調子はいいです。

―9回には藤田選手とのバッテリーでしたが。
まだ自信もってサインを出せてないですね。キャッチャーが不安そうだとこちも不安になってしまうので、自信を持ってほしいです。

―慶大打線の印象は?
1番の奥谷さんが足が速くて出塁させたら勢いがついてしまうので、出塁さないように気を付けました。

―2回戦に向けてお願いします。
立教戦みたいにまたピンチになったら投げるかもしれないので、投げたら抑えたいです!

斉藤(3打数2安打、勝利に大きく貢献!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
今日は塚本もふんばってくれて、点もいい形で取れたのでいい試合だったと思います

―雨で試合が流れていましたね。
試合も変則的になっているし、早稲田もあと一試合ありますしね。そういう中で気持ちを保っていくのが大変なのですが、西森を中心にいいかんじで練習出来てます。

―今日は瀧口さんもタイムリーを放たれましたね。
そうですね、二安打打ってくれましたね。4年生とも一緒に出来る試合が残り少ないので、ああやって活躍してれていいですね。

―ご自身も今日二安打放たれましたね。
そうですね。今日はボールが見えてました!

―増田君には苦手意識があるように思えていたのですが?
慶応には個人的にいつもやられてしまっていたのですが、今日はいい形で振れていましたね。1打席目立った時、次は打てるなって思いました。

―メンバーも入れ替えてきましたね。
秋なので、試すという事で色んなやつを出していますね。

―明日の試合に向けて一言お願いします。
明日は勝って、また変則になるのは嫌なので、連勝して勝ち点取ります!

縣 (ライトの頭上越える3塁打を放った!)

―まずは三塁打についてはいかがでしたか?
入ると思ったんですけど、入らなかったです。ちょっと早かったので、入らないかなとは思ったのですが、あそこまで飛んで良かったです。

―ホームまで行けるのでは?とも思えましたが。
最初は捕られたと思ったので抜いてて、落としたのを見たらファーストとぶつかりそうになって…。コーチャーもいなくて自分で見なきゃいけなかったので、止まりましたね。

―犠打や犠飛などの小技も決まってましたが?
犠打は、前の回に2人アウトになっていたので、打球を殺そうと意識してやりました。
フライはレフトの人が肩を潰して、投げれないってことを知っていたので、とりあえずレフトに打とうって意識して打ったら飛んでいったのでよかったです。

―守備でも今日はよく球が飛んでいきましたね。
早稲田戦で悲惨なプレーが沢山あったので少し緊張していたのですが、しっかりできたのでよかったです。

―雨で延期が続きましたが影響はありましたか?
練習を決めるのが主に西森さんになってから、実践練習が多くなったので。そこまでいきなり試合、という感じは無かったです。

―増田投手を相手に、どんな気持ちで臨みましたか?
西出さんに、お前は打てないって言われてたんで(笑)全部打ちますって言って、そういう気持ちで入りました。

―明日に向けて一言お願いします!
出るかは分からないですけど、出るチャンスがあったら今日のように頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

    • 101012 01久々のタイムリーにガッツポーズ
    • 101012 03今季3勝目をあげた塚本
    • 101012 04勝負強さを見せた斉藤
    • 101012 05元気いっぱい!縣は今日もチームを盛りたてた



 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み