【準硬式野球】vs明大2回戦:最後はやっぱりこの男・・・主将・瀧口、決勝アーチで春秋連覇!

1勝でもすれば優勝が決まる対明大戦。
最後までどう転ぶかわからない熱戦となった。

 

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 2 4 0 0 0 0 0 1 7 7 1
明 大 0 0 0 0 0 0 3 3 0 6 9 0

(法大)○伊藤(2勝)、塚本‐櫻山
(明大)●西、富井‐古跡

メンバー

打順位置選手
1 (3) 西出 清太郎
2 (4) 大塚 樹生
3 (8) 西森 雄紀
4 (9) 瀧口 貴博
5 (5) 山本 雄太
6 (6) 阿久津 航太
7 (7) 稲口 順弘
8 (2) 櫻山 大樹
9 (1) 伊藤 厳
  1 塚本 裕馬

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早稲田東大試合勝点勝率
法政   ●○○ ○○ ○○ ●○○ ○○ 12 10 2 5 .833
明治 ○●●   ○●● ●● ●● ○○ 12 4 7 1 .333
慶應 ●● ●○○   ○○ ○○ ○○ 11 8 3 4 .727
立教 ●● ○○ ●●   ○●○ ○○ 11 6 5 3 .545
早稲田 ○●● ○○ ●● ●○●   ○○ 12 6 6 2 .500
東大 ●● ●● ●● ●● ●●   10 0 10 0 .000

戦評

1勝でもすれば優勝が決まる対明大戦。1回戦を落とし、なんとしても勝って優勝を決めたい今日の試合は、最後までどう転ぶかわからない熱戦となった。

宿敵・明大を相手に、打線は序盤から攻めの姿勢を見せる。2回、5番・山本(経4)が四球で出塁すると、6番・阿久津(社2)が2号ホームランをライト方向へ叩き込み2点先制。さらに3回、先頭打者の1番・西出(社4)が2ベースヒットで口火を切ると、2番・大塚(社3)がヒットで続き1死二、三塁のチャンスを迎える。すると4番・瀧口(社4)、5番・山本、7番・稲口(経4)の4年生陣がタイムリーを放ち、相手のミスも絡んで一挙4点を追加。3回までに6点のリードを奪い、流れを法大のものとする。

この重要な一戦で先発マウンド託されたのは、これまで輝かしいピッチングで法大投手陣を支えてきた菅原(社4)。秋季リーグ戦初登板となったがそのブランクも感じさせず、打線の奮闘に応えるかのように軽快なピッチングを見せる。決して連打を許さず、盗塁を狙うランナーは櫻山(経3)の強肩が封じ込め、反撃の隙を与えない。7回まで明大打線を完璧に抑え6点のリードを守り切り、優勝の二文字が近付いてきた。

しかし幾度も苦戦を強いられ、「何が起こるかわからない」(西出)明大戦。試合も終盤の8回以降にまさかの展開が待ち受けていた。8回裏、1死一、二塁とされると4番・小林の打順でエラー、二者が生還。さらに6番・佐伯にセカンド強襲のタイムリーを許し3点目を追加される。後続は断ったものの、一気に3点差まで追い上げられ不穏な雰囲気が漂い始める。そして9回裏、明大の攻撃を抑えれば春秋連覇が決定するはずであった。先頭打者の1番・古城を出塁させ2死三塁とされると、4番・小林のタイムリーで1点追加、なおも2死二、三塁から7番・鈴木に同点の2点タイムリーを浴び計3点を献上。8、9回で6点あったリードを同点まで持ち込まれ、優勝を目前にして試合は振り出しに。勝負は延長戦へと持ち込まれた。

10回は互いに無得点に終わり、11回からは大谷(スポ1)が登板。優勝が懸かりさらに同点という厳しい場面からの登板であったが、大谷は何度も法大のピンチを救ってきた気迫の投球と精神力で、明大打線を抑える。

そして訪れた12回表、先頭打者は4番・瀧口。誰もがこの頼れる主将のバットに想いを託した。そしてここまで一人で投げ抜いた明大・岡田淳の3球目。瀧口が捉えた打球は大きく弧を描き、法大準硬式野球部全員の勝利への執念を乗せレフトスタンドへと吸い込まれていった。ベンチは歓喜に包まれ、瀧口を笑顔で迎えた。その裏は大谷がしっかりと1点のリードを守り切り、法大の秋季リーグ制覇、そして春秋連覇が決定した。

ドラマのような劇的な展開で優勝を果たした法大。今季の彼らは確実にどのチームよりも強く、輝いていた。積み重ねた努力、そして抜群のチームワークがこの素晴らしい結果をもたらしたのだ。ただ優勝は決まったが、リーグ戦はまだ終わっていない。明大から勝ち点を取るという使命が残っている。明日の3回戦に勝利し、有終の美で閉幕を迎えたいものだ。

(武田 藍)

選手コメント

瀧口(野球の神様がほほ笑んだ!)

―おめでとうございます!今日の試合はいかがでしたか?
春のイメージが頭をよぎったんですけど、8回からキャッチャーを代えたら流れが変わってしまって、焦りが守備にもあってミスがあって。そこでなんとか踏ん張れたのが、春からの進歩かなと思います。

―途中で捕手を代えたことについては?
6点差あって終盤だったので経験のために。今は櫻山しかいないのが現状なので、試合経験させようかなと思ったら危なくなってしまいました。

―決勝のホームラン!振り返ってみていかがですか?
その前に 塁で三振してしまっていて、スライダーでやられていたので。同じ球を狙おうと待っていたら来たので。思ったよりも飛ばなかったんですけどね(笑)もっと余裕でいったかなと思ったらあまり飛ばなくて。でもよかったです。結果的に。

―その前にもタイムリーを放たれていましたが?
このヒットはラッキーで、前にポテンと落ちただけなので。でもけっこういいところで打ててる感じがあるので、このまま明日もいいところで打てればなと思います。

―今日で春秋連覇ということですが、率直な感想は?
一安心したのですが、目標は明治から勝ち点を取ることなんで、明日勝って、締めくくりたいと思います。

―久々の4年生の活躍については?
4年生はムラがありましたよね。打ったんですけど、守りではエラーしたりとか。稲口はコケたし、山本はグラブに入らないし、ちょっとばたばたしちゃったんですけど、4年生らしいです。(笑)

―4年生みんなで出場しての感想は?
いやー楽しかったです。菅原は結局それかっていう結果だったんですけど、今日はあいつらしいピッチングができたと思うのでよかったです。

―明日は3回戦!意気込みをお願いします!
唯一、やり残していることなので、相性の悪さは試合を見ていたら分かると思うのですが、跳ね返して勝てる力はあると思うので、頑張っていきたいです。

菅原(好投するも9回にまさか…!!)

―優勝しての感想をお願いします
素直に、嬉しいです。

―今日のピッチングについては?
途中まで組み立てよくできていたんですけど、途中から流れが悪くなっちゃってチームには申し訳ないなと。調子はよくなかったんですけど、櫻山が良い組み立てしてくれたんで途中までは良い感じで投げられました。後は、自分のスタミナ不足だと思います。ふがいないです。

―久しぶりの試合ですがどうでしたか?
久しぶりの試合で大丈夫かなと思ったんですけど、まぁ一応途中まで作れたのはよかったかなと。ツメの甘さはずっとあるのかなと思いました。

―明治打線はどうでしたか?
鈴木に3安打打たれて、結構それがでかかったかなと思いました。終盤ではみんなに打たれたんで、そつない打線だなと思いました。

―キャッチャー代わった後の展開については?
それ言ったら言い訳になるんで。でも、櫻山出てるときはチーム全体に安心感があるとは思いますけど、藤田が悪い訳じゃないと思うんで。

―野手の守備についてはいかがでしたか?
間に落ちたりするのが多いんで、明治戦はいつもこうなのかなって感じですね。

―明日に向けて一言お願いします。
勝ち点5!!!

阿久津(2号ホームランを放った!!)

―優勝しての感想をお願いします!
4年生に優勝をプレゼントできて嬉しいです。

―試合の感想は?
1打席目に良い形でホームランが打ててよかったです。チームとしても、2回に2点取ったあと3回にも4点取れて良いペースだったんですけど、最後の最後で山場を迎えて…。ってなりましたけど、楽しかったんで良いんじゃないかなと思います。

―キャッチャーが代わってからの試合展開は?
藤田も慣れてないことも含めて、ちょっとビビってんのかわかんないですけど、もっと力抜いてプレーすれば大丈夫だと思います。

―守備はどうでしたか?
秋になってから守備で活躍することができなくて…。どうにか迷惑かけないようにと思ってプレーしてたんですけど、今日もエラーしてしまって。明日はもう少し頑張りたいです。

―バッティングの調子はいかがですか?
いや、今日は本当に久しぶりの当たりでしたね。打率とかも結構悪いんで。これから明治戦と関東王座もあるんで、なんとか活躍できればと思います。

―バックで守っていて投手の調子は?
菅原さんは本当に良いピッチングだったんで打たれないと思ってたんですけど、守備からリズムが崩れたかなと思います。大谷はピンチに強くて、1年生でこういったピッチャーが出てきてくれたことは嬉しく思います。

―ここまでリーグ戦を振り返っていかがですか?
全日で準優勝してから4年生を最高の形で送り出せればいいなと思ってました。ようやく、ここまで来たんで、明治に勝ち点取って気持ちよく優勝させてあげたいなと思います。

―明日に向けてお願いします!
エラーもして打てない時もある自分を使い続けてくれた4年生なので、お礼の意味も込めて明日こそは活躍できればなと思います。

大谷(勝負強さ見せ5勝目!)

―11回のマウンドに上がる気持ちはどうでしたか?
最近こういう状況で上がることもあるので、慣れてきました。でも、一点取ってくれたあとは緊張しました。最後は古城さんにまで回したくなか ったけどうまく決まってよかったです。

―このリーグ戦5勝ですがどんな気持ちですか?
たまたまです。運を持っていると思います。

―今後どのようなピッチャーになりたいですか?
スピードもコントロールも一つずつレベルアップして、きっちり勝ち切れるピッチャーになります。

藤田(課題抱えるもなんとか勝利)

―今日の試合内容について振り返ってみていかがですか?
慣れていないのが試合に出てしまって。実践慣れしていないのが雰囲気を崩して、味方のエラーも生んでしまったのかなと思います。もっと実践練習を積んで、次の試合は頑張りたいなと思います。

―菅原さんの投球については?
サインがあまり合わなかったですかね。あとはインコースにあまり入らなくて。

―大谷君については?
たまに浮く部分もありましたが、思ったところに投げてきてくれたかなと思います。

―今後への課題は見えましたか?
とにかく練習するのみです。ピッチャーの球をよく見て、頑張っていきたいです!

西出(安打製造機とはこの男!!!)

―優勝しての率直な感想をお願いします!
秋は楽しもうと思ってたんですけど、結果が優勝だったのでよかったです。

―今日の試合を振り返っていかがですか?
1年のときから明治から勝ち点を取ったことが無かったんですけど、今日は追いつかれるとは思わなかったですね…。何が起こるかわからないです。でも最後は勝ててよかったですね。

―6打数5安打の大活躍でした。
昨日だめだったのでどうにかしようと思って、思いっきりいけました。

―岡田投手の印象は?
立ち上がりは悪かったんですけど、変化球を狙って打ったのが良かったですね。

―8回からは厳しい場面が続きました。
守っててもしんどくて、でもだれ一人諦めてませんでした。今日で決めたかったので、決めれてよかったですね。

―瀧口さんのホームランについては?
感動しましたね。

―明大に苦手意識はあるのでしょうか?
力ではうちのほうが上だと思うんですけど…明治とは何かしら起きますね。

―明日の3回戦に向けてお願いします!
明日勝ち点取って、全チームから勝ち点取って終わりたいです!

山本(全日ぶりの先発出場!)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか?
8、9回で決めきれなかったのが痛かったです。今後の課題ですね。

―6点差を同点にまでされてしまいました。
やっぱり油断もあったと思いますし、菅原も1人でずっと投げていたので疲れもあったと思います。

―藤田君が途中からマスクを被りましたが?
試合経験も浅いですし、やらせないとわからない所とかもあると思いますし、仕方ないと思います。

―最後は主将がホームランで決めてくれました!
嬉しかったですね、やっぱり!

―昨日、今日久々の試合出場でしたね。
とりあえず疲れました(笑)でも楽しかったですね、思い切ってやれたので。

―ボールが沢山飛んできましたね。
そこは本当に迷惑かけてしまったと思います。

―取れそうなボールもあったような?
はい。ごめんなさい。

―最後は負傷されたのですか?
はい。すみません、本当に(笑)

―同点に追い付かれて流れは明治に行ったかのようでしたが?
やっぱり同点で耐えれたので、それが大きかったと思います。

―今日で春秋連覇が決りましたね!
そうですね。秋は3年生以下が中心によくやってくれたなという上から目線のコメントです。

―明日に向けて一言お願いします。
とりあえず指が痛くなかったら試合出たいので、頑張ります!

稲口(久々の出場でタイムリーを放つ)

―優勝しての感想をお願いします。
そうですね、嬉しいです。(笑)

―久しぶりの試合になりましたが?
スタメンだと、自分は合宿前に出たのが最後になるんで、本当に久しぶりでしたね。なので、とりあえず楽しんでやろうかなと思ってやったので楽しかったです。

―今日の試合についてはいかがでしたか?
もともと、バットが振れてなかったんで打てないなぁとは思ってたんですけど、ポテンでもタイムリーが生まれたんでよかったです。
守備はまぁ…しょうがないです。追いついたんですけど、スパイクの刃がちょうど芝のいい所に入って滑りました。

―キャッチャーが代わってからの試合展開はどうでしたか?
藤田がどうのこうのって言うより、プロ野球とかでもキャッチャー代わると流れが変わるじゃないですか。それだったんじゃないかなって思います。藤田自体は別に悪くないんで、あいつが自信を付ければいいなと思います。

―瀧口さんのホームランは?
やっぱり、うちの10番は格好いいっスね。決める所で彼は決めてくれますね!

―優勝までのリーグ戦を通して一言お願いします。
雨とかで流れたりってあったんですけど、最終的には全部勝ち点取ってきてるんで、明日勝って全チームから勝ち点を取れたら良い終わり方になるんで、全力で頑張りたいです。

フォトギャラリー

    • 101024 03試合を決めた主将の一本!
    • 101024 02見事な決勝弾!!三塁を回る瀧口
    • 101024 01まさかの同点…
    • 101024 04久々の登板、エース菅原



 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み