【準硬式野球】宿敵、明治から勝点奪取!秋季リーグ戦、完全制覇

相手は4年生が入部して以来一度も手にしていない明大
勝ち点を取るべく、リーグ戦最終戦が行われた。

 

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 1
法 大 0 2 0 0 0 1 1 0 X 4 9 0

(法大)○伊藤(2勝)、塚本‐櫻山
(明大)●西、富井‐古跡

メンバー

打順位置選手
1 (3) 西出 清太郎
2 (4) 大塚 樹生
3 (8) 西森 雄紀
4 (9) 瀧口 貴博
5 (5) 山本 雄太
6 (6) 阿久津 航太
7 (7) 稲口 順弘
8 (2) 櫻山 大樹
9 (1) 伊藤 厳
  1 塚本 裕馬

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早稲田東大試合勝点勝率
法政   ●○○ ○○ ○○ ●○○ ○○ 12 10 2 5 .833
明治 ○●●   ○●● ●● ●● ○○ 12 4 7 1 .333
慶應 ●● ●○○    ○○ ○○ ○○ 11 8 3 4 .727
立教 ●● ○○ ●●   ○●○ ○○ 11 6 5 3 .545
早稲田 ○●● ○○ ●● ●○●   ○○  12 6 6 2 .500
東大 ●● ●● ●● ●● ●●   10 0 10 0 .000

戦評

昨日の試合では、最終回に追いつかれ延長戦となるも、主将の一発により春秋連覇という偉業を成し遂げた法大ナイン。一夜があけた今日、4年生が入部して以来一度も手にしていない明大からの勝ち点を取るべく、リーグ戦最終戦が行われた。

法大は、東大2回戦以来の先発登板となる伊藤(経3)がマウンドを託された。初回、伊藤は先頭の古城にヒットを放たれるもその後は危なげない投球を見せる。打っては2番・大塚(社3)や4番・瀧口(社4)の安打などで2死一、三塁とするも得点には至らず初回を終える。

試合が動いたのは2回。6番・阿久津(社2)の単打と7番・稲口(経4)の二塁打で1死二、三塁とし、迎えた9番・伊藤が二塁打を放つ。そしてその間に2人が生還し、自らのバッティングで先制に成功する。

3回を三者凡退に打ち取った伊藤だが、4回には連打を浴び無死一、二塁とピンチを招く。それでも後続を抑え、しっかりと無失点に切り抜けた。伊藤はさらに5回も三者凡退に押さえ込み相手打線を圧倒。来年につながる見事な投球を見せつけマウンドをあとにした。

続いて6回からマウンドに上がったのは塚本(社3)。塚本は先頭の2番・長谷部にセンター前へ運ばれ、その後1死三塁とされるも得点を与えない。

一方、3回以降はホームが遠い法大打線であったが6回。2死を奪われてから6番・阿久津がライト前に運ぶと、7番・稲口の当たりが相手のエラーを誘い二、三塁。そして8番・櫻山(経3)が綺麗にセンターへ打ち返し1点を追加する。さらに7回にも1番・西出が二番手の富井から二塁打を放ち出塁、のちに三塁へ進むと、ワイルドピッチで1点が入りその差を広げた。

塚本は7回、先頭の舟木に三塁打を放たれるも、後続は死球を挟み三者三振に打ち取り、試合はそのまま9回へ。

そして1死一塁の状況で迎えた7番・鈴木への4球目。打球はライト・瀧口のグラブにそのまま入ると、飛び出していた一塁走者に西出(社4)がタッチしアウト!最後はダブルプレーでリーグ戦の終止符を打った。

全チームから勝ち点を奪い、完全優勝というかたちでリーグ戦を終えた法大の選手たち。「やり残していること」、と語っていた明大からの勝ち点も、最後は危なげなく、王者の貫禄を見せつけるかたちで手にした。

次なる戦いは来月3日に行われる関東王座。この試合が、4年生にとってのラストマッチとなる。社会人チームや他リーグの優勝校など、強豪が出そろうこの大会。法大らしい野球を見せつけ、今年最後のリーグ戦のグランドを笑顔であとにしたいものだ。

監督・選手コメント

瀧口(まさに今日が集大成…!!!)

―今日は明大から勝ち点取りましたね!
よかったですね。ちょっといい感じに終われて。0点に抑えて勝てたことがよかったと思います。

―伊藤君も久々の投球で結果を残しましたね!
伊藤は調子がよかったので。5回をめどにしていたので、6回からは塚本でいこうと考えていました。そこで2人とも、ピンチにも落ち着いて投げてくれて、0で抑えてくれたのでよかったです。

―バッティングについては?
若干、変な考えが起きてしまって。リーグ戦最後かとか考えておかしくなってしまったんですけど。でもすごく楽しめました!

―やはりリーグ戦最後ということで、特別な意識があったんですね?
そうですね。この打席が最後だなとか思って。フォアボールだったのにボール球を振っちゃって。(笑)セカンドゴロで終わっちゃったんですけど。色々ありましたが、最後はいいかたちで終われてよかったです。

―リーグ戦全体を振り返ってみていかがですか?
今年一年、すごく充実していました。春秋連覇できて、全日ではあと一歩だったんですけど準優勝までいって。すごくいいチームだったなと。野球やってて楽しいチームだったなと思います。それが一番よかったです。

―4年生5人とはどんなメンバーでしたか?
プライベートもご飯行ったり遊んだり、楽しくやってます。だから最後は稲口がエラーしても許してやろうかなと(笑)。今日はバッティングは当たってたんですけどね、昨日はコケるし(笑)。山本はグラブにボールが入らないし、西出は相変わらずな守備範囲だったのですが…面白かったですね。

―関東王座については?
一応まだ現役なので。関東王座ももちろん優勝狙っていくので、4年生でもうひと頑張りしたいと思います!

伊藤(久々の登板も好調ぶりアピール!!!)

―今日の試合を振り返っていかがですか?
無失点に抑えられて、全体的によかったと思います。

―ピッチングについては?
球を低めに集められて、真っすぐが走ってました。

―明大から勝ち点を奪いましたね。
練習をちゃんとしていた結果だと思います。春に向けてまた頑張っていけたらいいですね。

―今シーズンを通して、課題は見つかりましたか?
あまり投げていないので、信頼されるように頑張ります。

―関東王座へ向けてお願いします!
チームとしては、優勝が目標です。個人的には、納得できるピッチングで勝利に貢献したいですね。

稲口(二塁打2本!守備でも注目のを集めることに)

―今日はナイスバッティングでしたね!
たまたまです。昨日、塚本とかに「当てにいってますね」って言われたので、とりあえず振ろうと思って、思い切り振りました!

―最後のリーグ戦ということで、いかがでしたか?
ヒットも打てたし、エラーもしたし、色々あって面白かったです。

―エラーの状況については?(笑)
完全に僕のミスです(笑)。昨日も滑ってしまったんですけど。

―リーグ戦すべて終わりましたが、振り返ってみてどうですか?
最初は4年間は長いなと思ったのですが、終わってみたら意外と短くて。それで後輩も頑張ってくれて、全日も行けたし、リーグ戦も春秋連覇できたのでよかったです。

―最近は外野でも多くの下級生が活躍していますが?
みんな上手いので、来年の方が強いんじゃないですかね。守備に関しては来年の方が上手いです。バッティングがよくなれば、全日で優勝できると思います。

―明治から勝ち点取りましたが?
1年で入ってから一回も取ってなかったので、必ず取ろうと思って。今日取れてよかったです。本当に4年間楽しかったのでよかったです。

―最後には関東王座が残っていますが?
社会人のチームや、普段やらないチームも出てきますので、普段やらない相手にも勝って、優勝できるように頑張ります!

山本(最後のリーグ戦でのびのびプレー!)

―今日の試合はいかがでしたか?
伊藤がいいピッチングをしてくれて、守備の乱れはあったけど塚本も頑張ってピッチャーがしっかりしてくれましたね。

―明治から勝ち点を奪いました!
4年間で初めてなので嬉しいです。今まで勝ててなかったし、2年前は自分のせいで負けたので最後に勝ててよかったですね。

―後輩たちのプレーはいかがでしたか?
ピッチャーは塚本がいて、大谷、伊藤の計算できるピッチャー三人がしっかりできれば大丈夫だと思います。打線は問題ないですね、期待できます。

―次は関東王座がありますが。
出たら頑張ります。

フォトギャラリー

  • 101025 014年生の意地見せた!!!
  • 101025 02ボールを受け取る塚本
  • 101025 03試合終了!笑顔がこぼれる山本、塚本、瀧口
  • 101025 04最後は瀧口→西出と渡り試合終了!
  • 101025 05来年につながる好投を見せた!!!
  • 101025 06ミスもご愛敬♪
  • 101025 07山本フルスイング!!
  • 101025 08試合後、握手を交わす選手たち
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み