【準硬式野球】VS東大1回戦 三連覇へ好発進!! 雨の中の勝利 

東京六大学 準硬式野球春季リーグ戦
vs東京大学1回戦
2011年 4月9日(土)大田スタジアム

4月9日。ついにリーグ戦が幕を開けた。
震災の影響でリーグ優勝校がそのまま全日本大会へ駒を進めるという変則的なルールになり、法大は三連覇という目標を追いながら全日出場を目指す。
東大との初戦を制し、その目標へ近づけるか。彼らの熱い戦いが今始まる。

 

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 5 1
法 大 3 0 0 0 1 1 0 1 X 6 11 0

(法大)○塚本(1勝)、松居、吉田‐櫻山
(○大)●長澤‐樋口

メンバー

打順位置選手
1 (4) 大塚 樹生
2 (8) 宮川 拓実
  PH、8 斉藤 大輝
3 (9) 金子 明信
4 (3) 茨田 桂太
  PH、3 野村 慎吾
5 (7) 縣 悠太
  PH、7 宇賀神 勇人
6 (6) 阿久津 航太
7 (2) 櫻山 大樹
8 (1) 塚本 祐馬
  1 松居 勇佑
  PH 山内 悠大
  1 吉田 陵
9 (5) 鈴木 捷平
  PH 木村 直弘
  5 坂元 領

開会式の後、東大との開幕戦を迎えた法大。今にも雨が降り出しそうな天気の中、リーグ三連覇へ向けてまずは好調な滑り出しを見せた。


先発の塚本(社4)は初回から5回まで三者凡退に抑え続け無失点で試合の流れを法大に引き寄せる。
後攻の法大は守備でリズムをつかむと、相手の立ち上がりを一気に攻めた。
先頭の1番・大塚(社4)が相手の失策を誘い出塁。すると2番・宮川がきっちり犠打を決め、3番・金子(社3)が四球を選び、1死二、三塁と先生のチャンスが広がる。
そして、その得点のチャンスで4番・茨田(スポ2)がセンター前へ先制のタイムリーを放ち会場の空気を一気に法大のものにした。
なおも走者二、三塁で5番・縣にもタイムリーが出る。クリンナップがしっかりと機能し見事初回から先制した法大はその後も着実に得点を重ねていく。
しかし、6回表今まで無安打で東大打線を抑えてきた塚本が、この回の先頭打者7番に安打を打たれる。それによりリズムを崩したのか、この回死球や安打でついに1点を返されてしまった。
天候も5回を境に次第に悪化していき6回には激しい雨が降り出してしまった。
いやなタイミングで降り出した雨だったが、それに奮起させられたのか6回裏7番・櫻山(経4)が三塁打で1死三塁にすると9番・鈴木(社3)が安打できっちり返し、流れは法大に残ったまま試合はすすむ。
そして、9回表ここさえしのげば法大の勝利となる場面。代わった投手の吉田(社1)が再び先頭打者に安打で出塁をされると、会場は緊迫した空気につつまれる。その後も暴投や二塁打で1点を返されてしまった。しかし、東大の攻めもここまで。最後は併殺で試合終了。
雨という悪天候の中での試合だったが、法大は無事勝利を果たすことができた。
しかし、震災による練習不足もあってか、課題が多く残る試合内容となった。この課題をいかに早い段階で克服していけるかがこれからのポイントになってくるだろう。(壬生ちえみ)

選手コメント

塚本(頼れるエース!彼の活躍に今後も期待)

―試合を振り返っていかがですか?
自分のプレーが出来ませんでした。次はこのようなことにならないようにしたいです。
―東大の印象は?
昨年とは違って打つようになっていました。
―ピッチングで意識したことは?
ストライクを投げて球数を少なくするよう意識して投げました。 
―明日の試合に向けてお願いします。
東大のペースに合わせないでプレーをしたいと思います。

櫻山(扇の要。冴えるリードで敵を翻弄)

―リーグ初戦になりますが?
最初は自分たちの野球が出来なかったのですが、後半は少しずつよくなっていきました。 
―震災により調整が難しかったと思いますが?
練習があまり出来ませんでした。リーグ戦で感覚を戻すのは難しいですが、これから頑張っていきたいです。 
―明日に向けて一言!
全員で打って全員で守って勝ちたいです。 

西森(本年度の主将!彼の活躍がチームの士気を左右する)

ー試合の感想は
勝ったのは当たり前で、やるべきことをやった結果です。しかし、その内容というのが悪かったかなと。(プレーの)質が低かったので、各自任されている部分でどこまできっちりこなせるかが今後の課題です。
ーチーム全体としてバッティングはどうでしたか
工夫してバッティングをしている人が正直あまりいなかったですね。なので、全員が意識して一打席を大切に工夫して打てていればまた違った試合展開になったかもしれません。そういう工夫ができるようになれば強いチームにも勝てると思うので。今年の目標は小さなことを徹底してやれるチームになることなので。 
ー明日に向けて
小さいことを積み重ねていって全戦全勝です。
全員がしっかり課題を克服できる試合展開になればいいと思います。

フォトギャラリー

    • 110411開幕式、先頭で出番を待つ法大
    • 1104112先制のホームを踏む大塚
    • 1104113果敢に進塁する宮川
    • 1104114今季初勝利を飾った塚本



 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み