【準硬式野球】VS東大2回戦 打線爆発!!完封で勝ち点を奪う

東京六大学 準硬式野球春季リーグ戦
VS東大2回戦 
2011年4月10日(日)法大多摩グラウンド

前日の天気とは打って変わった快晴の中、東大との2回戦が行われた。ここで勝ち点を取れば、幸先良く次の早大戦に臨めるであろう法大。前日の課題だった守備からリズムをつくること。打線につながりを持たせることができたのか。 

 

トータル試合結果

 1234567HE
法 大 0 4 6 0 2 3 0 15 16 0
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 5 2

(法大)○大谷(1勝)、松田‐櫻山
(東大)●田邉、山下‐樋口
[本塁打]宮川1号2ラン(3回・田邉)

メンバー

打順位置選手
1 (4) 大塚 樹生
2 (8) 宮川 拓実
3 (5) 金子 明信
  PH 野村 慎吾
  5 鈴木 捷平
4 (3) 茨田 桂太
5 (9) 木村 直弘
6 (6) 阿久津 航太
  6 坂元 領
7 (2) 櫻山 大樹
8 (1) 大谷 亘輝
  PH 山内 悠大
  1 松田 友行
9 7 西森 雄紀

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点
          ○○ 2 2 0 1
          1 0 1 0
          1 1 0 0
            00 00 00 00
            00 00 00 00
●●           2 0 2 0

2回表、法大の打線が火を噴く。先頭打者の4番・茨田(スポ2)が四球を選び出塁。1死二塁から6番・阿久津(社3)の安打でさらに得点のチャンスを広げる。すると、7番・櫻山(経4)が走者一掃の右中間へのタイムリースリーベースを放ち、2点を先制。ここでさらに点差を広げたい法大は1死一、三塁から9番・西森(社4)のタイムリーヒットでさらに1点を追加した。
続く3回表、再び4番・茨田が二塁打を放ちチャンスをつくる。すると5番・木村(経3)、7番・櫻山にもヒットか生まれ8番・大谷(スポ2)の打球が相手の失策を誘った間に2点を奪う。2死一塁の場面から1番・大塚(社4)が三塁打で大谷を返し、なおも走者三塁の場面2ボールから2番・宮川(経2)が2ランホームランを放つ。こうして打者一巡の猛攻で法大は着実に東大に力の差を見せつけた。
守備では先発の大谷が大活躍。安打を放たれながらも要所を押さえた丁寧な投球で5回を三安打無失点で乗り切る。
6回表には7番、8番、9番に連続で長打が生まれダメ押しの追加点となった。その裏、法大はルーキーの松田(経1)をマウンドに上げる。初めての登板ながらも松田はこの回を三者凡退に抑える。7回裏にはヒットを打たれるも堂々とした投球で切り抜け法大の勝利に花を添えた。
そして、投打がかみ合いした法大は大会規定により7回コールドで試合終了となった。
こうして法大は東大に2連勝し、勝ち点をもぎ取る。前日出た課題をそれぞれが意識しながらプレーすることで新たな目標も定まったことだろう。さらに新入生の活躍も見られ、これからがより楽しみになることは間違いない。
本当の戦いは早大戦からだ。選手たちも口をそろえてそう語り、気合十分だ。さぁ、全ての準備は整った。次の早大戦に優勝へのカギがある。(壬生ちえみ)

 選手コメント

大谷(今季初登板で完封勝利!勝率10割狙えるか!?)

ー初登板の感想は
ストライク先行で球数を少なくできた。
ー調子はどうだったか
良いほうだと思う。
ー去年と比べて成長した部分は
球速が増した。しっかりと実感がある。
ーリーグ戦の個人目標は
何か賞を取りたい。
ー次に向けて一言
次も勝ちます! 

櫻山(長打で3打点!頼れる捕手)

ー今日の感想
全員まんべんなく打てたということ。それから、無失点に抑えられたこともよかったと思います。
ーバッティングでの活躍が目立ちましたね
東大のピッチャーなんで、引っ張らずに打とうと思って。全部センターから逆方向を狙ったんですよ。その意識がヒットにつながったかなと思いますね。
ーピッチャーの調子は
練習があんまりできてない割にはいい感じで来てるのでいいと思います。
ー守備、走塁でのミスがありましたが
守備はしかたないとしても、走塁はミスしちゃ強いチームには勝てないので、これからの練習で頑張りたいと思います。
ー早大戦へ向けて
最近力を付けてきてるので、厳しい試合になると思うんですけど、優勝するには勝つしかないので勝って勢いにのりたいです。

大塚(攻守に活躍!内野のエース)

ー今日の試合の感想
とりあえず、自分のバッティングの調子をあげることを1番に意識しました。昨日は打てなかったんですけど、今日は早い段階でヒットが出たのでよかったですね。
ーバッティング大活躍でしたが
早い打席でタイミングが合うと、その後の打席もリズムよくヒットが打てるのでいつも早い打席で打てるよう意識はしています。
ー守備は
いつでも来ると意識はしてました。グラウンドがちょっと荒れてたので、しっかり取る意識でやりました。
ー早大戦に向けて
勝つ!その中で自分がしたいことができればいいと思います 。

西森(響き始めた快音!このまま勢いで進めるか)

ー今日の試合は?
よかった点としては15点、7回コールドで終わったという点。普段出場してない人が結果を出してくれたこと。それから大塚のヒットが出て来たことですね。昨日よりは進歩したゲームでした。
ー守備については
守備よりも打撃の方が心配ですからね。特に、自分達が攻めのときは三者凡退をなくすこと。今日もそうだったんですが、最終回には必ず得点できるようにしたいです。
ー今日はヒットが出ていましたが
まだまだですね。9番バッターなんで。だんだん上位に戻れるように練習したいです。もしかしたら、試合に出られないかもしれないですが、チームが勝てるようにしたいます。
ー次に向けて
2戦2勝。今年の法政は強いと言われるように早稲田にも勝ちたいです。

木村(今季初先発!打撃で活躍。レギュラー定着なるか)

ー今日試合の感想
自分達の野球ができたと思います。15点取れたことより0点で抑えられたことの方が大きいと思います。
ー2日間とも安打が出ていますが
ちょっとフォームを変えて、それがいい方向になってるので、このままそれを保ちたいです。
ー走塁でミスがありましたが
盗塁は前から苦手で。でも、下手なりに次はミスなくやりたいと思います。
ー1週間空いて早大戦を迎えます
地震の影響で練習不足なので、しっかり練習してチーム力を上げて誰が出ても試合に勝てるようにしたいです。
ー早大戦に向けて
2勝することだけ考えて頑張って行きます! 

宮川(初本塁打!!チームの得点源に成長)

ー今日の試合の感想は
全体的に振れていました。でも、チームとしても点の取れるところで取れなかったり、走塁ミスなど小さいことができていなかったですよね。だから、そこができたらもっと強いチームにも対抗できていくと思います。
ー打撃好調だがHRは狙っていたのか
たまたまですかね。でも次の打席は狙って打ちました。だけど、チャンスで凡退しているから、そこで一本出せるようにしていきたいです。
ー去年と比べて成長した部分は
守備です。一球ごとの守備位置や一歩目を特に意識してプレーしています。
ー次に向けて一言
頑張ります! 

フォトギャラリー

    • 110412東大に2連勝!!喜びの法大
    • 1004122好投の大谷!彼の活躍無くして勝利はない
    • 1104123最後のアウトもきっちりおさえる大塚
    • 1104124三塁打で笑顔の櫻山
    • 1104125この直後ホームランを放った宮川
    • 11041261年生ながら堂々のピッチングを見せた松田

 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み