【準硬式野球】VS明大1回戦 最終回にまさかの展開...!勝利は目前、その刹那

六大学準硬式野球春季リーグ
VS明治大学1回戦
2011年4月30日(土)立川公園野球場 

前週に早大から勝ち点を奪うことができなかった法大は、春季リーグ戦連覇を成し遂げるためにも重要な明大との1回戦を迎えた。しかし、この試合は誰も予想しない劇的な結果となった。  

油断できない明大との試合が始まる!

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 12 3
法 大 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 8 0

(法大)●塚本(1勝、2敗)‐櫻山
(明大)○薄隅‐伊藤

メンバー

打順位置選手
1 (4) 大塚 樹生
2 (7) 宮川 拓実
3 (9) 西森 雄紀
  PR 縣 悠太
  9 横山 翔
4 (3) 茨田 桂太
5 (6) 阿久津 航太
6 (2) 櫻山 大樹
7 (8) 斉藤 大輝
8 (1) 塚本 祐馬
9 (5) 金子 明信

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝ち点
      ●△● ○○ 6 2 3 1 1
  ●○● ●●     6 2 4 0 0
  ○●○   ○○   6 5 1 0 2
  ○○ ●●       4 2 2 0 1
○△○         ○○ 5 4 0 1 2
●●     ●●   5 0 5 0 0

この重要な一戦でマウンドを任されたのは、エース塚本(社4)。初回は、二死から四球を出すものの力強い投球で、次の打者を空振り三振に仕留める危なげないピッチングを披露する。しかし2回、いきなりピンチが訪れる。この回の先頭打者に安打を許すと、バントで繋がれ一死二塁。ここで7番・鈴木にセンター前ヒットを打たれ、二塁ランナーは一気にホームを狙う。しかしここは、センター・斉藤(社4)の好返球で生還を阻止。だが、続く打者にヒットと四球を与え、二死満塁と再びピンチを招くが、ここは打たせて取るピッチングでライトフライに仕留めた。
試合が動いたのは3回。上位打線からの攻撃だったが1番・大塚(社4)、2番・宮川(経2)が打ち取られ、早くも二死となってしまう。しかしここで、3番・西森がセンターへこの試合チーム初ヒットを放つ。続く4番・茨田(スポ2)が強烈な打球をライトへ運ぶと、ここでライトがエラー。一塁ランナーの西森が生還し先制点を奪う。
この後は、両者どちらも一歩も譲らない投手戦となる。塚本は、その後7回まで三塁を踏ませない完璧なピッチング。だが、打線は相手にミスが出るものの、そこから点に結び付けることができないまま試合が進んでいく。
そんな中、7回に再び試合が動く。この回先頭の3番・西森がライトへヒットを放つとバントでチャンスを広げる。5番・阿久津(社3)もライト前ヒットを放ち、6番・櫻山(経4)の高いバウンドのサードゴロの間にランナーが生還。打者一人一人がしっかりと役目を果たし、追加点をもぎ取る。
誰もがこのままいくと思っていた9回。しかし、野球はそんなに甘くなかった。先頭打者を見逃し三振に取るが、後続にヒットと死球で一死一、二塁とされる。次の打者を打ち取り二死とするが、ここで迎えるは今日2安打されている3番・長谷部。バットを思いっきり振り抜かれた打球は右中間を破る二点タイムリーツーベースヒットとなり、土壇場で同点に追いつかれてしまう。だが、これだけでは終わらなかった。続く4番・小林にも右中間へタイムリーツーベースヒットを打たれ、逆転を許してしまう。
一気に追い込まれた法大であったが、9回を三者凡退に打ち取られ試合終了。明大との1回戦を落とす結果となってしまった。
この試合は、野球の怖さを改めて実感する試合であった。もう法大には後がない。勝ち続けるだけだ。投手の踏ん張りにこたえるためにも2回戦では打者の奮起を見せて欲しい。(小田切直也)

選手のコメント

西森(2点分のホームを踏むが勝利にならず)
 

―試合を振り返って
早大戦の雰囲気よりも良かったし、内容も良かったと思います。ただ、最後に詰めの甘さが出たという感じです。
―調子はどうでしたか
(チーム、個人ともに)上向いています。2点差だったということで塚本を代えられなかったので、ここは自分の決断力の甘さだったと思います。
―法政の投手陣の調子のほうはどうですか
投手陣は頑張ってくれているので、野手が頑張るしかない。一本出せなかった、打力で負けたという感じです。
―明治打線の印象は
印象はどこも強くない。自分たちが自分たちの野球をしていくだけ。4つもエラーをしてもらって点が取れず、(自分たちの)打力が悪い。
―最終回に入る時の気持ちはどうでしたか
勝ったと思ったが甘かった。この考えで実力が落ちたかもしれないが、雰囲気は良かった。
― 明日に向けて一言
完全に追い込まれたので、『勝つ』の一言。

塚本(機会に恵まれず、再びの黒星)

―試合を振り返って
ヒットは打たれたけど、8回まで0で抑えていたのでいけるかなと思ってました。けど、明大戦はいつも何かあるので気は抜かずにいました。明日は大谷に頑張ってもらいたいですね。
―9回に打たれてしまいましたが
もともとそれまでに10本近くヒットを打たれてたので。9回は長打が絡んだのでね。まぁ、あのタイミングで長打が出るかっていうね。今季は勝ち運に恵まれないなと。
―調子の方は
変わらず。悪いままですね。好不調の波が激しいので、安定して投げられるようにしていきたいです。
―明治打線の印象は
3、4番は長打があって、しかも3番の長谷部は去年も打たれてるので警戒してたんですけど。最後は抜けて上ずった球を打たれたので1球の重みを痛感しました。
―早大戦を終えて力を入れたことは
期間がなかった中、打撃練習をしていきました。
―次の登板にむけて
守備でリズムを作って1点をモノにできるようしていきたいです。

 

フォトギャラリー

    • 114 30油断できない明大との試合が始まる!
    • 114 302久しぶりのスタメンの斉藤が活躍!!
    • 114 303タイムリーを打ち、役目を果たした茨田
    • 114 304打たれながらも抑え続けた塚本
    • 114 305ホームを死守してリードを守る!!
    • 114 306得点の機会はこの男から!!守備に打撃に活躍した西森

 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み