【準硬式野球】VS明大3回戦 もつれ込む接戦の行方!延長の末の敗戦

東京六大学準硬式野球春季リーグ
VS明治大学3回戦
2011年5月2日(月)法大多摩グラウンド 

昨日の勝利の熱も冷めぬまま、ついにこれからのリーグ戦を左右する明大と3回戦を迎えた。明大とは相性が悪く苦戦を強いられているが、法大はここで勝ち点を奪い優勝への道を切り拓くことができるのか。手に汗握る試合は0点のままついに延長戦までもつれこんだ。 

再び勝ち点を落とし、苦汁をなめた

トータル試合結果

 12345678910HE
明 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 7 0
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 0

(法大)●塚本(1勝、3敗、1分)‐櫻山
(明大)○薄隅、岡田(淳)‐伊藤

メンバー

打順位置選手
1 (8) 宮川 拓実
2 (9) 縣 悠太
3 (4) 大塚 樹生
4 (7) 西森 雄紀
5 (3) 茨田 桂太
6 (6) 阿久津 航太
7 (2) 櫻山 大樹
8 (1) 塚本 祐馬
  PH 横山 翔
9 (5) 金子 明信

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点
  ●○●     ●△● ○○ 8 3 4 1 1
○●○   ●○● ●●     8 3 5 0 1
  ○●○   ○○   ○○ 7 6 1 2
  ○○ ●●       4 2 2 0 1
○△○         ○○ 5 4 0 1 2
●●   ●●   ●●   6 0 6 0 0

後攻で始まった第3戦、先発の塚本(社4)は初回に安打を放たれるがなんとか耐えしのぎ味方の得点チャンスをうかがう。
法大に先制のチャンスが訪れたのは2回裏。この回の先頭打者5番・茨田(スポ2)がヒットで出塁。7番・櫻山(経4)も安打を放ち1死一、三塁と得点圏にランナーを置いた。ここで8番・塚本がスクイズを狙う。自らのバットでスクイズを決めたかに思えたが、ここは相手の捕手に阻まれスクイズ失敗に終わってしまう。
チャンスを逃した法大だったが、再びリズムをつくろうと野手陣も見事な守備をみせる。さらに、塚本の投球も冴え相手にも得点のチャンスを与えない。
力投する両チームのエースの踏ん張りで得点はなく試合はハイペースで進む。なんとかして力投する塚本を楽にしたい法大だったが、2回以降チャンスは訪れず厳しい展開のまま延長戦へと突入した。
そして10回表、勝負を決めにきた明大打線の猛攻を受ける。1死を取ったところから長打を含む連続安打や四球でこの回一挙4失点。今まで完封していただけに納得のいかない悔しい失点となってしまった。その裏、明大は投手を法大に強い岡田淳希をマウンドに上げ、逃げ切り態勢を敷く。ここで得点できなければ負けが決まるプレッシャーの中、6番・阿久津(社3)が出塁。そして、代打・横山(スポ2)が見事なタイムリースリーベースを放つ。これにより一気に盛り上がった法大ベンチ。この流れに乗れと果敢に挑むが後続は続かず。悔しい敗戦になってしまった。
これでリーグ連覇への道が厳しくなってしまった法大。だが、リーグ戦はこれで終わりではない。まだ2チームとの試合が残っている。ここまでで見えてきた打撃という課題。これを克服し、投手の頑張りをどこまで救うことができるか。それが、これからの勝利につながっていくだろう。諦めるにはまだ早い。彼らならきっとやってくれると信じ、立大戦の勝利を願いたい。(壬生ちえみ)

選手のコメント

塚本(10回を力投するが勝利ならず…)

-試合を振り返って
5、6回まではよかったんですけど、前回と同じで終盤にビックイニングをつくられてしまったので、スタミナ不足かなと思います。
―打線からの援護もありませんでしたが
まぁ、それはいつものことなので。後攻だったので1点取ってくれることを信じでなんとか粘って投げてたんですけどね。先に点を取られてしまったので。最小失点でなんとか抑えたかったです。
―10回は投げていてどうでしたか
1死取って、ランナーを一塁に置くっていうのまではなんとか大丈夫だったんですけどボテボテのゴロが三遊間を抜けたラッキーなヒットでリズムを崩してしまったかなと。
―立大戦に向けて
最後の年なので、持てる力を発揮して少しでも活躍できるよう勝利に貢献したいです。2連勝して勝ち点取れるよう頑張ります!!

阿久津(追い詰められてついに爆発!!)

―試合を振り返って
負けてしまってがっかりしています。
―どのような意識で打席に立ちましたか
相手ピッチャーのシュートを狙って、打つ時に体が開かないようにすることを意識しました。
―ヒットの感想は
4点と取られていたので意地でも打ってやろうと思いました。打てて良かった!!
―足りなかった所は
打撃がピッチャーの足を引っ張ってしまいました。
―次の試合に向けてお願いします
次からの4試合をしっかり勝ちたいです。

横山(チームを盛り上げた一撃!!)

―試合を振り返って
初戦は負けて、自分のところに飛んできたのに捕れなくて悔しかった。昨日はチーム一丸でベンチもいい雰囲気だったので、今日も勝ちたかった。4点差だったけど自分がつなげば逆転できると思った。
―打席に入る時はどんな気持ちでしたか
思いっきりいこうと思って打席に入りました。
―次の試合に向けて
代打で使ってもらえると思うので、そういうときにチームに貢献できるようにしていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • 115 2再び勝ち点を落とし、苦汁をなめた
  • 115 229回までは完封ペースだった塚本
  • 115 23守備でもリードでも塚本を支えた櫻山
  • 115 24守備でリズムをつくり攻撃へ!!
  • 115 25一塁から一気にホームへ走る阿久津!!
  • 115 26代打で見事にタイムリーを放った横山
  • 115 27念願の1点に笑顔で阿久津を迎えるチームメイト!!
  • 115 282回に訪れたチャンス!ホームへ突っ込む茨田
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み