【準硬式野球】VS立大1回戦 望みをつないで...最終回の劇的勝利!!代打の活躍で逆転サヨナラ

六大学準硬式野球春季リーグ戦VS立教大学1回戦
2011年5月14日(土)
府中市民球場 

先日の試合で明大に勝ち点を奪われた法大。全日出場を目指すためには後がなくなってしまった。そしてついに迎えた立大戦。無事に勝ち、望みをつなぐことができるのか。緊張の一戦は最終回に法大の劇的勝利で終わることとなった。 

サヨナラ弾を決め、喜びもひとしお!!

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 1 0 0 0 0 1 0 0 1 3 5 1
法 大 1 0 0 0 0 0 0 0 3X 4 8 0

(法大)塚本、○大谷(3勝1敗)‐櫻山
(立大)関、田原‐佐野

メンバー

打順位置選手
1 (9) 西森 雄紀
  PH 山内 悠大
  PR 縣 悠太
2 (7) 宮川 拓実
3 (6) 阿久津 航太
4 (3) 野村 慎吾
  PR 宇賀神 勇人
  4 坂元 領
5 (4)、3 落合 大泰
6 (2) 櫻山 大樹
7 (8) 斎藤 大輝
  PH 茨田 桂太
8 (5) 鈴木 捷平
9 (1) 塚本 裕馬
  PH 木村 直弘
  1 大谷 亘輝

先発の塚本(社4)はコントロールが定まらず、制球に苦しむ。1回には2四球と1安打で早々と先制を奪われることとなってしまった。
しかし法大もやられたままではない。その裏、2番・宮川(経2)がヒットで出塁すると、相手のエラーで1死一、三塁のチャンスで4番・野村(経3)のタイムリーで見事に1点を返し、同点にする。
その後、塚本はランナーを出しながらもホームは踏ませない気迫のプレー試合がすすんでいく。塚本が踏ん張っている間に追加点の欲しい法大だが、得点圏にランナーを置きながらも打線がつながらずあと1本が遠い状況が続く。
先にどちらが得点するか。膠着状態の試合が動いたのは6回だった。
6回表、初回と同様死四球でランナーを許してしまうと、その後2本の安打で再びの失点となってしまった。疲れからか塚本はあえなく降板。続いて大谷(スポ2)がマウンドへ上がる。8回は難なく三者凡退に抑えた大谷だったが、最終回に長打が絡んだことでさらに点差を広げられてしまった。
2点差で迎えた最終回。立大は勝利すべく、ここで先発の関に代わり田原をマウンドにあげた。そのような状況で3点入れなければ法大に勝利はない。先頭の櫻山(経4)が四球を選ぶと、代打で茨田(スポ2)が登場。迷いのないスイングでタイムリースリーベースを放ち、1点を返した。茨田の一撃で一気に盛り上がった法大はさらに勢いをつける。なおも1死一、三塁で代打・山内(経3)が打席に入る。ここで1点を返せれば同点に追いつけるというプレッシャーの中だったが、それを跳ね除けるかのような見事なタイムリーツーベースで同点に追いつく。そして、3番・阿久津(社3)。快音とともに打球はライト前へ。見事に結果を出し、歓喜するチームメイトに迎えられた。
代打の活躍で立大に競り勝った法大。このままの勢いで2連勝することができるか。全日出場を果たすにはこれからも彼らに敗北は許されない。これからの試合をどう戦うか。彼らに課せられたモノは大きいが、それを跳ね除けてくれることに期待したい。(壬生ちえみ)
 

選手のコメント 

塚本(なんとか踏ん張るも2失点。エースの復活なるか?)

―試合を振り返って
個人的には全然ダメでした。2失点でしたけど、打たれてしまってるので。登板する機会があればなんとか挽回したいですね。
7死四球でしたがどうですか
言い訳になるかもしれませんが、今日の審判は特にストライクゾーンが狭くて。それでも相手にボール球を降らせるように投げました。
―逆転勝ちになりましたが
チームとしては言うことなしです。ただ、投手成績では4年間で1番最悪なので、この後勝ち星がつくように投球を磨いていきたいです。
―次の試合に向けて
1敗も許されない状態なので負けないようにして、なんとか調子を戻せるように調整していきたいです。
茨田(反撃の狼煙となった1発!!全ては彼から始まった)
―試合を振り返って
最近接戦で楽に勝ち切れなかったので、久々に勝ててよかったです。
―どんな気持ちで打席に入りましたか
いつも大事なところで集中できるので、打てると思いました。
―ベンチはどんな雰囲気でしたか
野次を言うなと言われていたけど、みんな気持ちが声に出ていて盛り上がって最後に勝つことができました。
―次の試合に向けて
一試合一試合勝てればいいと思います

山内(期待に応えて同点弾!!)

どんな気持ちで打席に立ちましたか
死一、三塁だったので最悪外野フライが打てれば良いと思って打席に立ちました。
打った感想は
最高です!!
次の試合に向けて
次の試合もこういう場面があったら打ってチームに貢献したいです。

阿久津(値千金の一撃!!この試合のヒーロー!!!!)

―試合を振り返って 
前回負けてから気合が入って、先輩を何としても勝たせてあげたいと思いながら試合をしてました。
―守備や打撃の調子はどうですか
今までバッティングで迷惑かけてたんで、なんとか挽回できればいいなと思ってたんですが、今日打ててよかったです。2本なんですけど、打ててよかった!!
―最終回はどうでしたか
4年生に感謝しなきゃなとかちょっと思いながら打席に入りました。打った瞬間きたって思ったんでガッツポーズが思わず出ちゃいましたね。
―立教打線の印象は
別に怖くはないんですけど、うちの打線が弱いんでなんとか守れるようにしていきたいです。
―次の試合に向けて
必ず勝ちたいです!

西森(采配がピタリ!!チームをまとめ上げた)

―試合を振り返って
勝ってよかったです!今年はホントに打てないんで、その中でどうやって勝つかってところなんですけどね。でも、その中で勝てたので今後に繋がる試合になったと思います。それにしてもいや、ホントに打てないですね笑
―投手はどうでしたか
いろいろな環境の中で塚本は頑張ってくれますけど、エースとしての自覚が足りないかなと。大谷はよく粘って投げてくれました。そのおかげで最後逆転に繋がったので。
―最終回の采配は
振れてるバッターを並べて、茨田に1本出て。山内がずっとひたむきに練習してたので、自分がいくよりも山内出した方が確率高いと、信じてバッターボックスに送り出しました。実際、結果を出してくれたのでありがたかったです。
―次の試合に向けて
次も勝てれば全日いけるんで、是が非でも勝ちたいですね。まだまだ進化するチームだと思うので。最後は100点で終われるように頑張ります

 

フォトギャラリー

    • 110508サヨナラ弾を決め、喜びもひとしお!!
    • 1105141点を目指し走れ!!
    • 1105143最終回、望みを託された山内
    • 1105144満面の笑顔と気持ちのいいガッツポーズ!
    • 1105145勢いに乗った法大ベンチ
    • 1105146自身で勝利のホームベースを踏んだ大谷

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み