【準硬式野球】VS立大3回戦 途絶えた全日への道 苦渋の表情が浮かぶ

六大学準硬式野球春季リーグ戦
2011年5月17日(火)VS立教大学3回戦
法大多摩グラウンド 

この試合を落とすと全日への出場が断たれてしまうため、負けることができない法大。前の試合からスタメンを大きく入れ変えて立大との3回戦に挑む。この采配は吉と出るのか、それとも凶と出るのか。法大の意地を見せるためにも大事な一戦となった。 

互いの闘志が激しくぶつかり合う!!

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 1 0 2 1 0 0 2 0 0 6 13 3
法 大 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3 7 3

(法大)●伊藤(1敗)、松田、大谷‐櫻山
(立大)○田原、関‐佐野
[本塁打]
(法大)茨田1号2ラン(5回・田原)
(立大)大津留(3回・伊藤)

メンバー

打順位置選手
1 (4) 縣 悠太
2 (7) 宮川 拓実
3 (6) 阿久津 航太
4 (3) 茨田 桂太
5 (9) 横山 翔
  PH、9 西森 雄紀
6 (2) 櫻山 大樹
7 (8) 斉藤 大輝 
8 (5) 落合 大泰
  PH 野村 慎吾
  5 鈴木 捷平
9 (1) 伊藤 厳
  PH 山内 悠大
  1 松田 知行
  PH 木村 直弘
  PR 宇賀神 勇人
  1 大谷 亘輝

リーグ戦結果

 法政明治慶應立教早大東大試合勝点
  ●○●   ○●● ●△● ○○ 11 2 6 1 1
○●○   ●○● ●● ●● ○○ 12 5 7 0 2
  ○●○   ○○ ●● ○○ 9 6 3 0 3
●○○ ○○ ●●   ●● ○○ 11 6 5 0 3
○△○ ○○ ○○ ○○   ○○ 11 10 0 1 5
●● ●● ●● ●● ●●   10 0 10 0 0

今日のマウンドを託されたのは、今シーズン初登板の伊藤(経4)である。だが初回、立大の1番・原田に7球粘られセンター前にヒットを許すと4番・山崎にタイムリーを打たれ先制点を奪われてしまう。だが、2回にはランナーを出すものの牽制で刺すなど4年生の落ち着いたマウンドさばきを披露する。しかし3回、またしても試合が動く。一死を取ったものの再び原田に出塁を許すと、続く大津留にホームランを打たれ2点を失う。つづく4回には投手が伊藤から松田(経1)に代わるがここでも1点を失ってしまう。
だが、ここで諦めてしまう法大ではない。4回二死から7番・斉藤(社4)が四球で出塁すると、8番・落合(法1)の内野安打、チャンスに強い代打・山内(経3)のセンター前ヒットとつなぐ。ここで二塁走者の斉藤が一気にホームへ。クロスプレーとなるがうまく回り込み1点を返す。そして5回。2番・宮川(経2)が詰まりながらもレフト前に運ぶと、4番・茨田(スポ2)がライトポール際へ豪快なホームランを放ち1点差に追い上げる。
しかし7回、またしても試合が動く。この回からマウンドに上がった大谷(スポ1)が無死二、三塁のピンチを招くと、3番・文字に2点タイムリーヒットを浴びて再び3点差にされてしまう。
終盤になり追いつめられてきた法大は、7回に二死から主将の代打・西森(社4)が内野安打で出塁をすると、エラー、ワイルドピッチ、四球と相手のミスを誘い満塁のチャンスを作る。ここで迎えるのは前の試合4番を務めた代打・野村(経3)。しかし、サードゴロに打ち取られ無得点に終わってしまう。この決定機を逃し、流れはまた相手へと渡ってしまう。8,9回を三者凡退に抑えられ試合終了。全日出場を断たれてしまう結果となった。
相手の1番・原田に5打数5安打3得点と好き放題にされてしまい、立大から勝ち点を奪えなかった法大。昨季の栄光から一気にどん底へ落とされた。ここからもう一度這い上がるためにも、リーグ戦最後の相手慶大から勝ち点を奪う底力を見せて欲しい。(小田切直也)

選手のコメント 

伊藤(初先発に勝利を飾れず)

―今日の試合を振り返って
僕が4点取られなければ・・・。先発の役割を果たせなかった。
―今季初登板でしたがどんな気持ちで臨みましたか
いつもはサインなど采配をしていて実戦から離れていたんですが、負けたら全国はないので楽しんで投げようとしたのと、一人でなくチームみんなでの野球を意識して投げました。
―ホームランを打たれた球は甘く入りましたか
カウントが悪かったので、カウントを取りにいった球を打たれました。僕のこういう失敗を後輩はないようにして欲しいです。
―優勝、全日出場がなくなってしまいましたが
僕がちゃんと抑えていれば全部いけた。チームに申し訳ないです。
―慶応との最終戦について
できることをやって今季の集大成へ。チームみんなで勝てればいいと思います。

茨田(本塁打で流れを一気に引き寄せた)

―試合を振り返って
勝たないといけない試合でチャンスで打てなかったので、しっかりチャンスで打てるようにしたいです。
―ホームランの感想は
ランナーをかえしたいと思って打席に立ちました。打てて良かったです。
ー上級生が相手になりますが
グラウンドに立てば関係ないです。
―慶大戦に向けて
4年生のために勝ち点をとりたいです! 

 

フォトギャラリー

  • 5-17互いの闘志が激しくぶつかり合う!!
  • 5-172今季初登板となった伊藤
  • 5-173守備もうまくいき全員野球を魅せる
  • 5-1741点を奪いにかかる斉藤
  • 5-175斉藤を笑顔で迎えるチームメイト
  • 5-176ルーキーながら無失点に抑えた松田
  • 5-177ガッツポーズで笑顔もこぼれる
  • 5-178最後まで一致団結!!諦めない姿勢をみせた
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み