【準硬式野球】VS慶大1回戦 挑戦する秋!!チームをつくる実りあるリーグを

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2011年9月3日(土)VS慶応義塾大学1回戦
大田スタジアム

「今年度の秋季リーグからは4年生が抜け、2、3年主体の新チームを作ります」と本間監督が宣言した通り、秋季リーグでの法大は鈴木(社3)を中心とした新チームへと姿を変え、今まで試合に登場する機会の少なかった選手も、数多く先発メンバーとして名を連ねていた。

ついに秋季リーグが幕を開けた!!

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 1
慶 大 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 6 0

(法大)●大谷(1敗)、松田、蓮岡、金子‐山路
(慶大)○増田‐生出

メンバー

打順位置選手
1 (6)、1 金子 明信
2 (4) 鈴木 捷平
3 (3) 茨田 桂太
4 (7) 山内 悠大
5 (9) 横山 翔
6 (5) 阿久津 航太
7 (8) 宮川 拓実
8 (2) 山路 脩平
9 (1) 大谷 亘輝
  1 松田 知行
  PH 舟木 大河
  1 蓮岡 航平
  6 落合 大泰

「様々な可能性を探りたい。まだまだ荒削りな部分も、足りない部分も多い中どれだけの選手が戦えるか。このリーグ戦で確かな経験を積んでもらいたいので、失敗を恐れるな。挑戦していけと選手には伝えている」そう本間監督は語る。そんな監督の期待を受けながら新法大ナインはついにリーグ戦初戦を迎えた。
先攻の法大は1回、先頭打者の1番・金子(社3)がレフト前にヒットを放つ。そして、2番・鈴木が犠打をきっちり決めると先制点のチャンスが訪れる。2死二塁から4番・山内(経3)のタイムリーツーベースにより見事先制点を奪う。
守備では、先発投手の大谷(スポ2)が初回から好調な様子をみせ、相手打線に
打ちこまれることもなく先取点を守っていた。
ところが3回裏、8番・清水にヒットで出塁され二塁まで進まれてしまう。なんとか2死まで打ちとるも2番・隈元にタイムリーを打たれ同点に追いつかれてしまった。再びリードを奪いたい法大は得点圏までランナーを進め、チャンスをつくるもあと1本が出ず、無得点のまま試合は進んでいく。そんななか5回、投手の大谷が死球を受け交代。マウンドには松田(経1)が登る。2死までは順調に慶大打線を打ちとり三者凡退かと思われた矢先、2番・隈元に三塁打を浴び、ついに失点してしまう。7回表には1死から6番・阿久津(社3)が三塁打で反撃ののろしを上げたかに思えたが打線が続かず得点には至らなかった。
こうして法大は逆転の糸口を掴めないまま試合終了を迎えてしまった。
黒星スタートとなった法大。2回戦では見事な勝利をおさめ慶大に勝ち越しを決めてほしい。また、新チームが今後どのように進化し、発展するか。彼らの活躍に期待したい。(壬生ちえみ)

選手のコメント

鈴木(新チームの要としていかにチームをまとめるか)

―試合の感想は
ミスが出たら負けてしまうということが改めてわかる試合でした。相手の力も確認出来たのでそういった意味では良かったです。
―秋季リーグの初戦に対する思いは
一つになって頑張ろうという気持ちはみんなあるので、今後どうそれを結果で示せていければと思います。
―守備、打撃の課題は
守備ではやはり投手力。打撃ではここぞという場面で1本が出るかどうかということだと思いますね。みんな調子がいいので次は1本出ると思います!
―「試す」ということでしたが
春につながるリーグ戦ということもありいろいろ試していますが、その試行錯誤の中で勝てるようにならなくてはいけないとは思います。
―2回戦に向けて
勝ちます!!

松田(法大の新戦力を目指す!)

―試合の感想は
5回は2死ランナーなしっていう状況だったったので0で抑えて、1点差のまま終盤に持っていきたかったなと思いました。あの1点が結果として一番大きかったですね。本当、終盤が1点差か2点差かっていうのでは大きく違うのであれを0で抑えるべきでした。
―初のリーグ戦ですが
新チームで2、3年生を軸にいろいろな形を試すということで、いろいろやらせてもらえて練習のときから充実してたので今日は勝ちたかったです。悔しいですね。
―課題は
コントロールですね。ツーアウトまでは取れるんですけど、その後が抑えきれないっていうのは高校の時からあったので何とか改善していきたいと思ってます。
―2回戦に向けて
リーグ戦優勝が叶いそうな、良い形で勝てるようにしたいです。

山路(期待の新人キャッチャー)

―試合の感想は
結果的に勝てなかったのは残念です。
―意識していることは
自分は1年なんですけど、キャッチャーとしてピッチャーの力を引き出せるようにリードをしないとなとは考えています。
―今日4投手の球を受けてみてどうでしたか
なかなかリズムが上手くつくれなくて流れが悪くなってしまったっていうのは反省すべきことです。投手は良い球投げてくれてたので残念です。
―2回戦に向けて
ピッチャーの力を引き出して、無失点に抑えられるよう頑張ります!

 

フォトギャラリー

  • 09031ついに秋季リーグが幕を開けた!!
  • 09032先取点に沸くベンチ
  • 09033チームを率いていく鈴木
  • 09034タイムリーを放った山内
  • 090351年生ながら活躍を見せた松田
  • 09036法大の投手力を補えるか。蓮岡(営1)
  • 09037投手を支えリードする山路
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み