【準硬式野球】VS慶大2回戦 意地を見せた法大打線!!慶大を打ち崩し大差で勝利

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2011年9月4日(日)VS慶応義塾大学2回戦
早大東伏見グラウンド 

秋季リーグ戦、開幕初戦の勝利を逃した法大。対慶大2回戦は打撃戦となるも、勢いのまま法大が突き放し決戦を3回戦へと持ち込んだ。 

反撃の一撃にガッツポーズを決める

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 2 0 1 1 0 0 0 0 4 9 4
法 大 0 0 0 0 5 1 2 1 X 9 8 0

(法大)○松居(1勝)、山路
(慶大)●郡司、小野、小西‐生出
[本塁打]茨田1号満塁(5回・郡司)、横山1号ソロ(6回・小野)

メンバー

打順位置選手
1 (6) 金子 明信
2 (4) 鈴木 捷平
3 (3) 茨田 桂太
4 (7) 山内 悠大
  8 豊瀬 有剛
5 (9) 横山 翔
6 (5) 阿久津 航太
7 (8)、7 宮川 拓実
8 (2) 山路 脩平
9 (1) 松居 勇佑
  PH 木村 直弘
  1 松田 知行

法大の先発は松居(社3)。対する慶大は郡司がマウンドにあがる。
2回表、1死二塁から7番・生出にセンターを越すタイムリーを許し慶大に先制点を与える。続く8番・清水にもタイムリーを放たれこの回2失点。4回表には2死二塁から1番・隈元のタイムリーでさらに1点追加される。法大は死球や相手のエラーなどで走者を出すも、4回まではノーヒット。5回表には2死二塁から再び生出にライト方向へのタイムリーを許し、ここまで4点差をつけられる。しかしその裏、ついに反撃の波が訪れた。
先頭6番・阿久津(社3)がセンター前ヒットで出塁。7番・宮川(経2)が走者を送るも、8番・山路(経1)は三振に倒れ、2死二塁となる。ここで9番代打に木村(経3)が起用される。“3年の意地”を見せつけた打球はライト方向へ。1点を返しチームに勢いをつけた。1番・金子(社3)が同じくライト方向への当たりで続くと、2番・鈴木(社3)はしっかり見極め四球を選ぶ。2死満塁で迎えた3番・茨田(スポ2)の打席。「相手のマークが厳しくてなかなか甘いボールが来なかった」と振り返るも、その一球を見逃さなかった。打球はライト方向の満塁ホームランとなる。この回法大は5点を挙げ、試合をひっくり返す。
6回には5番・横山(スポ2)が先頭ソロホームランで追加点を挙げ、7回には2死一、二塁の場面で再び横山がセンターを越す2点タイムリー。さらに2点を追加する。相手投手は6回途中に小野、そして8回には小西に代わるも法大の勢いは止まらない。8回には宮川がスリーベースヒットを放つと相手の送球ミスの隙に一気にホームにかえる。5点差を持って勝利を決定づけた。
6回からマウンドにあがった松田(経1)も、「(リードをもらい)気持ち良く投げられた」とその後の慶大打線を0点に抑える好投を見せた。
今日の勢いのまま臨みたい3回戦。だが、慶大は春に延長の末敗れ悔しい思いをした相手なだけに接戦が予想される。全員野球で粘り強く戦い、このカードを制して欲しい。(三浦 恵海子)

選手インタビュー

茨田(勝利を呼び込んだ立役者!!)

―今日の試合を振り返って
守備が調子悪かったのですが、結果的に勝てて明日に繋げられる試合となりました。良かったです。
―満塁ホームランを打ちました打った感触や気持ちなどは
相手のマークが厳しくてなかなか甘いボールが来なかったのですが、いい時に来てそれが打てて良かったです。
―チームの雰囲気は
みんな勝ちたいという気持ちが強かったです。
―相手の印象は
打線がしっかり繋がっていると思います。1点2点のリードでは追い付かれてしまうので、点を離していこうと。明日も打線爆発していきたいです。
―明日の試合に向けて
とにかく勝つだけです。
 

宮川(溢れるセンスを見せつける!!)

―今日の試合を振り返って
序盤から守備でリズムが作れなかったのでバッティングに繋がらなかったです。その時に木村さんが3年の意地を見せてくれて、そこから良い雰囲気になって明日につながるような試合だったと思います。
―どんな気持ちで最後の打席に入ったのか
昨日から通して自分だけヒットが出ていなくて、センターでミスもしてしまったので、情けなくて意地で打ちました。
―慶應大の印象は
いつもそつのない野球をしてきて、ピッチャーもストライク先行で守備がうまいので、守りからリズムを握られてしまうんですけど、今日は相手からミスをしてリズムを崩してくれたんでそこで流れをつかむことができました。
―明日の試合に向けて
チームに貢献することですね。2年生が打てればいいので、2年ががんばっていきたいです。

松田(4回無失点!!華麗なるピッチング)

―今日の試合を振り返って
ブルペンでの調子がよくて試合を作れると思っていたので良かったです。
―リードしているタイミングでの登板でしたが
ちょうど逆転したタイミングで流れもよくて、2点のリードがあったので最悪1点とられてもいいという気持ちで投げました。投げているうちに点が加わったので途中からは気持ちよく投げることができました。
―チームの状態は
雰囲気がよく、先輩後輩の仲がいいのでみんなで協力して試合に臨めています。野球が楽しくできるチームです。
―明日の試合に向けて
昨日負けて1勝1敗なので明日はなんとしても勝って勝ち点をとりたいです。
 

横山(ソロホームランで勝利を確実にする)

―今日の試合を振り返って
序盤先制されて苦しい展開でしたが諦めずに出来て良かったです。
―ソロホームランや外野を超える大きな当たりなど打ちましたが
昨日4タコしていてあまり貢献できなかったのですが、先輩も頑張っていて今回は2年生がという気持ちでした。
―チームの雰囲気は
一丸となっていて、捷平さん中心にいい雰囲気でした。
―慶大の印象は
明日もまた増田さんが投げると思うのでしっかり叩いて、この秋優勝できるように頑張りたいです。
―明日の試合に向けて
今日の後半の雰囲気で最初から入っていきたいです。慶應は春2位だったんですけど、勝って優勝したいです。

 

フォトギャラリー

    • 09041反撃の一撃にガッツポーズを決める
    • 09042勝って次へつなげるか。注目の試合が始まる
    • 09043流れをつくり、踏ん張りを見せた松居。
    • 09044満塁打を決めた茨田
    • 09045笑顔で茨田を迎えるベンチ!!
    • 09047ソロホームランを放った横山

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み