【準硬式野球】VS慶大3回戦 1点の駆け引き!!投手戦の行方

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
VS慶応義塾大学3回戦
2011年9月6日(火)早大東伏見グラウンド

台風の影響で順延になりながら、秋季リーグの初戦の慶大と第3戦まで縺れ込むこととなった法大。果たして見事に勝利をおさめ、勝ち点を奪うことができるのか。注目の試合は誰も予想できない展開となった。

勝ち点を奪うべく試合に挑む!!

トータル試合結果

 12345678910HE
法 大 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 6 1
慶 大 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3 11 2

(法大)松田、●大谷(2敗)‐山路
(慶大)○増田‐生出
[本塁打]茨田2号ソロ(9回・増田)

メンバー

打順位置選手
1 (6) 金子 明信
2 (4) 鈴木 捷平
3 (3) 茨田 桂太
4 (7) 山内 悠大
  8 豊瀬 有剛
  PH 舟木 大河
  8 山本 慧
5

(9)

横山 翔
6 (5) 阿久津 航太
7 (8) 宮川 拓実
8 (2) 山路 脩平
9 (1) 松田 知行
  1 大谷 亘輝

1回、先攻の法大は相手先発の増田を打ちこめず、三者凡退。その裏の守備では、先発の松田(経1)も三者凡退で慶大打線を打ちとるという順調な立ち上がりをみせた。
2回表、1死から5番・横山(スポ2)がライト前ヒットで出塁。6番・阿久津(社3)が送りバントに成功し、得点圏にランナーを置いて、バッターは8番・宮川(経2)。チャンスに強い打者ということもあり、ベンチからは宮川に期待する声援が飛ぶ。その期待に応えるかのようにタイムリーヒットを放ち、法大は先制。この勢いのまま試合は進むかに思われたが、さすが慶大エース増田。この回以降法大に得点のチャンスは訪れない。
一方、守備ではこの1点を守り切るため松田が奮起。先輩であるバックに助けられながら慶大に本塁を踏ませず、まさかの投手戦となった。
松田は安打を浴びながらも要所を抑え、両チーム無得点のまま試合は進む。そんな中、8回裏法大についにピンチが訪れた。2死までは難なく慶大打線を封じ込めていた松田がついにつかまってしまった。3番に二塁打を放たれ、続く打者にも連続四死球を与えてしまう。2死満塁という状況で8番・松本に二塁打を打たれ、ついにこの回慶大に逆転を許してしまった。ここで法大は大谷(スポ2)をマウンドへ送り、1点差のまま試合は9回へ突入した。
追われる立場から追う側になった法大は2番から始まる好打順。ここでなんとしても同点に追い付きたい。そんなチームの願いが通じたのか昨日に続き3番・茨田に(スポ2)本塁打が飛び出てチームは歓喜に沸く。土壇場で踏みとどまり試合は延長戦へ。
そして迎えた10回表、1死から7番・宮川の二塁打でチャンスが生まれたかに見えたがここで痛恨の走塁ミスで流れは一気に慶大へと傾いた。その裏、先頭打者にヒットを浴びバント処理などで守備がばたつき1死満塁のピンチを迎える。最後は1番・金田にタイムリーを放たれ試合終了となってしまった。
こうして法大は勝ち点を落とすこととなった。この3試合、法大の課題として浮き彫りになったのはいかにしてエースピッチャーを打ち崩すかということだ。この課題を乗り越えていければ今後法大が優勝する可能性は大いに残っている。彼らの成長に大きく期待しながら立大戦での活躍を期待したい。(壬生 ちえみ)

選手のインタビュー

宮川(攻守に頼れるチャンスメーカー!!本領発揮なるか)

―試合の感想は
今日はバッターが打てない、バントミス、走塁ミスが目立ったのでリズムをつくれず勝てなかったのだろうと思います。
―守備をしていての印象は
松田は、ストライク先攻でテンポよく投げてくれるので守り易いです。でも、今日は打たれすぎですね。フォアボール、デッドボールが多いとリズム作れないのでいかにそれを減らしていくかが今後の課題ですよね。
―バッティングの調子は
もともと調子良かったので、打てるとは思ってました。ただ、走塁で全部見ミスをやらかしちゃったのでチームに申し訳ないなと思いました。
―次の試合に向けて
次はミスを犯さないように頑張ります。

大谷(再起なるか!?彼の踏ん張りに勝利がかかる)

―試合の感想は
松田が頑張っていたので自分で崩さないようにしようと思ってたんですけど、結果として負けてしまったので松田に申し訳ないなと思いました。また、プレッシャーに勝てなかった自分が弱かったので今後はそこを克服していきたいです。
―6回、9回のピンチについては
自分はいつでもいけたので、準備を早めようかなと6回では考えました。9回に関しては自分で招いたピンチなので落ち着いて投げられました。
―最終回は
先頭に打たれたのが置きにいった真ん中のボールだったのでもったいなかったなと。バント処理はみんなが攻めた結果なのでしょうがないですし、味方のフィルダースチョイスがあっても抑えられなかったのは自分の力不足なので改善していきたいです。
―次の試合にむけて
もし、先発ならしっかりゲームがつくれるように投げていきたいです。

 

フォトギャラリー

    • 09051勝ち点を奪うべく試合に挑む!!
    • 09052先発の松田はまずまずの滑り出し
    • 09053茨田を笑顔で迎える!!
    • 09054投げ切るも課題が残った大谷
    • 09055本塁へ走る茨田
    • 09056延長戦を制することができずうなだれる

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み