【準硬式野球】VS立大1回戦 手に汗握る攻防!!法大、鉄壁の守備陣で勝利を掴む

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2011年9月10日(土)VS立教大学1回戦
法大多摩グラウンド

前の試合で慶大から勝ち点を奪うことができなかった新生法大ナイン。秋季リーグ戦連覇を成し遂げるためにはこれ以上勝ち点を落とすことはできない。そんななか行われた立大との一回戦は、一球たりとも見逃すことができない手に汗握る投手戦となった。

新たな気持ちで立大に挑んだ

トータル試合結果

 123456789HE
法 大  0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 0
立 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 3

(法大)○大谷(1勝2敗)‐根津
(立大)●関‐佐野

メンバー

打順位置選手
1 (6) 金子 明信
2 (4) 落合 大泰
3 (9) 横山 翔
4 (3) 茨田 桂太
5 (7) 宇賀神 勇人
  PH、7 豊瀬 有剛
6 (5) 阿久津 航太
7 (8) 宮川 拓実
8 (2) 根津 祐一
9 (1) 大谷 亘輝

先攻の法大は初回、1番・金子(社3)が初球を綺麗にセンター前へはじき返す。するとここから、バント、進塁打をそれぞれ初球で決め3球で2死三塁のチャンスを作る。ここで打席には3試合で2ホーマーと当たっている4番・茨田(スポ2)が入り、先制点への期待が高まる。しかしここは一塁ゴロに打ち取られチャンスを生かすことができない。
守備から流れを掴んでいきたい法大の先発は大谷(スポ2)である。だが、いきなり先頭バッターに四球を許す厳しい立ち上がりとなる。しかしここは、今季初スタメンの捕手根津(社2)が盗塁を刺すなど全員で盛り上げていき相手に得点を与えない。
両者一歩も譲らぬ試合の中、4回表に法大は再びチャンスを迎える。この回先頭の落合(法1)がレフト戦へ二塁打を放つと、続く横山(スポ2)が送りバントを決め1死三塁とする。ここで打席に入るのは初回のチャンスを生かすことができなかった4番・茨田。4番の意地を見せこの緊迫した試合を動かすことができるのか注目が集まる。1球目ボール、2球目空振りからの3球目茨田の打球は相手投手を越えセンター前に抜ける。見事4番の役割を果たし、先制点をもぎ取ることができた。
打線の援護を受けこのままリズムに乗っていくと思われた大谷であるが、その直後の4回裏に先頭バッターからセンター前へ運ばれると送りバントなどでこの試合初めて三塁までランナーを進められる。だがここは、力のこもった投球で後続を打ち取る。
次はどちらのチームに流れが来てもおかしくない白熱した投手戦が繰り広げられる中、再びチャンスを掴んだのは法大である。6回表2死から3番・横山が右中間を破る二塁打を放つ。このチャンスにまわってきたのはまたしても4番・茨田。相手バッテリーは力んだのかパスボールでランナーの進塁を許し、茨田にはストレートの四球を与える。ここで迎えるのは5番・宇賀神(経2)だが投ゴロに抑えられ追加点を奪うことができない。
このまま終わって欲しいと思っていたが、8回裏この試合最大のピンチを迎える。1死から代打・杉山匠、1番・原田が連続ヒットを放ち、代打・茅野が送りバントを決め2死二、三塁と一打逆転のピンチとなりクリーンアップを迎える。だがここでも落ち着いた投球が光り、見事無失点に抑える。このリズムで最終回は三者凡退に抑え試合終了。完封勝利を収めることができた。
4試合目にして初の完封勝利を掴むことができた。それも全く気の抜けない1点差での完封勝利である。これを経験した大谷は、これから技術面だけでなく精神面でも成長していくであろう。また、投手陣は良い刺激を受けただろう。だが、最少得点しか奪えなかった野手陣には課題が残る。投手陣に頼り切りではなく野手陣がリードしていく姿も見せて欲しい。(小田切 直也)

選手のインタビュー

 根津(初先発ながら好リード!!今後の期待も大きい)

ー初スタメンでしたが
前日に捷平さんに言われました。バッティングがダメなのでリードだけ集中しろと言われていて、大谷が抑えられてよかったです。
-調子はどうですか
バッティングが不調なのでピッチャーがもっと楽できるように野手陣全体で調子を上げていきたいです。
-キャッチャーから見て大谷投手の調子はどうでしたか
ブルペンではそんなに良くなくて初回から四球を出していたんですけど、ベンチで話し合い後半いいピッチングになっていきました。
-次の試合に向けて
慶應戦で勝ち点を落としたけど、まだ優勝を狙えると思うので明日勝って早稲田、明治とつなげていきたいです。

大谷(今季初白星!!試合ごとに成長をみせる)

―今日の投球内容について
厳しいピッチングだったけど、完封できたのでよかったです。要所を抑えることができたのが大きいです。
―前回からの修正点は
フォームが崩れてたので直そうと思ってこの1週間を過ごしたのでそれが勝利を呼び込めたのかなと思います。
―チームの状況は
捷平さんを中心によくまとまってると思います。下級生も上級生を勝たせようって気持ちが強いし、上級生はみんな意識高く引っ張ってもらってるのでけっこう良い状態でリーグ戦に挑めてると思います。
―次に向けて
立大戦は2回で終わらせて、次の早稲田は良いバッターが多いのでしっかり勝って優勝につなぎたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 09101新たな気持ちで立大に挑んだ
  • 09102完投し、気持ちよく勝利を手にした大谷
  • 09103冴えわたる根津のプレー
  • 09104ホームを踏んだ落合を迎えるベンチ
  • 09105茨田の勢いは止まらない!!
  • 09106果敢な攻めで追加点を狙う!
  • 09107守備でも魅せる阿久津(社3)
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み