【準硬式野球】VS立大2回戦 魅せた!!新生法大主軸の力

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2011年9月11日(日)VS立教大学2回戦
法大多摩グラウンド

前日の試合では1点を守り切り勝利を手にした法大。2回戦も勝利をおさめ、何としても勝ち点を手にしたい。今回はそんな選手たちの気持ちのこもったプレーで試合が展開し、歓声が聞こえる場面も多くあった。

冴えわたる主軸の活躍!!

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 5 3
法 大 0 1 0 1 0 3 0 0 X 5 5 1

(法大)○松居(2勝)、松田‐根津
(立大)●田原、杉山遥、小林‐佐野

メンバー

打順位置選手
1 (6) 金子 明信
2 (4) 鈴木 捷平
3 (5) 舟木 大河
  5 阿久津 航太
4 (3) 茨田 桂太
5

(7)

山内 悠大
6 (9) 横山 翔
7 (8) 宮川 拓実
8 (2) 根津 祐一
9 (1) 松居 勇佑
  PH 大塚 直
  1 松田 知行

後攻の法大は先発の松居(社3)が奮闘する。初回は先頭打者にセカンド強襲の内野安打を打たれるが後続をきっちり抑え無失点で切り抜け、チームに流れを呼び込む。
そして序盤の2回にチャンスが訪れる。この回の先頭打者4番・茨田(スポ2)が四球を選び出塁。2死三塁と得点圏にランナーを置いて打席にはチャンスに強い7番・宮川(経2)。惜しくも三振に倒れたかに思えたが、何と振り逃げ成功によりこの回無安打で得点を奪う。
これによって完全に試合は法大優勢の様相になった。4回にも最近好調の茨田、5番・山内(経3)のクリーンナップが機能し1点を追加する。そして6回には強力法大打線の主軸がさらなる活躍をみせた。
6回裏の先頭打者2番・鈴木(社3)が四球で出塁、1死二塁とチャンスを広げる。さらに4番・茨田も相手のエラーにより出塁。1死一、三塁という状況で再び5番・山内に打順が回り、法大ベンチからは彼に期待する声が聞こえ始める。その声に応えるかのようにワンボールからの球を見事ライト線へ運び、走者一掃のタイムリースリーベースとなる。さらに6番・横山(スポ2)もスリーベースを放ちリズムにのせると抑えられない強力打線であることを立大バッテリーに示した。
ところが7回、松居がついに立大打線に捉えられ始める。4番からの好打順で攻める立大は連続ヒットでピンチに陥ると7番・佐野にタイムリースリーベースを打たれ3失点と試合が一気にわからなくなった。だが、8回には松居に代わり松田(社1)が登板。立大打線をしっかり抑え勝利を決めた。
先週の慶大戦は苦汁をなめた法大。だが立大戦を2連勝で終え勝ち点を上げることに成功した。このままの調子で24日に行われる早大戦に挑んでほしい。彼らの挑戦はまだ始まったばかりだ。(壬生ちえみ)

 選手のインタビュー

 松居(試合をつくり期待に応えた)

―今日の試合の感想は
前回は、自分が打線や野手に助けられたので今日は自分でなんとかしようと思って試合に入りました。あと、前回はノーアウトからのランナーをたくさん出してしまったので、今回は先頭バッターを塁に出さないように意識しながら投げました。その結果として勝利が掴めたのでよかったなと思います。
―捕手の根津とのバッテリーは
自分の高校時代からの後輩ということもあってすごく投げやすかったし、呼吸も合わせやすかったですね。
―立大打線の印象は
前から、強打っていうイメージがあったんですがなんとか投げ切れたのでほっとしています。
―次の試合に向けて
絶対勝ちます!!
 

山内(仕事を果たした頼れる5番)

―今日の自身のバッティングは
最初は打てるか心配してたんですけど、二打席目の大きい当たりで気持ちが楽になりました。なので、その後は良い意味で力が抜けてプレーできたと思います。
―チーム状態について
ピッチャー陣の調子がいいので、野手陣も頑張って打線や守備で援護していきたいです。
―次の試合に向けて
早大は強くて、良いピッチャーが多いので野手陣が頑張って点を取りたいです。自分もチャンスで打って大量得点で勝てるようにしたいです。

舟木(今季初スタメン!!思う存分暴れられたか!?)

―今季初スタメンでしたが
阿久津さんの調子が上がらなくて、前日から言われて心の準備はできていたけど、練習でできていたことも試合でできなかったですね。もう1回出してもらえたら頑張りたいです。
―調子は
バッティングはそれなりですね。バッティングは悪くないけど、守備が課題なのでバッティングを伸ばすよりも守備を安定させて試合で使えるようにしていきたいです。
―相手の先発投手の印象は
同学年で1年の時から投げていたので打ちたかったです。変化球は低めに集まっていてキレていましたね。途中疲れて点を取られていたけどいい投手だと思いました。
―チームの雰囲気は
今日は野手が点を取って勝とうとチーム全体がそういう雰囲気で、攻撃の時に全員で声を出したりしていい状態です。
―次の試合に向けて
自分のほかにもいっぱいいる中でスタメンで出してもらったので、期待されているということだと思うのですが、その期待にこたえられなかったので結果を残していかなければならないと思います。だから少しでも打ってチームに貢献していきたいです。

 

フォトギャラリー

    • 09111冴えわたる主軸の活躍!!
    • 09112松居が立大打線を抑える
    • 09113一つでも先を目指す法大
    • 09114三塁を目指す横山
    • 09115果敢にホームスライディングを決める茨田


 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み