【準硬式野球】VS早大1回戦 リーグ優勝を懸けて 覚醒した法大打線が試合を制す

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
VS早稲田大学1回戦
2011年9月24日(土)法大多摩グラウンド

立大から勝ち点を奪いこのまま波に乗っていきたい法大は、春季リーグ戦で全勝優勝を果たした早大との一戦を迎えた。優勝争いに食い込んでいくため負けることの許されない中、以前から課題であった打線が奮起して投打がかみ合う安定した試合運びとなった。

笑顔で生還する茨田

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 2 0 0 0 0 2 0 0 1 5 10 1
早 大 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 6 4

(法大)○大谷(2勝2敗)‐根津
(早大)●石田、神谷‐矢野
[本塁打](早大)栗田1号ソロ(9回・大谷)

メンバー

打順位置選手
1 (6) 金子 明信
2 (4) 鈴木 捷平
3 (9) 横山 翔
4 (3) 茨田 桂太
5 (7) 山内 悠大
6 (6) 阿久津 航太
7 (8)、7 宮川 拓実
8 (2) 根津 祐一 
9 (1) 大谷 亘輝

先制してこの試合の主導権を掴んでいきたい法大であるが、早大のマウンドには春6勝、防御率0.69だったエース石田が立ちはだかる。初回法大の攻撃は、簡単に2死を取られてしまいやはり石田から点をとることは難しいと思われた。だが、3番・横山(スポ2)のショートゴロを相手がエラー。続くは、ここ4試合ヒットを放ち調子を上げている4番・茨田(スポ2)。甘く入った初球を見事に打ち返しライトオーバーの二塁打を放つ。一塁ランナーの横山は一気にホームを突き先制点を奪う。これに動揺した早大は、再びショートがエラー、ピッチャーは死球を与え二死満塁として7番・宮川(経2)に対して押し出しの四球。法大は相手のミスで追加点を上げる。
法大のマウンドには、春の防御率は石田に次ぐ1.24を残したエース大谷(スポ2)が登る。2点をもらった大谷は初回こそ2安打を許すものの、その後は安定したピッチングを見せ6回までヒットを許さない。
再び試合が動いたのは6回、法大の攻撃である。1死から1番・金子(社3)が三塁打を放つと、続く2番・鈴木(社3)がセンターへタイムリーヒット。その後、3番・横山が内野ゴロの併殺崩れで塁に残ると、頼れる4番・茨田がまたしてもライトへ二塁打。今日2打点目を挙げる。
そして最終回。1死から4番・茨田がこの試合3安打目となるヒットをライト前へ放ち出塁すると、6番・阿久津(社3)が二塁打。ダメ押しの5点目を追加し試合を決定づけたと思われた。しかし、最後まで何が起こるか分からないのが野球の面白さであり怖さでもある。ここまで安定したピッチングを見せていた大谷は、ヒットと四球で1死一、二塁とこの日最大のピンチを迎える。なんとかコーナーを丁寧に突き打たせて取るピッチングで2死とするが、ここで出てきた代打・栗田に2ボールからの三球目をレフトスタンドへ運ばれる3ランを浴びてしまう。こうなるといつの間にか同点まで持っていかれるのがいつもの法大の悪いパターンであったが、今日は気持ちを切り替え次の打者から空振り三振を奪い試合終了。春の王者早大との大事な初戦をものにした。
今日はチーム合計10安打を放ち、いつもの課題であった打撃が改善。今春のNo.1投手を打ち崩すことに成功した。これを機に選手一人ひとりが自信を持ちこれからの試合に臨んでいって欲しい。また、大谷は最終回に完封こそ逃したもののそれまでは安定したピッチングを見せていた。投打がかみ合い明るい話題が多かった今日の試合だが、次はさらに上をいくような試合になることを期待したい。昨秋の王者として負けられない戦いがそこにある。 (小田切直也)

選手インタビュー 

大谷(魅せたエースの貫録!)

―今日のピッチングはどうでしたか
詰めが甘かったです。9回に四球がらみで勝手に崩れてしまいました。正直完封は意識したのでなおさら残念というか…。最後に気を抜かないように気をつけていきたいです。
―チームの調子はどうですか
みんなバットが振れてきてるので5点とれてますよね。雰囲気も盛り上がってきているし、チームワークがいいです。投手陣はロースコアで抑えられるようになげていきたいと思います。
―早大の印象は
足のある選手が多いイメージがあったので、先頭打者を出さないように意識しました。ちゃんと抑えられた回もあるので、それが安定してできればと思います。
―明日の試合に向けて
明日勝ってくれると思うので、自分は明治戦に向けて調整したい。次は完封できるように頑張ります!!

金子(守備で打撃で華麗に活躍!!)

―今日の試合を振り返って
今日の試合は春の試合全勝している早稲田ということで、自分たちも絶対に負けたくないと春のリベンジという気持ちで臨みました。その成果が勝利という形でよかったと思います。
ーバッティングでは三塁打、守備ではファインプレーがありましたが調子はどうですか
バッティングの調子自体は悪くないんですけど、試合で結果が出てなくて焦りがありました。今日もバントミスや盗塁されたときのベースカバーで送球をはじいてしまったりして引きずったんですけど、そんなこと気にしても仕方ないと思って臨んだ打席で思いっきり割り切っていったのが結果としてつながったのかなと思います。
ー今日10安打を放ったチームの調子はどうですか
まさかこんなに打つと思わなくて…。でも結果として出ているんでいいと思います。
ー明日に向けて一言
2戦で終わらせるように明日も絶対勝って、勝ち続けられるように頑張ります。

 

フォトギャラリー

    • 09241笑顔で生還する茨田
    • 09242打線が奮起!快音が響きわたる
    • 09243守備もミスなく試合はすすむ
    • 09245本塁を狙う宮川(経2)
    • 09244ファインプレーを魅せる金子
    • 09246最終回、予想外の展開に思わず苦笑い

 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み