【準硬式野球】VS早大2回戦 まさかの大敗...リーグ制覇に暗雲か!!?

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
VS早稲田大学2回戦
2011年9月25日(日)早大東伏見グラウンド

法大が先勝して迎えた、第2戦。春季優勝の早大に連勝し勝ち点を奪うことは出来るのか。注目の一戦が行われた。

試合の流れをつくりきれなかった

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 1 0 1 0 0 0 4 1 0 7 14 1
法 大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7 2

(法大)●松居(2勝1敗)、松田、大谷、遠藤‐根津、山路
(早大)○河合‐矢野

メンバー

打順位置選手
1 (6) 金子 信明
  6 森 直樹
2 (4) 鈴木 捷平
  4 落合 大泰
3 (9) 横山 翔
  PH、9 木村 直弘
4 (3) 茨田 桂太
5 (7) 山内 悠大
  PH、7 大塚 直
6 (5) 阿久津 航太
7 (8) 宮川 拓実
8 (2) 根津 祐一
  2 山路 脩平
9 (1) 松居 勇佑
  PH 藤田 綾
  PR 宇賀神 勇人
  1 松田 知行
  1 大谷 亘輝
  1

遠藤 翔太

先発はここまで2勝の松居(社3)。初回、いきなり早大4番・池田に先制タイムリーを浴び、主導権を握られる。さらに3回には味方のエラー絡みで追加点を奪われてしまった。悪い流れのまま試合が進むかに思われたが、法大も3回裏に反撃を開始する。1死三塁から新チームを率いる2番・鈴木(社3)がタイムリーを放ち1点差に。さらに、1死二塁から4番・茨田(スポ2)がセンター前安打を放ち、同点に追いつくかとベンチからは歓声が上がる。ところが、その願いもむなしく相手の好送球によって鈴木がホームでタッチアウト。このプレーで鈴木は負傷し、交代となってしまう。
4回から松田(社1)がマウンドに上がり、ランナーを出しながらも得点は許さず、1点差という膠着状態のまま終盤戦にもつれこんだ。
今まで安定した投球を見せていたが、7回についに松田がつかまる。先頭打者に与えた四球をきっかけにペースを乱し始め、早大4番・池田の2ランを許してしまう。これに動揺したのか野手にもエラーが出てしまい、この回4点を失い、点差が一気に5点差に広がる。この状況を打開すべく大谷がマウンドに上がるも、8回に追加点を奪われてしまった。また、法大打線も機能せず、終盤3イニングは早大に圧倒される展開で、ゲームセット。手痛い敗北を喫することとなった。
この試合で目立ったのは、四球、バッテリーエラー、許盗塁、失策といった、早大に次の塁を簡単にあげてしまっている光景と法大の淡白な攻撃であった。
7回の4点で試合が決まったようにも思えるが、それまでのロースコアの試合展開の中でも、早大のワンサイドゲームの様相を見せていたことは間違いない。特に4回以降は早大の攻撃は長く、法大の攻撃は短い、早大のリズムでの試合との印象がみられた。
ついに雌雄を決する第3戦である。第2戦でミスの目立ったバッテリー、つながりを欠いた打線の奮起に期待したい。法大は2,3年生が主体となった発展途上のチームである。このような試合をも進化への糧として、気持ちを切り替えて第3戦へ臨み、勝ち点をもぎ取って欲しい。(高田 優)

選手のインタビュー 

茨田(そのバッティングでチームを救えるか!?)

―打撃の調子は
打点がないでチームを助けるヒットが打ちたいです。
―筋トレの成果は
筋トレすることで打球の速さが違うので、少しつまっても内野を打球が抜けるようになりました。
―4番として意識することは
打率よりも決定的な場面で打てるようにすることですね。スコアリングポジションのときなどは特に。チームにも期待されていると思うので。
―まだ足りない部分は
守備でチームに迷惑をかけてしまう所です。エラーを出さないように守備もなんとかこなしていきたいです。
―明日に向けて
勝ち点をとりたいです。

根津(絶対の要を目指せ)

 ー今日の試合の感想は
今日は自分たちのミスから点を取られてしまいました。初回に点を取られてから流れが悪いかなと心配していて…。でも3回に1点返せたので何とかしたいと思っていたんですけど7回は自分のミスも含めて大きな回になってしまいました。残念です。
ー投手陣の調子は
松居さんはブルペンで受けていたときは調子よかったんですけど、試合ではあまり力を出せていませんでしたね。高めに浮いた球を打たれてしまいました。それを修正できなかったところが自分が力不足だったってことだと思っています。
松田は受けてた時からボールは走ってたんですけど、失投があったのでそれが心配でした。実際それを打たれてしまったので。
ー早大打線に気をつけたことは
高めには入れないようにしてたんですけど、それが裏目に出て他まで考えられなかったりしてしまいました。ふがいないです。

遠藤(今季初登板!!その実力は未だ未知数)

―今季初登板でしたが
チームが負けてて敗戦処理みたいな形になってしまったんですけど、なんとか自分がテンポよく3人で抑えて次の攻撃と明日につなげられるように投げました。
―三者凡退に抑えましたが調子はどうですか
正直すごく悪くてブルペンの時も不安で仕方なかったんですけど、マウンドに行ったら山路がうまくリードしてくれたんで抑えられました。
―明日に向けて
勝ちます! 

 

フォトギャラリー

    • 09251試合の流れをつくりきれなかった
    • 09252なんとか守備でリズムをつくる
    • 092533年生がいかに試合で活躍できるかがカギだ
    • 09254先制に笑顔がこぼれる宇賀神(経2)
    • 09255粘って投げ抜いた松田(社1)


 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み