【準硬式野球】VS早大3回戦 粘り切れず敗退...消えた優勝

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
VS早稲田大学3回戦
2011年9月26日(月)早大東伏見グラウンド

1勝1敗で迎えた早大3回戦。この試合に勝つことができるかどうかが、法大が優勝を狙えるかの大きな分かれ目となってくる。1回戦では法大打線が爆発!今までになく機能し、大量得点で勝利を収めた。しかし、2回戦ではまさかの大敗。今回はどうなるのか。注目の試合が行われた。

負けられない試合が始まった

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 1
早 大 0 0 0 0 0 0 0 1 X 1 6 0

(法大)●大谷(2勝3敗)‐山路
(早大)○石田‐矢野

メンバー

打順位置選手
1 (6) 金子 明信
2 (4) 落合 大泰
3 (9) 横山 翔
4 (3) 茨田 桂太
5 (7) 山内 悠大
6 (6) 阿久津 航太
7 (7) 宮川 拓実
8 (2) 山路 脩平
  PH 藤田 綾
9 (1) 大谷 亘輝

先攻の法大は初回、2死から3番・横山(スポ2)が三塁打を放つ。続く4番・茨田(スポ2)はストレートの四球で2死一、三塁という先制のチャンスが訪れる。この絶好の機会に盛り上がる法大だったが、5番・山内(経3)がピッチャーゴロに倒れ得点できずに終わってしまった。
先発は大谷(スポ2)。早大1回戦では完投、続く2回戦でも途中登板しこの3回戦では再び先発というハードスケジュールの中どんな投球を見せてくれるのか。チームメイトの期待を背負いながらの登板となった。そんな状況だったため疲れも見え始めるかと思いきや、試合は思わぬ展開を見せた。
1回裏、先頭打者の白石にヒットを許すと、2死二塁から4番・武田にもヒットを浴びる。これによって2死一、三塁と先ほどとは打って変わってピンチに陥った法大。だが、そこは大谷が落ち着いて投球。ショートゴロに抑え無失点で終わらせることができた。
ここから試合は投手戦となっていく。大谷は毎回ランナーを背負うものの、ホームを踏むことは許さぬ気迫のピッチングで試合は進む。
ところが、打撃は早大のエースである石田を打ち崩すことができず、大谷を援護できないでいた。先制したチームに勝利が訪れる。誰もが確信しながら得点圏にランナーを置くにも関わらずあと1本に悩まされていた。
そんな試合が動いたのは8回裏。早稲田側の攻撃だった。ここまで粘りの投球をみせていた大谷が1死から1番・白石に内野安打で出塁され、2死二塁から3番・石川にタイムリーを浴び得点を許してしまった。終盤の1点は法大に重くのしかかり、法大は敗れることとなった。
今回の試合も貧打に泣くことになった法大。踏ん張る投手を助けることができず1点の壁に泣くことになってしまった。この敗退によって優勝の2文字が消え残るはAランクを目指すのみ。得点すべきところで得点ができればきっと勝利はやってくるはずだ。残る試合はすべて勝利で飾ってほしい。(壬生ちえみ)

選手のインタビュー 

阿久津(法大のムードメーカー!)

―試合をふりかえって
今日の試合は絶対勝つつもりで臨んだので、みんな力は出せたと思います。勝てなかったですけど。今日勝てるように、昨日カラオケでテンション上げてきました(笑)
―今日は二安打の活躍でしたが
打撃でチームに迷惑かけてしまっていたので、バットをいっぱい振ってました。その結果がたまたま出ただけです。
―守備でも活躍がありましたね
守備があってからこそ攻めのリズムが生まれると思っているので、その点はよかったと思います。一生懸命投げてくれて、大谷はすごくいいピッチングだったのに支えてあげられなくて申し訳ないなと。
―早大戦を通しての課題は
新チームになって初めての早大戦だったんですが、なんとか戦えているように思います。いい勉強になりました。
―明大戦に向けて
ちょっと苦手な相手ですが、絶対勝ち点をとります!!

 落合(チャンスをつくった期待の1年生!!)

―試合をふりかえって
競っていた試合で負けてしまい悔しいです。
―打撃の調子は
あんまり良くはなかったです、
―石田投手の印象は
コントロールが良かったです。
―自信のあるところは
パンチ力とボールを引きつけて積極的に打つことと、アグレッシブなところです。
―明大戦に向けて
アグレッシブにいきます!!

 

フォトギャラリー

    • 09261負けられない試合が始まった
    • 09262大谷の活躍が試合をつくる
    • 09263落合(法1)も活躍しアピール!!
    • 09264守備も魅せる落合
    • 09265阿久津のファインプレーが光る
    • 092668回の攻防。あと数秒に泣いた

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み