【準硬式野球】VS明大3回戦 緊張の対決...接戦の末つかんだ勝利!!

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2011年10月4日(火)明治大学3回戦
法大多摩グラウンド

2回戦では、最終回に逆転を許し敗れてしまった法大ナイン。3回戦は、法大、明大それぞれの意地がぶつかり合い延長戦にまで突入する白熱した投手戦となった。はたして最後に笑ったのは法大か。それとも明大か。

大谷が大活躍で試合を動かす

トータル試合結果

 123456789101112HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 8 2
明 大 0 0 0 0 0 0 0 0

0

0 0 0 0 8 0

(法大)○大谷(4勝4敗)‐山路、根津
(明大)中村、菊池、●酒井‐伊藤

メンバー

打順位置選手
1 (6) 金子 明信
2 (4) 鈴木 捷平
  4、PH 落合 大泰
3 (3) 茨田 桂太
4 (7) 山内 悠大
  8 豊瀬 有剛
5 (9) 木村 直弘
  9 横山 翔
6 (5) 阿久津 航太
  PR 宇賀神 勇人
  5 坂元 領
7 (8)、7 宮川 拓実
8 (2) 山路 脩平
  PH 舟木 大河
  2 根津 祐一
9 (1) 大谷 亘輝

2回戦では、最終回に逆転を許し敗れてしまった法大ナイン。3回戦は、法大、明大それぞれの意地がぶつかり合い延長戦にまで突入する白熱した投手戦となった。はたして最後に笑ったのは法大か。それとも明大か。
今日の法大は、今まで全試合スタメンだった横山(スポ2)に代え木村(経3)が入り、山内(経3)が慶大戦以来の4番に座るなどクリーンアップを少し変えて臨んだ。初回、相手の先発投手・中村の制球が定まらない。1番・金子(社3)が四球で出塁すると続く2番・鈴木(社3)が綺麗に送りバントを決める。ここから打順が変わったクリーンアップを迎える。3番・茨田(スポ2)はストレートの四球。1死一、二塁のチャンスとなり4番・山内。だが、レフトへの浅いフライとなり2死。5番・木村もサードへのファールフライに倒れチャンスをものにすることができない。
法大の先発は2回戦で逆転を許し悔しい思いをした大谷(スポ2)。初回に2死から連続ヒットを浴びるなどピンチを背負うが粘りのピッチングで相手に点を与えない。2回も先頭打者にライト線への二塁打を打たれるが、気迫のピッチングで2つの三振を奪う。
この大谷のピッチングを援護したい打線は4回、先頭の3番・茨田がヒットを放ち4番・山内が送る。5番・木村の打席の時にワイルドピッチをしてランナーは三塁へ。その後木村が四球を選び、1死一、三塁。しかし、後続が打ち取られ得点ならず。続く5回もヒットとバントでチャンスを作ると1番・金子がレフトへのヒット。4回に引き続き1死一、三塁のチャンスを作る。だがここでもあと一本が出ず、制球がまだ定まっていない相手投手を攻めきれない。
するとここまで粘りのピッチングを続けてきた大谷が最大のピンチを迎える。7回の先頭打者にセンター前へはじき返されると、次の打者のバントを大谷が処理し二塁へ送球。だが、これがフィルダースチョイスとなりピンチが広がる。ここで明大はきっちりとバントを決め1死二、三塁。だがここでも大谷が2つの三振を奪い抑える。
このまま白熱した投手戦が続き、とうとう延長戦へ突入してしまう。だが、延長でもチャンスを作れないまま迎えた12回。法大は1死から2番・落合(法1)がヒットで出塁。3番・茨田も二塁への内安打を放つと、8回の守備から入っている4番・豊瀬(社2)もレフトへヒットを放ち1死満塁のチャンスを作る。ここで途中から出場の横山が一塁ゴロとなるも三塁ランナーの落合が見事生還。法大に待望の先制点が入る。
その後、大谷はランナーを出すものの、安定したピッチングで相手の攻撃を防ぎ試合終了。明大から勝ち点を奪うことができた。
接戦を制した法大。特に大谷は投げては完封、打っては猛打賞と大暴れした。しかしこれに対して味方の援護が少なかったのが残念だ。秋季リーグ戦は残すところ東大戦だけとなった。ここでは以前から言われていた攻撃力不足を改善し、来年へとつないでいって欲しい。(小田切直也)

選手のインタビュー 

大谷(投打に活躍!!彼なしでは法大の勝利はありえない)

―今日の試合を振り返って
いい出来でした。前回は自分が試合を崩してしまったので、今日は気合いが入っていて、12回まで投げきることができました。
―バッティングの調子は
ラッキーヒットもあったんですが、いい結果になったことは良かったと思います。これからも打てる試合は打っていきたいです。
―チームの雰囲気は
チーム一丸で勝っていく意識が出てきています。声が出ていて、今日は点入らなかったんですけど、バットも振れていて、守備も堅く、調子は上向きだと思います。
―次の東大戦へ向けて
今度の東大戦に向けて東大だからと気を抜かず、きっちり2戦で終わらせてAクラスに入れるようにしたいですね。

 鈴木(縁の下の力持ち。チームを見守り、支える!!)

―試合を振り返って
大谷がよく踏ん張ってくれて、野手も助けなきゃいけなかった部分もあるので次は野手が助けてあげたいです。
―どういった指示を出したか
大谷が頑張っていたのでこの回は1点を取りにいこうと言いました。
―チームの雰囲気は
初めから今日は楽しくやって勝とうとみんなで言っていたので、本当にベンチも盛り上がってよくやってくれたと思います。
―秋季リーグでの課題は
バッティングです。ここでの1本がなかったので秋はもう終わってしまうのですが、終わった後も打撃に力を入れてやっていきたいと思います。
―怪我の具合は
だいぶ良くなってきたので大丈夫です。
―次の東大戦に向けて
しっかり野手が打って勝ちたいと思います。 

 

フォトギャラリー

    • 10041大谷が大活躍で試合を動かす
    • 10042ピンチも冷静に
    • 10043サードの守備は抜群の安定感
    • 10044声を出して大谷を盛りたてる
    • 10045久しぶりの出塁を果たす山路
    • 10046苦しみながらも投げ抜いた

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み