【準硬式野球】VS東大1回戦 Aクラスを懸けて。いざ、最後の戦いへ

六大学準硬式野球秋季リーグ戦
2011年10月16日(日)東京大学1回戦法大多摩グラウンド

先日の明大戦で勝利をおさめ、勝ち点を手にした法大。このままの勢いで東大を下し3位というAランクでリーグ戦を終えられるか。今季最終戦となる東大との一戦が幕を開けた。

東大戦に意気込む

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 1 0 3 1 0 0 6 0 11 9 1
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 X 0 5 3

(法大)○大谷(5勝4敗)‐根津、藤田
(東大)●長澤‐樋口
[本塁打]大谷1号2ラン(8回・長澤)

メンバー

打順位置選手
1 (6) 金子 明信
  PH 宇賀神 勇人
  6 森 直樹
2 (4) 鈴木 捷平
  PH 野村 慎吾
  4 坂元 頌
3 (9) 横山 翔
  PH、9 木村 直弘
4 (3) 茨田 桂太
5 7 山内 悠大
  PR 杉本 篤史
  7 大塚 直
6 (5) 阿久津 航太
  PH、5 舟木 大河
7 (8) 宮川 拓実
  8 豊瀬 有剛
8 (2) 根津 祐一
  2 藤田 錂
9 (1) 大谷 亘輝

1回表、先攻の法大は早い段階で先制点を取ろうとするも、あっさりと2死まで取られてしまう。三者凡退で裏の守備につくかと思われたが、3番・横山(スポ2)がセンター前ヒットで出塁し、続く茨田(スポ2)に望みをつないだ。ところが、ワンボールから盗塁を試みるも相手捕手の見事な送球に阻まれ、3アウト目をとられてしまった。
なんとか良い流れで試合を作りたい法大のマウンドには大谷(スポ2)が上がる。初回から好調な様子を披露した大谷。内野安打を許すが、併殺に抑えみごと三人で1回を終え攻撃への弾みをつけた。
2回法大の攻撃。この回の先頭打者は4番・茨田。初球を打って二塁打とチャンスをつくる。6番・阿久津(社3)が犠飛を決め、2死三塁と先制のチャンスで7番・宮川(経2)が打席に立つ。このチャンスで見事レフト前へタイムリーを放ち、先制することができた。この回以降、法大は瞬く間に東大を攻め立てる。
4回には四球で2死満塁のチャンスにまたも7番・宮川がタイムリースリーベースで一挙三得点を挙げ法大はますます盛り上がりをみせる。だがこのとき、三塁への走塁で宮川は足をひねったような動作を見せる。守備でも大谷は、4回まで三者凡退に抑え一方的な展開のまま試合はさらに進んでいく。
ところが、6回裏。疲れが出始めたのか、2死まで追いつめたにも関わらず大谷は東大に四球を与えてしまう。すると3番・岡部に安打、4番・樋口には再び四球とついに2死満塁のピンチを迎えた。だが、ここはショートライナーで抑え無失点のまま試合は終盤へ。
8回、相手の失策で4番・茨田が出塁。続く5番・山内(経3)、6番・阿久津は連続四球で出塁し、無死満塁と絶好のチャンスが法大に訪れる。先ほど足を痛めた宮川に代わり、6回裏から出場の豊瀬。この大一番に見事タイムリーツーベースを打ち、二打点を挙げ東大に追い打ちをかけた。こうして法大は大量得点で見事勝利をおさめた。
こうして有終の美へ向け動き始めた法大。あと1試合も勝って綺麗に秋季リーグをおえてほしい。

選手のインタビュー 

大谷(今季最終登板を勝利で飾る!!)

―今日の投球を振り返って
力配分ができなく後半は少しばててしまいました。
―秋季の課題
力が入るとボールがちらばってしまったので、三振をねらってとれるようにしていきたいです。
―秋季で伸びた点は
1試合通じて投げられるようになり、以前は8回、9回に点をとられていましたが、秋季は終盤の失点が少なくなった点です。
―ホームランの感想は
バッティングは好きです。投手なんで、比較的楽な気持ちで打席に立てたことがよかったのだと思います。
―明日に向けて
東大が相手なので、勝って締めくくりたいです!

 宮川(打って走って守って活躍!!成長著しい注目選手)

―今日の自身のバッティングについて
良かったです。いままでで最高の出来だと思います。
―タイムリー2本を含む四打点でしたが
出来すぎなところもありますが、2年生で取れるのが1番良いので、2年生が頑張れ    たことはよかったと思います。
―途中で足を痛めたように見えたのですが、状態はどうですか
どうですかね。あやしいですけど…。明日は厳しいかもしれません。とにかく冷やして、ケアはちゃんとします。 

 豊瀬(大一番に強い選手。来季の活躍が楽しみだ)

 ―今日の試合を振り返って
途中から出さしてもらったんですけど、守備から出ることはよくあるので守備はいつも通りこなせたと思います。打撃のほうでも緩い球に合わせられて個人的には満足いく結果になったんですけど、チームとしては攻められる部分があったのでもっと打撃の詰めを甘くせずにやっていきたいです。
 ―1打席目のタイムリーの時はどんな気持ちで打席に入りましたか
このリーグ戦はある程度出させてもらっているんで、ある程度リラックスした気持ちでいろいろ考えながら立つことができました。
 ―相手投手の印象は
緩急を使ってコーナーを突いてきていたので、甘い球を見逃さないように行こうと思いました。
 ―明日に向けて
リーグ戦最後になるので、大差つけて快勝していきたいと思います。 

 

フォトギャラリー

    • 10161東大戦に意気込む
    • 10162素晴らしいピッチングの大谷
    • 10163大活躍の宮川。走って果敢に攻める
    • 10164得点し続ける法大
    • 10165本塁打を放った大谷。投げて打って存在をアピール
    • 10166タイムリーの豊瀬。思わずガッツポーズ!!

 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み