【準硬式野球】準硬野球春季リーグ戦 VS立大1回戦 春季リーグ戦開幕!頂点に向け好発進

六大学準硬式野球春季リーグ戦
2012年4月15日(日)VS立教大学1回戦
法大多摩グラウンド

昨年は『優勝』の文字と無縁に終わってしまった法大ナイン。昨秋から鈴木(社4)を主将としてチーム作りに励んだ成果が今問われる。はたしてこの試合に勝ち、波に乗ることはできるのだろうか。

2安打完封で開幕戦を飾る

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 2 0 2 0 0 1 1 0 0 6 13 1
立 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3

(法大)○大谷(1勝)‐佐藤
(立大)●田原、富岡‐佐野

メンバー

打順位置選手
1 (8) 宮川 拓実
2 (4) 鈴木 捷平
3 (9) 横山 翔
4 (3) 茨田 桂太
5 (5) 阿久津 航太
6 (6) 橘 廉
7 (7) 豊瀬 有剛
8 (2) 佐藤 裕太
9 (1) 大谷 亘輝

戦評

 法大は初回、4番・茨田(スポ3)の適時打と相手のエラーで2点を先制。3回にも1死から3番・横山(スポ3)がエラーで出塁。茨田と打撃好調の阿久津(社4)が安打で続き1点を追加する。6番・橘(社1)は二ゴロに倒れるも、7番・豊瀬(社3)に適時打が飛び出しこの回2点目を奪う。
 7回には公式戦初出場の一年生コンビが魅せた。この日守備でファインプレーを連発した橘を犠打で二塁に置き、この試合先発マスクを任された8番・佐藤(経1)が左中間を深々と破る適時三塁打を放ちだめ押しの追加点を上げ、相手の先発田原を攻略。
 投げては先発大谷(スポ3)がインコースを厳しく攻める強気な投球で相手打線を封じ込めた。5四死球を与えるが要所を締め、三塁を踏ませず2安打完封。投打がかみ合った法大が幸先の良い勝ち星を上げた。(上田 康太郎)

選手のインタビュー

大谷(2安打完封勝利)

ー2安打完封でしたが、今日の調子はどうでしたか
自分の中では悪くなかったです。いつも通りのピッチングを心がけました。
ー前回登板時からの修正点は
前回は身体が開いてしまっていたので、ボール球がはっきりしていました。今日は丁寧に低めに投げることを意識しました。
ーリーグ戦初戦でしたが、どのような気持ちで臨みましたか
関東トーナメントが駄目だったので、慎重に、かつ大胆にいきました。
ーキャッチャーが1年生の佐藤選手でしたが
練習でも組んでいるので、大丈夫です。肩もいいし、リードもしっかりしてます。
ーバックの守備にも良いプレーがありましたね
ヒット性の当たりを2、3本止めてもらいましたし、助かりました。打たせて取るピッチングだったので。
ー次の試合に向けて意気込みを
次は慶応ですよね…。トーナメントでやられているのでリベンジしたいです。完封目指します!

阿久津(猛打賞の活躍!)

―今日の試合を振り返って
チームとして初戦で、みんなもたぶんそうだけど、初打席は足がプルプルして緊張しました。
―バッティングの調子は
関東大会に負けてからチームで今日の立教戦にコンディションを合わせてきたので、みんなバットを振れているし調子は良いです。
―個人としては
関東大会からずっと調子は良くて、これがどこまで続くかって感じです。
―前回(関東大会の慶応戦)と比べて守備のミスが減りましたが
ショートに一年の橘が入ってうまく機能しましたね。
―今後に向けて
明日と来週の慶応戦に勝って、4月中に勝ち点2を取れれば優勝も見えてくるので頑張っていきたいです。

佐藤(1年生ながら開幕スタメンマスク)

―今日の試合を振り返って
自分の役割は投手を生かすことなので、ノーエラーだったのは良かったです。
―高校と大学の違いは感じましたか
高校は割とセオリーに縛られるけど大学はそうでもない。セオリー通りに、一筋縄ではいかないので大学は頭を使いますね。
―大谷投手はどんな投手ですか
ストライクをとれる球種が多いので、困った時にどうにかなる。自分がミスをしても大谷さんならそれが影響しない。すごい投手です。
―自分のアピールポイントはありますか
うーん、バッティングもいまいちだしないです。

橘(攻守に活躍した期待のルーキー)

ーリーグ戦初戦でしたが
守りを固めればリズムにのれるので、守備を大事に入りました。
ー素晴らしい守備でピンチの芽を摘んでいましたが
守備を練習でも大事にしていたのでそれが出ました。
ー2安打でしたがバッティングの調子はどうですか
1、2、3打席は力が入って引っ張っていたんですが、先輩にアドバイスをいただいた4、5打席は逆方向に打っていけました。
ーチームの雰囲気について
チャンスの時は良い盛り上がりで、ピンチの時は声をかけてのコミュニケーションがとれています。
ー明日に向けて
この試合のようにまず守りからきちんと入っていきたいです。

 

フォトギャラリー

    • 041512安打完封で開幕戦を飾る
    • 04152安定した守備を見せる鈴木
    • 04153法大のヒットメーカー阿久津
    • 04154全員でムードを盛り立てる
    • 04155開幕スタメンを果たした1年生捕手の佐藤
    • 04156攻守に渡る活躍を見せたルーキーの橘

 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み